日経NETWORK(日経ネットワーク) 定期購読・最新号・バックナンバー

日経NETWORK(日経ネットワーク)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経NETWORK(日経ネットワーク)雑誌の詳細です。


日経NETWORK(日経ネットワーク)の公式サイトへ
本・雑誌 日経NETWORK(日経ネットワーク)
本・雑誌内容 「日経NET|WORK」は、ネットワーク技術を基礎から学ぶ人の情報ニーズに正面からこたえ、日本のネットワーク技術の向上を支援する情報誌です。システムの設計・構築から運用・保守までネットワーク関連全分野にわたる技術情報をカバーすると同時に、ネットワークのプロを目指そうとする人のスキルアップ、キャリアアップに役立つセミナー型記事も提供します。◆一部デジタル版のお取扱いがございます。【No.124(2010年07月28日発売)~No.144(2012年03月28日発売)はデジタル版での販売がございます。】
本・雑誌内容詳細 ▲2022年5月号 no.265 4月28日発行


■特集1 セキュリティーキーワード2022

●セキュリティーキーワード2022 次々登場する 「略語」 を押さえる(020p)
●攻撃の高度化と人材不足に対応(022p)
●SASE 複数の機能を一元的に提供するサービス(024p)
●CSPM クラウドの設定をチェックする仕組み(026p)
●SOAR セキュリティー事故に自動対応する機能(028p)
●SOC サイバー攻撃を検知 ・ 分析する組織(030p)
●UEBA 振る舞いから異常を検知する機能(032p)
●IRM ファイルの利用を制限する仕組み(033p)


■特集2 最新Windowsネットコマンド

●ネットワーク管理者必携(034p)


■ビギナーズクエスチョン

●サーバーレスって何? (006p)


■イラストで学ぶ ネットワークキーワード

●Wi-Fi Alliance 無線LAN製品の普及促進を図る業界団体(008p)


■piyokangoの月刊システムトラブル

●都水道局を装うフィッシング 300円割引で誘導する新手口 ほか(010p)


■NEWS close-up

●ECサイトの脆弱性を無償で診断通常は100万円以上かかるサービス 経産省の補助でIPAが実施(012p)
●NICTが2021年のサイバー攻撃を総括ダークネットで攻撃パケットを観測 コンテナ狙う脅威が初のトップ10入り(014p)
●攻撃ツール売買の実態が明らかにマイクロソフト製品を狙うツールが人気 5000万円超の高値が付くケースも(016p)


■NEWS pickup&digest

●デンソーが再びランサムウエア被害 設計 ・ 開発を担うドイツ法人が標的に ほか(018p)


■特別リポート ウクライナ侵攻直前のサイバー攻撃の真実

● 「攻撃の目的は金銭」 と誤認させ破壊活動(042p)


■ネスぺ試験で学ぶネットワーク技術のキホン

●再配布と経路集約(046p)


■当事者が語る! トラブルからの脱出

●[今回の犯人] ループ 無線LANでもループは生じる 防止機能への過信は禁物(054p)


■令和時代のネットワーク防衛術

● 「MDM」 で業務用の端末を管理(060p)


■マルウエア徹底解剖

●暴露されたランサム攻撃グループの実態(064p)


■スクエア

●読者のひろば/編集部から/次号予告(072p)


■今号の確認テスト

●(074p)
プロダクトNo 1281679738
出版社 日経BP
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。