日経ものづくり 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ものづくりの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経ものづくり雑誌の詳細です。


日経ものづくりの公式サイトへ
本・雑誌 日経ものづくり
本・雑誌内容 「日経ものづくり」は、製造業の第一線のエンジニアや開発プロジェクトのリーダー・マネジャーのための技術専門情報誌です。自動車,家電,精密機器,工作機械,産業機械,部品など多様な業種でものづくりに携わる方々に向けて,開発から製造まで,ものづくり全体のプロセスにおける課題解決と技術革新を進めるための情報を提供します。
本・雑誌内容詳細 ▲2019年8月号 no.779 8月1日発行


■特集 世界の最新スマート工場

●世界の最新スマート工場(042p)
●自動化の“先”を模索する各工場 新興国は低コスト、先進国はQoL(044p)
●シーメンス ドイツ ・ アンベルク電子製品工場デジタル工場戦略の総本山 人を尊重し生産性を13倍に(046p)
●ダイキン工業 インド ・ ニムラナ工場非熟練者が高品質品を造る 「モジュールライン」 の秘密(051p)
●UMCエレクトロニクス 中国 ・ 東莞工場中国人技術者が自動化主導 マザー工場として世界に展開(056p)
●オムロン 中国 ・ 上海工場AIや自動化で人件費高騰に対抗 スカラーロボ採用で低コスト化(062p)
●コニカミノルタ マレーシア工場IoTと自動化でどこでも同じ生産 データ分析と予測で工数削減(067p)
●NECプラットフォームズ タイ工場現場主導でIoT活用を拡大 VRで国境を超えたライン設計(070p)
●イグス ドイツ本社工場 ライン構成が自由な吊り屋根 一歩先行く拡張性と柔軟性(074p)


■挑戦者

●Jpキュービック 代表取締役 伊藤雅彦 「できない」 を覆せば 技術は積み上がる(004p)


■ものづくりQuiz

●自己修復を10倍に高速化する気体は? (015p)


■ニュースの深層

●DMG森、 「2030年に売上高1兆円」 AI、5Gを推進、自動化付帯率高める(018p)
●トヨタが電動化戦略を5年前倒しした理由 愛知工業大学客員教授 藤村俊夫氏が読み解く 「発表」 の背景(022p)
● 「SpaceJet」 でMRJ事業が新局面 北米市場向け 「M100」 が成功のカギ握る(026p)


■レポート

●塗料の無駄使いを無くすABBの塗装機 スプレー幅をワークに応じて自動調整(030p)
●ヴァイナスがJAXAの研究を製品化 機械学習で複雑な流れ現象を分析(032p)
●AIロボットで倉庫作業を自動化 MUJIN、アクセンチュアと協業(034p)
●パナソニックとリンクウィズがロボットで協力 ワーク1品ごとの最適加工と検査を自動化(036p)
●ミシュラン、エアレスタイヤを2024年に量産 米GMと技術提携、中国向けEVに搭載へ(038p)
●マツダ、 「直6FR」 高級車を21年から投入 まずSUV 「CX5」 、続いてセダンの 「6」 (040p)


■事故は語る

●無人運転鉄道の 「シーサイドライン」 が逆走 軽視されたフェイルセーフ設計(077p)


■数字で見る現場

●検査や保全への活用に期待大 足りない専門人材や学習データ調査テーマ 「ものづくりにおける人工知能活用の現状と期待」 (082p)


■PICK UP

●安川電機、3124mmのロングアームの垂直多関節ロボット ほか(101p)


■トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます

●戦力となる人材を確保するには(109p)


■中国工場の歩き方~設計編~

● 「機能するから問題ない」 に妥協はダメ(112p)


■今さら聞けない ものづくり基礎再入門

●材料編(5) 金属を腐食する 「さび」 と守る 「さび」 (116p)


■実力派工場見てきました

●顧客4社からベンチャー支援の旗手に(120p)


■EDITORS’ ROOM

●読者から/編集部から/おすすめの1冊/次号予告(124p)


■日経xTECHラーニングINTERVIEW 人気講師に聞く!

●東北大学 大学院工学研究科 ロボティクス専攻 教授 田中秀治 氏MEMSは日本の製造業を救う(127p)
プロダクトNo 1281679743
出版社 日経BP
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。