日経コンピュータ 定期購読・最新号・バックナンバー

日経コンピュータの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経コンピュータ雑誌の詳細です。


日経コンピュータの公式サイトへ
本・雑誌 日経コンピュータ
本・雑誌内容 企業改革を支える優れた情報システムの構築には、導入企業と、メーカーやシステム・インテグレータの協力が不可欠です。「日経コンピュータ」は、この両者にとって、真に有益な情報をタイムリーに提供する総合誌です。誌面コンセプトは「わかりやすさ」と「豊富な事例」。導入企業にとってはライバル企業が取り組む情報化の実態、メーカーやシステム・インテグレータにとっては顧客企業のニーズを知る上で、これ以上の情報源はありません。その誌面は、業務でコンピュータやネットワークを活用する6万人のITキーパーソンから高いご支持をいただいております。
本・雑誌内容詳細 ▲2019年8月22日号 no.997 8月22日発行


■特集1 顧客満足度調査2019-2020

●デジタル下克上 さらば 「ウォーターフォール型」 ベンダー(022p)
●14部門でトップ交代 2社は圏外から首位に(024p)
●全28部門ランキング(028p)
●顧客の怒り、爆発寸前 ベンダーは変革を急げ(040p)


■特集2 人類を救う感染症テック

●人類を救う感染症テック(044p)


■ニュース&リポート

●不十分な同意で個人情報を販売 リクナビ、就活生の辞退予測中止(006p)
●7pay、開始1カ月で廃止決定 見誤った 「仕様変更」 のリスク(007p)
●国内IT大手4社、IT事業が堅調 4~6月期、富士通は営業益6倍(008p)
●こじれるヤフーとアスクル EC事業に暗雲、もめている場合か(010p)
●DX成熟度を35問で自己診断 経産省、企業向け施策の第3弾(012p)


■乱反射

●サーバー3強がクラウド対抗策 「使った分だけ払う」 方式で競う(014p)


■極言正論

●吉本騒動を笑えないIT関係者 契約書なき開発、根絶できたか(015p)


■キーワード

●2段階認証(2-Step Authentication) (016p)


■2weeks from 日経XTECH 7月27日(土)~8月7日(水)

●米司法省、スプリントとTモバイルUSの合併を条件付き承認 ほか(017p)


■データは語る

●最高情報セキュリティー責任者の設置 日本5割、米国やシンガポールは8割超(018p)


■挑戦者

●村下 公一 氏 弘前大学 教授 健康ビッグデータをけん引 弘前の仕掛け人、世界へ(020p)


■フォーカス

●伝票糊付けに潜むムダ 検証、電子帳簿の威力(056p)


■インタビュー

●ワークマン 社長 小浜 英之 氏データ分析を競争力の源泉に 「善意型SCM」 で成長続ける(060p)


■ケーススタディー

●三井不動産 脱EBS ・ 脱Notes ・ プロセス改革 三つ挑んで年6万時間捻出(064p)


■ニッポンIT事件史 1990年―平成2年―

● 「Σ計画」 が失敗 日本独自仕様に陰り(068p)


■AI時代のIT監査

●クラウド選択時はリスクに着目 種類や形態ごとの特徴を知る(072p)


■突然 「営業になれ」 と言われても怖くない!

●侮れない会社説明の効果 「間接価値」 伝え受注確度を高める(076p)


■ネットワークトラブル プロに学ぶ対応術

●装置の設定に思わぬ落とし穴 ネットワーク切り分け時は要注意(080p)


■社長の疑問に答えるIT専門家の対話術

●業務プロセスの定義は難題 情報システム部門が旗振りを(084p)


■読者の声

●情報漏洩対策(094p)


■大森敏行のプログラミングで行こう

●AI関連資格 「G検定」 を受験 果たして記者は受かるのか(097p)


■勝村幸博の 「今日も誰かが狙われる」

●崩壊する 「HTTPS神話」 鍵はもはや信頼の証しではない(098p)
プロダクトNo 1281679714
出版社 日経BP
発売日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。