化学品ハンドブック 定期購読・最新号・バックナンバー

化学品ハンドブックの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

化学品ハンドブック雑誌の詳細です。


化学品ハンドブックの公式サイトへ
本・雑誌 化学品ハンドブック
本・雑誌内容 ◆6つの特徴◆ (1)戦後からの化学製品工業化の歴史を収録。 (2)原油価格の四半世紀推移グラフ、ナフサ価格やエチレン価格の10年。推移、主要化学製品の国内価格や海外価格の3年リストなど収録。 (3)化学製品の製造プロセス系統図に原単位を付加。 (4)海外の大型M&Aや国内の業界再編の動きをコンパクトに集大成。 (5)化学業界に大きな影響を与える川下ユーザー市場のマクロ統計を収録。 (6)各章・各製品から別章の関連データにジャンプできるよう目次と索引を整備。その他、略語辞書や原単位総括図、定修表などを網羅。
本・雑誌内容詳細 目次

Ⅰ 化学製品の基礎知識
1.化学工業の現状
2.日本の化学工業の歩み
3.主要化学製品のプロフィール
4.化学関連用語の略語集
5.石油化学製品の製造工程と原単位
6.石油化学製品の生産の流れ
7.主要製品の価格推移
8.石油化学設備の定期修理予定表

Ⅱ 化学製品の製造プロセス系統図
エチレンから芳香族、中間原料、合成樹脂、合成ゴムに至る54品目59枚の製造プロセスを図式化して紹介

Ⅲ 化学製品の需給実績(総括編)
1.無機化学製品の生産・輸出入実績
2.石油化学製品の生産・輸出入実績
3.石油化学製品の生産能力一覧
4.エチレンセンター各社のオレフィンバランス
センター別・誘導品別エチレン消費実績
センター別・誘導品別プロピレン消費実績
石油化学製品のエチレン換算輸出入バランス
5.石油化学関連製品の需給実績
4大樹脂の国内出荷・輸出実績/ポリオレフィンやPPフィルム等の出荷推移/プラスチック製品と合成ゴム、ゴム製品の生産・出荷・在庫実績/ボトル用PETやエマルジョン製品の需要実績と予測/各種塗料の生産実績/自動車・家電製品など川下ユーザーの生産実績
6.石油化学用ナフサの国別・税関別輸入実績
ナフサと原油・石油製品の需要見通しと価格推移

Ⅳ 化学製品の動向と世界ランキング
  (各論編) -35品目の世界ランキング付-
1.基礎原料
エチレン、プロピレン、ブタジエン、芳香族、カセイソーダ、メタノール
2.中間原料
アセトアルデヒド、酢酸、酢酸エチル、酢酸ビニル、ポバール、EO、EG、VCM・EDC、トリクロロエチレン、パークロロエチレン、エタノール、オクタノール、ブタノール、IPA、PO、PG、PPG、AN、エピクロルヒドリン、フェノール・キュメン、アセトン、ビスフェノールA、アクリル酸エステル・アクリル酸・高吸水性樹脂、MIBK、MEK、無水マレイン酸・1,4-ブタンジオール、MMA、アニリン、無水フタル酸・DOP、SM・エチルベンゼン、PX、PTA、DMT、シクロヘキサン、カプロラクタム、TDI、MDI
3.合成洗剤原料
界面活性剤、石鹸洗剤、アルキルベンゼン、ノルマルパラフィン、合成高級アルコール
4.合成樹脂
低密度ポリエチレン、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、塩化ビニル樹脂、塩化ビニリデン樹脂、ポリスチレン、ABS樹脂・MBS樹脂、AS樹脂、メタクリル樹脂、ポリブテン、ナイロン樹脂、ポリアセタール、ポリカーボネート、変性PPE(PPO)、PBT・強化PET、PPS、フッ素樹脂、石油樹脂、ポリウレタン、エポキシ樹脂、不飽和ポリエステル、フェノール樹脂、ケイ素樹脂、ユリア樹脂、メラミン樹脂
5.合成ゴム
SBR・NBR、BR、IR、CR、IIR、EPゴム、合成ゴムラテックス
6.合成繊維
ポリエステル繊維、アクリル繊維、ナイロン繊維、ポリプロピレン繊維、ビニロン繊維、ポリウレタン弾性繊維、炭素繊維

Ⅴ 化学企業関連データ
1.化学業界年表
2.国内業界再編図解と海外の大型M&Aリスト
3.化学企業のセグメント別連結業績
4.各製品扱い企業リスト
プロダクトNo 1281679870
出版社 重化学工業通信社
発売日 6月の30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。