アジアの石油化学工業 定期購読・最新号・バックナンバー

アジアの石油化学工業の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

アジアの石油化学工業雑誌の詳細です。


アジアの石油化学工業の公式サイトへ
本・雑誌 アジアの石油化学工業
本・雑誌内容 世界経済の激動に揉まれながらも力強い成長路線を歩んできたアジアの石油化学産業は、生産・需要ともに量的な拡大傾向を続けてきました。この成長市場に向けて、中東では再び大規模な新増設計画が進められており、アジア最大の胃袋となった中国でも、輸入の拡大を抑えるべく国内の新増設計画を推進しています。注目の中国は今後さらにどう動くのか、目が離せないアジア石化工業の現状をまとめました。
本・雑誌内容詳細 《第1章》アジア石油化学工業の現況と将来

・アジア諸国の経済成長
  アジア諸国の主要経済比較
  アジア諸国の経済成長率推移
・アジアの石化製品需給動向
  アジア各国の石化製品需給
  アジアと世界の石化基礎製品需給予測
  エチレン誘導品とエチレンの需給見通し
  プロピレン誘導品とプロピレンの需給見通し
  芳香族製品の需給見通し
・アジアの地域別・国別石化製品生産能力と新増設計画(総括表)
  東南アジア/オセアニア・南西アジア/中東
・アジアの石化製品企業別新増設計画
  エチレン/ポリエチレン/ポリプロピレン/VCM/PVC/SM/
  PS/ABS樹脂/ポリアセタール/ポリカーボネート/ビスフェノールA/
  フェノール/ベンゼン/パラキシレン/PTA/EG/AN/カプロラクタム/
  TDI/MDI/MMA/合成ゴム
・アジアの地域別・国別製油所能力と新増設計画
  東南アジア/オセアニア・南西アジア/中東

《第2章》アジア各国・地域の石油化学工業

各国ごとに以下の内容を収録
・経済指標および特色・発展史など
・主要石油化学製品の生産能力と新増設計画
・石油化学製品の需給動向
・主要都市および石油化学基地配置図
・石油化学コンプレックスフロー図
・コンビナートの現況と原料手当状況
・製油所能力と新増設計画

 (対象国)
 韓国/台湾/中国/シンガポール/タイ/マレーシア 
 インドネシア/フィリピン/ベトナム
 オーストラリア/ニュージーランド/インド
 パキスタン/サウジアラビア/バーレーン/カタール
 クウェート/イラン/トルコ/イスラエル
 ※韓国および台湾については
 ・主要財閥系列・グループ関係の紹介
 ・企業別石油化学製品生産能力と新増設計画などにつ 
  いても詳しくまとめています。
 ※中国については、SINOPEC とCNPC 傘下企業のリスト
  や業績なども収録。

《第3章》日本とアジア諸国との石油化学製品輸出入関係

各対象製品について、日本と対象22カ国との貿易関係を収録
・日本からアジア諸国への石化製品輸出
 基礎原料(10品目)
 合繊原料(5品目)
 化成品(36品目)  
 合成樹脂(27品目)
 合成ゴム(8品目)
・日本のアジア諸国からの石化製品輸入
 基礎原料(8品目)
 合繊原料(4品目)
 化成品(34品目)
 合成樹脂(30品目)
 合成ゴム(8品目)
・アジア諸国の日本との石油化学製品輸出入推移

 (対象国・地域)
 韓国/台湾/中国/香港/シンガポール/タイ/マレーシ
 ア/インドネシア/フィリピン/ベトナム
 オーストラリア/ニュージーランド/インド/パキスタン 
 サウジアラビア/バーレーン/カタール/クウェート/イ
 ラン/トルコ/イスラエル/アラブ首長国連邦
・アジア諸国の国別・製品別石油化学製品輸出入状況
・アジア諸国の製品別・国別石油化学製品輸出入一覧
プロダクトNo 1281679873
出版社 重化学工業通信社
発売日 12月の15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。