日経エレクトロニクス 定期購読・最新号・バックナンバー

日経エレクトロニクスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経エレクトロニクス雑誌の詳細です。


日経エレクトロニクスの公式サイトへ
本・雑誌 日経エレクトロニクス
本・雑誌内容 「日経エレクトロニクス」はコンピュータ、通信、放送、家電、半導体などエレクトロニクスのすべての分野で最先端の技術情報をお届けする、開発・設計者向けの情報誌です。エレクトロニクス分野の情報を、最新ニュースから、業界、技術の動きを洞察する特集まで立体的にお伝えしています。ディジタル家電時代を先取りした、家庭の情報化に関する記事、各種規格の標準化に関する事に読者から高い評価をいただいています。
本・雑誌内容詳細 ▲2019年5月号 no.1203 4月20日発行


■Front-end

●2050年の空と空気


■Teardown

●盛り上がる2in1パソコン 日本企業の出番が増えるか


■Hot News

●5G×AIで産業機器に革新 製造各社がユースケース展示 「Hannover Messe」 にみるIndustrie 4.0の行方
●次世代仕様 「USB4」 策定へ ベースはThunderbolt 3ケーブル1本で最大40Gビット/秒
●音声変換にも 「GAN」 深層学習で即時性と精度向上リアルタイムで別人の声に変換可能
●東北大が不揮発性マイコン 200MHzで平均47μWにエネルギーハーベスティングの電力だけで利用可能に
●ルネサスが工場を一時停止 「平均稼働率が5割台に低迷」 顧客への供給は止めない
●Facebookの自社開発AIチップ 「発展には新しいハードが必要」 自然言語処理に特化
●1歳のaiboが見守りに挑戦 SLAM活用で 「おまわりさん」 月額課金の 「aiboプレミアムプラン」 を2019年6月に開始
●クラウドゲームの新サービス Googleが2019年に開始専用コントローラーには音声アシスタント機能
●2020年にも5nm世代で量産へ AppleとHuaweiの先陣争いかムーア則のけん引役がIntelからArmへ交代


■Breakthrough 誰でもロボットメーカー

●誰でもロボットメーカー 水平分業化の波が到来
●ロボットはもう難しくない 異業種からの参入続々
● 「教示レス」 で用途拡大 面倒な実装作業を不要に
●市場で“頭脳”が入手可能に 既存メーカーも採用へ
●VAIOが共通基盤化に着手 音声合成で個性を確立


■Emerging Tech

●STがパワー半導体で攻勢 車載SiCで首位の座を狙うシチリア島の工場を公開、車載品質をアピール
●中国シフト進む 「Apple経済圏」 毎年1割が“戦力外通告”
●AI半導体の最適解を求めて 異種組み合わせでリスク分散
●自動運転への助走を支援 新機軸マイコンなどが続々登場embedded world 2019がドイツで開催
●自律移動用SoCや単眼visual SLAMチップ ロボ向けLSIの話題が続出したISSCC 2019NIKKEI Roboticsから今月の1本


■Emerging Biz テクノ大喜利

●SiCは日本向き、期待高まる今こそオールジャパンでトップを狙え【テクノ大喜利まとめ】奇貨SiC、日本に居くべし


■Challenger

●アシストスーツで障壁なくすARグラスとも連携へATOUN 代表取締役社長 藤本 弘道氏


■Fundamentals

●高密度Wi-Fiを実現する11ax送信回路を電流駆動で構成 素子数削減で低雑音 ・ 小型化
●無線を扱う前に知っておくべきこと電波の振る舞いを再考する 電磁気学だけではなさそうだ


■New Products Digest

●独Infineonが車載用HブリッジドライバーIC モーター駆動ユニットを精密に制御 ほか


■News Ranking Mar.2019

●パワー/モビリティー ・ AI/IoT ・ 通信/モバイル ・ 基盤開発
プロダクトNo 1281679740
出版社 日経BP社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。