労務事情 定期購読・最新号・バックナンバー

労務事情 定期購読・最新号・バックナンバー

労務事情の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

労務事情雑誌の詳細です。


労務事情の公式サイトへ
本・雑誌 労務事情
本・雑誌内容 人事労務スタッフの抱える課題をいち早く取り上げ、Q&A形式により、すぐに実務 に活かせるように解説。また、他では得られない独自調査を実施し信頼性の高い情報 を発信しています。
本・雑誌内容詳細 ■特集〈Q&A〉働き方改革関連法の内容と実務対応
  社会保険労務士(元労働基準監督官) 北岡大介
 Q1 働き方改革関連法の目的と改正法の概要
 Q2 長時間労働の是正対策
 Q3 多様な労働時間制度・年休制度の見直し
 Q4 長時間労働による健康障害防止対策
 Q5 同一労働同一賃金

■特集〈解説〉ハマキョウレックス事件,長澤運輸事件の最高裁判決と実務への影響
  弁護士 峰 隆之
 Ⅰ ハマキョウレックス事件の概要
 Ⅱ 長澤運輸事件の概要
 Ⅲ ハマキョウレックス事件と長澤運輸事件の違い
 Ⅳ 労契法20条を巡る法的争点
 Ⅴ 今回の最高裁判決について
 Ⅵ 小括
 Ⅶ ハマキョウレックス事件の結論
 Ⅷ 長澤運輸事件の結論
 Ⅸ 今後の実務対応~特に長澤運輸事件を踏まえた高齢者雇用対応について
 Ⅹ 最後に~現役世代の正規・非正規社員の処遇を扱うハマキョウレックス事件を検討する視点

■特集〈Q&A〉賃金を巡る最近の動きと法的留意点
  弁護士 丸尾拓養
 Q1 有期契約労働者の賃金設定の不合理性
 Q2 無期転換社員・限定社員の賃金
 Q3 賃金制度の違いと賃金引下げ
 Q4 労働条件の明示義務と賃金
 Q5 賃金減額と労働者の同意
 Q6 労働契約承継と賃金変更
 Q7 割増賃金と定額払い
 Q8 年俸制と割増賃金の組込み払い
 Q9 割増賃金と兼業・副業,歩合給
 Q10 賃金の合意相殺と放棄
 Q11 私傷病休職者の復職後の賃金
 Q12 非違行為と賃金減額
 Q13 賞与と退職金の法的性格の変化
 Q14 これからの賃金

■特集〈ワンポイント解説〉がん治療と仕事の両立支援規程の策定・運用ポイント
  特定社会保険労務士 近藤明美

【連載】
◎視点 石田 眞
 クラウドソーシングと働き方改革
◎経済指標を読む! 塚崎公義
 第5回 日銀短観
◎楽にできて役に立つ 衛生委員会のススメ 亀田高志
 第11回 職場における健康管理対策の精度管理
◎介護離職ゼロの職場の作り方 池田直子/上野香織
 第2回 育児介護休業法(1)「介護休業制度」
◎派遣社員を活用する際に知っておくべき実務ポイント 山口 毅
 第2回 派遣労働者の就労
◎注意 判例をチェックしましょう! 藤原宇基
 第77回 営業部長の配転に伴い,役割等級も降格となります。
◎知っておきたい労基法の実務 森井博子
 第2回 労働時間の定義(労基法32条)
◎70歳雇用時代のエイジマネジメント入門 能川和浩
 第3回 加齢に伴う病気について~治療と就労の観点から~
◎ゼロから始める労働法レッスン 原 昌登
 第11回 「労働契約の終了(2)(解雇)」
◎労働行政&労働法制に関する動き 北岡大介
 働き方改革関連法の成立と参議院附帯決議からみる労働時間の監督指導動向/
 ハマキョウレックス事件最高裁判決における住宅手当・皆勤手当の均衡処遇判断
◎社会保険Q&A 渡辺葉子
 老齢基礎年金と老齢厚生年金(3)
◎労災補償Q&A 八木直樹
 パワハラを原因とする精神障害の労災認定
◎給与税務Q&A 安田 大
 配偶者や扶養親族が国外で生活している場合の控除手続き
◎意外に知らない労務管理用語 栩木 敬
 第10回 公益委員(公益を代表する委員)/構内下請(企業,事業場)

・Bookshelf
・過去の主な記事
プロダクトNo 1281680139
出版社 産労総合研究所
発売日 毎月1,15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。