PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン) 定期購読・最新号・バックナンバー

PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン)雑誌の詳細です。


PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン)の公式サイトへ
本・雑誌 PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン)
本・雑誌内容 ひとつの薬が世に出て、大きく成長する背景には、実に多くの人々の知恵と努力が必要です。本誌は、有効、安全で高品質の薬剤を創剤するための製剤開発、処方設計、包装設計、製造工程開発、品質管理という医薬品の開発から製造までの製剤技術をテーマに、これに関連するICH、GMPを中心とする国内外のレギュレーション情報・行政情報も取り込んで企画・編集している、わが国唯一の専門誌です。
本・雑誌内容詳細 ●特集 医薬物流の2024年問題を考える
①2024年問題を踏まえた医薬物流適正化への課題と提言
早田雅彦
②製薬企業から見たGDP対応の現状・課題と2024年問題について
山根賢治
③2024年問題に備えるスタビリティバジェット整備のすすめ
 ~国内輸配送におけるバジェットの目安~
鮫島光曜、伊奈 悟
④倉庫業務における課題と2024年問題対応
福田恭武

REPORT
■日本製薬団体連合会品質委員会
 適切なGMP監査実施へ、「GMP監査マニュアル」の説明会を開催
■JASIS2023開催
 日本薬局方セミナーなど分析関連企画多数

PHARM TECH JAPAN ONLINE
■2023年8月度、月間閲覧ランキング
■PHARM TECH JAPANバックナンバー2023年8月度、閲覧ランキング

ARTICLES
■第13回富山県GMP講演会のお知らせ
 一般社団法人日本PDA製薬学会 北陸勉強会
■PIC/S GMP Annex1解説書制作の取組みと概要
池松靖人
■知っておきたいバイオ医薬品の開発と製造に必要な基礎知識(第1回)
 バイオ医薬品はどのようにつくられるのか?
内田和久
■経営資源視点で考える オールハザード型BCP
楠木紗愛
■コラム「6勝4敗でいいじゃない!」
井手俊太
■新規治療を可能にした医療製品(第3回)
 BNCT(ホウ素中性子捕捉療法):がん細胞選択的な放射線治療 ~医薬品の視点から~
清水梨絵
■テネリア(R)OD錠20mmg/40mgの製剤開発
山本ひとみ、笠谷早千巴、越智一樹、杉本昌陽
■アジアを知る -医薬品産業・ヘルスケアをとりまく薬事行政・文化的な違い
 (第2回)シンガポール
勝川宏美
■ジェネリック医薬品製造に関する課題と留意点(その2)
鈴木裕介
■国内核酸医薬品CDMOの最新動向(第8回)
 ARCALISが提供するmRNA医薬品の探索から商用生産までの一気通貫のサービス
髙松 聡
■HBELに関するQ&A
PDE設定検討会
■遺伝子細胞製剤の製造が医療および製造業にもたらしたimpactとはどのようなものか (第3回)
 遺伝子細胞治療製品:間葉系幹細胞およびiPSCの製造と品質管理
本田貴史、安井美加、鹿村真之、久保雄昭、川真田 伸
■-誰でもできる・はじめての細胞培養-(第17回)
 無血清培地とは?
古江美保
■抗体医薬品の糖鎖及びタンパク質エンジニアリングによる機能の改良(第3回)
新見伸吾、李 仁義
■PTP基礎講座(第50回)
 バイオマスプラスチック材料を用いたPTPシート
井口博務、藤本一真
■interpack2023とアイルランド医薬品工場視察
谷口英治、西尾真吾、日置高夫
■製剤研究者が注目する一押しトピック

Study of GMP
■PIC/S査察官用ガイド「共用設備での交叉汚染防止」備忘録PI043:Part 3 運用管理的な措置⑬
島 一己
■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第70回)
 議論を混乱させる方法の追記および教育用AIについて
柳澤徳雄

製剤技術
■【製剤と粒子設計】組織・疾患細胞選択的な超音波応答性ナノバブルによる超音波診断と遺伝子導入法の開発
髙橋葉子、根岸洋一

●News Topics

■World News Topics
プロダクトNo 1281680145
出版社 じほう
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。