日経コンピュータ 定期購読・最新号・バックナンバー

日経コンピュータの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経コンピュータ雑誌の詳細です。


日経コンピュータの公式サイトへ
本・雑誌 日経コンピュータ
本・雑誌内容 企業改革を支える優れた情報システムの構築には、導入企業と、メーカーやシステム・インテグレータの協力が不可欠です。「日経コンピュータ」は、この両者にとって、真に有益な情報をタイムリーに提供する総合誌です。誌面コンセプトは「わかりやすさ」と「豊富な事例」。導入企業にとってはライバル企業が取り組む情報化の実態、メーカーやシステム・インテグレータにとっては顧客企業のニーズを知る上で、これ以上の情報源はありません。その誌面は、業務でコンピュータやネットワークを活用する6万人のITキーパーソンから高いご支持をいただいております。
本・雑誌内容詳細 ▲2019年2月7日号 no.983 2月7日発行


■特集 さあ、デジタル変革の旅に出よう

●さあ、デジタル変革の旅に出よう(026p)
●DXは終わりなき変革 旅を支える6要素(028p)
●まず一歩、踏み出そう DX目指す4社の挑戦(030p)
●基幹系、競争力に直結 刷新で足回り俊敏に(035p)
●武者修行に企業買収 3社のDX人材育成術(040p)
●サツドラホールディングス 代表取締役社長 富山 浩樹 氏社長は文化を変えよ ITを知り、ハブになれ(044p)
●IT大手12社に聞く 3年後のDXビジネス(046p)
●亡国のレガシー 国が警鐘、刷新促す(048p)


■ニュース&リポート

●EUがGDPRでアメとムチ グーグルに制裁、日本を認定(006p)
●ファミマの乱、ポイント競争に異変 逆風Tポイント、奪うドコモ楽天(008p)
●海賊版サイト、規制強化に暗雲 違法対象の拡大巡り紛糾(009p)
●RPAと基幹系ジョブを一元管理 日立がJP1の新版、3年ぶり(010p)
●新ジャンル、軽量クラウド勘定系 NTTデータが新規参入組に的(012p)
●オープン勘定系を17年ぶり刷新 先駆者の新生銀、220億円で(014p)


■乱反射

●復活したマイクロソフト カギは 「変哲もないミッション」 (016p)


■2weeks from 日経XTECH 1月11日(金)~28日(月)

●流出事件から1年、金融庁がコインチェック登録(018p)


■データは語る

●QR決済ユーザー、3年後に3.7倍へ 電子マネーのアプリ利用者は7割増(020p)


■挑戦者

●北川 拓也 氏 楽天 常務執行役員 CDO (チーフ ・ データ ・ オフィサー)AIで顧客の 「双子」 を作る データを通じ幸せ追求(022p)


■フォーカス

●シスコが挑む脱箱売り DXに戦略スイッチ(054p)


■フォーカスインタビュー

●米シスコシステムズ 会長兼CEO(最高経営責任者) チャック ・ ロビンス 氏通信メーカーからDXの 「黒子」 へ 日本企業に急接近、協業で再成長狙う(058p)


■ケーススタディー

●琉球銀行 AWSで電話応対を効率化 日本上陸前の新機能を積極活用(062p)


■ニッポンIT事件史 1988年―昭和63年―

●オープン化でSI台頭 SE育成が急務に(080p)


■動かないコンピュータ

●GMOインターネット仮想通貨事業で特損355億円 装置開発を中止、相場下落読み切れず(084p)


■極言正論

●挨拶は 「What’s new? 」 デジタル人材の前提条件(087p)


■キーワード

●サイバーセキュリティ基本法(The Basic Act on Cybersecurity) (088p)


■働き方改革の切り札 ビジネスチャット応用術

●隙間時間も無駄にしない 鍵は自動化とシステム連携(090p)


■ネットワークトラブル プロに学ぶ対応術

●サーバーを更新したら通信断 デフォルト設定があだに(094p)


■さらば、失敗に学ばない組織

●IT業界が失敗を繰り返す理由 真の原因の追究が足りない(098p)


■AIで劇変! 2030年のオフィスと組織

●サービス業におけるAI活用の未来 人ならではの接客に専念できる(102p)


■ザンネン社員が学ぶ デジタルビジネス創成術

●ホームセンターをITで無人に 「反常識分析」 で売り場を変える(106p)


■社長の疑問に答えるIT専門家の対話術

●元気が出る目標を立てよう 否定文の指示だと人は動かず(110p)


■読者の声

●保守サポート(120p)
プロダクトNo 1281679714
出版社 日経BP社
発売日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。