クルーズ 定期購読・最新号・バックナンバー

クルーズの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

クルーズ雑誌の詳細です。


クルーズの公式サイトへ
本・雑誌 クルーズ
本・雑誌内容 あなたがクルーズ(船旅)に求めるものは何ですか?海を伝って様々な土地を訪ねる浪漫であったり、はたまた海と空を独占したような開放感であったり。飛鳥2に代表されるようなステータス感のある客船はもちろん、昨今では、カリブ海やヨーロッパクルーズも、20万円台で10日間ほどをフルに楽しめるプランが充実してきました。乗ったらきっとクルーズにハマるはず!雑誌「クルーズ」は、皆さんのクルーズを応援する情報マガジンです。
本・雑誌内容詳細 ■特集■
1航海で7カ国をめぐれる
バルト海から訪ねる北欧

・バルト海クルーズ乗船レポート
 リーガル・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
・バルト海MAP
・バルト海Q&A
・バルト海の主な寄港地
 コペンハーゲン/ストックホルム/ヘルシンキ/
 オスロ/サンクトペテルブルク/タリン/ヴァルネミュンデ
・バルト海のおすすめコース


★第27回 本誌読者が選ぶ 
 クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー
 
 総合部門/日本船部門/外国船部門/外国船社部門
 エリア部門/海外の港部門/日本の港部門/フェリー部門


●飛鳥Ⅱ 長崎から横浜へ 飛鳥Ⅱのタイムトラベル
●にっぽん丸 スイートで極上の夢を見る

○おがさわら丸に導かれ、かけがえのない小笠原へ

○クリエイティブな港町 大胆に進化を続ける高雄港


【クルーズ・レポート】
・ラグジュアリーの“極み”、アジアへ
 シルバー・ミューズ(シルバーシー・クルーズ)
・次世代へのチャレンジが詰まった3日間
 飛鳥Ⅱ(郵船クルーズ)
・郵船トラベルチャータークルーズ
 「家族で船旅!」で満喫した熊野の秋
 ぱしふぃっく びいなす(日本クルーズ客船)


【FOCUS】
・ゲンティンクルーズライン アジア発クルーズが25周年
・船会社専用デザインのターミナルが続々建設
・「飛鳥Ⅲ」実現なるか 日本郵船、客船を共同事業化
・チリ、カボタージュ規制を緩和
・にっぽん丸事故 当時の状況と、その後


【HOT NEWS】
太平洋フェリーの新「きたかみ」デビュー!
プロダクトNo 1281679946
出版社 海事プレス社
発売日 毎偶月27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。