旬刊 経理情報 定期購読・最新号・バックナンバー

旬刊 経理情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

旬刊 経理情報雑誌の詳細です。


旬刊 経理情報の公式サイトへ
本・雑誌 旬刊 経理情報
本・雑誌内容 新制度・実務問題を・タイムリーに・わかりやすく・繰り返し何度も解説します! 「旬刊・経理情報」とは1973年の創刊以来、一貫して経理・税務・金融・証券・法務などの企業の実務担当者に必要な新制度・実務問題を、タイムリーに、わかりやすく取り上げてきた専門実務誌です。 一般的な多くのビジネス情報誌とは、専門性、記事の掘り下げ方、また信頼性を保証すべく厳選して配した執筆陣において格段の違いをもった専門情報誌です。 <特徴> ・旬の実務問題をタイムリーにかつ大胆に特集! ・制度改正をいち早く、わかりやすく解説! ・重要法令・会計基準等は試案の段階から動向をチェック! ・決算実務、株主総会実務も徹底対応! ・会計基準の新設・改正、重要法規等を見やすい別冊付録でお届け!
本・雑誌内容詳細 2018年8月10日号(通巻No.1520)

◆特集1
資本効率を改善する注目手法
資本コストから考えるROIC経営
……菅田 裕之(KPMGコンサルティング㈱)

CGコード改訂を機に確認したい
1からわかる「資本コスト」と「資本効率性」

なぜ定着しなかったのか
指標を用いた業績管理における課題

ROEとの関連づけ、事業ごとの資本効率性
ROIC経営のポイントとしくみづくり

◆特集2
保存版
システム対応を見据え今から準備を
消費税の軽減税率・インボイス導入の実務
……岩谷 誠治(公認会計士・税理士・システム監査技術者)
第1章
対象品目の分類をチェック
消費税の軽減税率制度のポイント
第2章
売上・仕入税額計算の特例に注意
区分記載請求書等保存方式のポイント
第3章
出張旅費等の仕入税額控除の特例を確認
適格請求書等保存方式のポイント
第4章
収益認識基準との調整も念頭に
軽減税率導入に伴うシステム対応のポイント

◆IASB会議現地レポート
2018年6月の審議状況
―のれんと減損、開示イニシアティブ
……野口 由美子(㈱イージフ)

◆Viepoint
ウェイフェアの最高裁判決で覆った
米国セールスタックスのネクサス基準の解釈変更と影響
……溝口 史子(デロイト トーマツ税理士法人)

◆Economic Insight
第5次エネルギー基本計画にみる
今後のエネルギー政策の方向性
……谷川 喜祥(一般社団法人日本経済団体連合会 環境エネルギー本部 主幹)

◆focus
6月のCGコード改訂を踏まえた
ガバナンス報告書の記載で気をつけたいポイント
……山田 慎吾(西村あさひ法律事務所 弁護士)
……清水 誠(西村あさひ法律事務所 弁護士)
……伴 聡志(西村あさひ法律事務所 弁護士)
……東 泰蔵(西村あさひ法律事務所 弁護士)


◆会計動向ウォッチ
ASBJ・IASB・FASBの検討状況
―2018年4~6月
……編集部

◆スポットライト
近時広がりをみせている
自社株報酬の社外取締役への付与を検討する際の留意点
……高田 剛(和田倉門法律事務所 弁護士)

◆談・論
逆境における発想転換力
……中尾 彰宏(東京大学大学院情報学環 教授)

◆アナリストの眼
初期教育の失敗とならないために―新社会人への7つの提言

◆英文開示はPlain Englishで!
【第4回】対象読者を明確にする

◆経理・財務部門のための「資料作成力」養成講座
第52回 同じ切り方にする
……山本 浩二(有限責任 あずさ監査法人 公認会計士)

◆ビジネス実務相談室
経理 株式分割を注記した場合の1株当たり情報への影響
法務 主債務者の破産免責と消滅時効

◆Inほんmation
『適時開示の理論・実務』

◆雑誌論文等の電子的利用についてのお願い

◆本誌の複写利用について

◆ランキング
週間ビジネス書ベストセラー
プロダクトNo 1281680056
出版社 中央経済社
発売日 毎月1,10,20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。