広報会議 定期購読・最新号・バックナンバー

広報会議の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

広報会議雑誌の詳細です。


広報会議の公式サイトへ
本・雑誌 広報会議
本・雑誌内容 企業・自治体などあらゆる組織にとって、社会からの「評判」は信頼につながる重要な要素です。報道対応・メディア研究・社内広報といった日常業務だけでなく、クライシス発生に対する備えや危機管理広報、企業ブランディング、マーケティングPRやデジタルPRの活用まで、実践に役立つ広報の基本と企業事例をお届けします。
本・雑誌内容詳細 【特集】
気づけばチャンス
オンライン取材で変わる
テレビPR

DATA 広報担当者にアンケート
テレビPRへの意識は今

GUIDE
番組の視聴のされ方と
制作側の視点を知ろう

メディアの現場から 特別編
『がっちりマンデー! ! 』/『Nスタ』/『Live News α』
『ゴゴスマ~GOGO!Smile!』/『フューチャーランナーズ~17の未来~』
『バトンタッチ SDGsはじめてます』

COLUMN
増えるオンライン取材
広報が守るべき10のルールとは
鎮目博道(映像プロデューサー)

INTERVIEW
元ディレクターが直接取材! テレビ番組制作者の本音 特別編
『プロフェッショナル 仕事の流儀』
下矢一良(PRコンサルタント)

地域メディアの現場から 特別編
『ゴジてれChu!』/『おにぎりあたためますか』
『今ちゃんの「実は・・・」』/『そ~だったのかンパニー』/『ぐっ! ジョブ』

INFORMATION

テレビPR 〈実践編〉
実践! プレスリリース道場 特別編
カレー総合研究所
井上岳久

出演常連! 企業に聞く
社会性編 CASE
ブランテックインターナショナル
今知りたいテーマに関する技術
加えて「画になる」要素も

取材対応編 CASE
1mizuiro
厳しい日程で取材依頼が
それでも対応可能な理由とは

2アキダイ
年間約300件の番組に出演
テレビに好かれる、その秘訣

3メイカセブン
挑戦する異色のベーカリー
意外性がテレビ露出の鍵に

画になる場所編 CASE
1ダイニチ工業
工場内や試験室も撮影OK
番組側の要望に応える

2ハウステンボス
海外のような景観が撮れる
番組合わせた映像提供も

広報担当者のための企画書のつくり方入門 特別編
テレビのディレクターに
「これは取材したい」と思わせる
企画書 22のコツ
片岡英彦

DATA
テレビ制作者が求める
出来る広報の特徴とは

GUIDE
テレビ露出の広報効果を
最大限に高めるには
長沼史宏(アステリア)

美術・ロケ地協力をきっかけに
次なるメディア露出につなげていくには
リグナ/サウナ&カプセルホテル北欧

【PR JOURNAL】
Pick UP
動画の活用で社内広報は
どのように変わるのか
Jストリーム

Pick UP
商機に合わせてPR予算を無駄なく投下
月額変動型リテナーPRとは
マテリアル

ESG報告と企業姿勢
中尾悠利子(公立鳥取環境大学 准教授)

広報のための行動インサイト
山田 歩(滋賀県立大学 准教授)

企業倫理から考える広報
杉本俊介(慶應義塾大学 准教授)

広報メディア温故知新
飯田 豊(立命館大学 准教授)


【記者の本音からリリース術まで
MEDIA TOPICS】
メディアの現場から
・主婦と友インフォス『S Cawaii!』
・『週刊通販新聞』
記者の行動原理を読む広報術
松林 薫(ジャーナリスト)
【新たな情報流通とコンテンツ
DIGITAL TOPICS】
オウンドメディアの現場から
カインズ「となりのカインズさん」

データで見るPR動画の効果
サンスター/出光興産/福島県 ほか

ウェブリスク24時
見えない情報、広報はどう扱う
鶴野充茂(ビーンスター)

【広報担当者が知っておきたい
RISK MANAGEMENT】
危機管理に詳しい弁護士が解説
リスク広報最前線
浅見隆行(弁護士)

小説で学ぶクライシス対応
「広報担当者の事件簿」
佐々木政幸(アズソリューションズ)

【企業に求められるサステナビリティ
IR・CSR TOPICS】
ある日、IR担当者になったら…
IRの学校SEASON2
【保存版】新任担当者必携!IR用語集 付き
大森慎一(バンカーズ)

担当者が語るIRの現場
DIC

SDGs実践ノート
アストラゼネカ

INFORMATION

【地域を変える発想とは
地方創生とPR】
地域活性のプロが指南
中西拓郎(ドット道東 代表理事)

INFORMATION
福島県/熊本県/町田市 ほか

【NEWS&DATA】
広報会議 パートナー一覧

周年イヤーの迎え方
寺田倉庫

大学広報ゼミナール
追手門学院大学

社員を巻き込む 社内報のつくり方
メイテック

広報最前線
・経済広報センター
・日本広報学会
・日本パブリックリレーションズ協会

PRイベントの効果
ダイショー/コメダ/ユニクロ ほか

映画で学ぶ広報術
『ウォー・マシーン 戦争は話術だ! 』
野呂エイシロウ(放送作家・PRコンサルタント)

BOOKS

メディア研究室訪問
信州大学 佐藤広英ゼミ

【TOPICS】
自社アプリの活用など広報の取組みを
データで読み解く企業ブランディング
企業広報戦略研究所

社会情報大学院大学
理念と行動を社会と共有し、
組織を導く広報・情報人材(修士)を育成
プロダクトNo 1281679792
出版社 宣伝会議
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。