月刊CAP 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊CAPの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊CAP雑誌の詳細です。


月刊CAPの公式サイトへ
本・雑誌 月刊CAP
本・雑誌内容 最新の技術・情報はもちろん、各種検査やさまざまな臨床技術の見直しなど、日々の診療に活かせる情報を幅広く紹介した獣医臨床総合誌です。注目の獣医学トピックスを取り上げ、最新のエビデンスを交えて基本から最先端の話題まで多様な切り口で紹介する特集記事と、さまざまな分野の技術・情報をバランスよく掲載した連載記事を中心に、現代の小動物獣医師に必要な情報を提供します。
本・雑誌内容詳細 Feature Article!
猫伝染性腹膜炎(FIP)にどう立ち向かう?

現在、FIPの完治が期待できる治療法はなく、多くの臨床獣医師を悩ませています。また、診断に関しても、これだけを行えば確定できるという検査法はないため、各種検査に関しての知識や正しい評価が重要となります。さらに、できることをやってあげたいという飼い主の思いに応えるために、治療方針の提案や補完代替医療の知識を備えておくことも望まれます。そこで今回は、病態病理から検査法とその解釈について、診断のアルゴリズムを交えてご解説いただいたうえで、治療法については過去の報告からチャレンジングなものまでをご紹介いただきました。

▽病原体と病態病理
下ノ原 望

▽臨床病理 ~検査の基礎知識と解釈~
平岡博子

▽臨床的な評価と治療
山本宗伸


■犬と猫の適正な輸液を考える
第8回 「消化器疾患における輸液療法」
井手香織

■基礎からおさえる 呼吸器診療の最前線
第11回 「猫の気管・気管支疾患」
藤原亜紀、監修:藤田道郎

■ジェネラリストのための目で見て覚える腹部X線・超音波の異常像
第13回 「脾臓」
森下啓太郎

■犬と猫のがん緩和・支持療法とがん看護
第15回 「オゾン療法」
川部美史、木本三恵、小笠原真希、監修:丸尾幸嗣、森 崇

■こんな症例に出会ったら? とある診察室を覗いて学ぶアプローチ法
第28回 「肝臓が悪い子に麻酔をかけます Part1:麻酔方法を考える」
佐野忠士

■ロジックで学ぶ 犬と猫の臨床テクニック
第18回 「腹腔穿刺」
十川 英

■チンチラの医学
第2回 「消化器疾患」
霍野晋吉

■Vet’s VOICE
第9回 「『外科医への道』から『動物を救える獣医師への道』へ」
喜多川麻美

■Seminar Report
「獣医学領域における臨床検査の標準化・共用化」
松木直章、根尾櫻子、早川典之、米澤智洋

■海外レポート
「ロンドン大学王立獣医科大学 神経・神経外科での短期留学をおえて」
笹岡一慶
プロダクトNo 1281679719
出版社 緑書房
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。