日経コンピュータ 定期購読・最新号・バックナンバー

日経コンピュータの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経コンピュータ雑誌の詳細です。


日経コンピュータの公式サイトへ
本・雑誌 日経コンピュータ
本・雑誌内容 企業改革を支える優れた情報システムの構築には、導入企業と、メーカーやシステム・インテグレータの協力が不可欠です。「日経コンピュータ」は、この両者にとって、真に有益な情報をタイムリーに提供する総合誌です。誌面コンセプトは「わかりやすさ」と「豊富な事例」。導入企業にとってはライバル企業が取り組む情報化の実態、メーカーやシステム・インテグレータにとっては顧客企業のニーズを知る上で、これ以上の情報源はありません。その誌面は、業務でコンピュータやネットワークを活用する6万人のITキーパーソンから高いご支持をいただいております。
本・雑誌内容詳細 ▲2019年4月18日号 no.988 4月18日発行


■特集1 「きん斗雲」 参上

● 「きん斗雲」 参上 3つの新技術がクラウドをより速く ・ 軽く ・ 柔軟に(022p)
●知らないと致命的 3大クラウド新技術(024p)
●環境設定は全部お任せ すぐ起動、運用も容易(026p)
●仮想化技術の進化形 アプリ移行、自由自在(030p)
●さらばスパゲティ 機能単位で分割(034p)


■特集2 さらばパスワード

●さらばパスワード 「秘密」 は漏れる、これからはFIDO(036p)


■緊急特集 令和システム対応 残り2週間、最終点検

●令和システム対応 残り2週間、最終点検(006p)


■ニュース&リポート

●富士通が社長交代、エース登板へ 時田氏は閉塞感を打ち破れるか(010p)
●アマゾンが大阪に新物流拠点 初公開、ロボットフル活用(012p)
●シリコンバレーNext FBのAIチップ戦略が判明 5社調達、言語処理向け開発も(014p)


■乱反射

●人柄が良い富士通新社長を支える強力な 「コンビ」 が誕生(015p)


■2weeks from 日経XTECH 3月26日(火)~4月8日(月)

●アップルが定額型の動画 ・ ゲーム配信発表 ほか(016p)


■データは語る

●パスワード定期変更、5割以上が継続 GDPR未対応企業は3割超(018p)


■CIOが挑む

●クックパッド コーポレートエンジニアリング部 部長 中野 仁 氏ITは便利ツールにあらず 変化を好機にシステム刷新(020p)


■フォーカス

●うまい、安い、早い 吉野家のAIシフト管理(046p)


■インタビュー

●オンワードホールディングス 社長 保元 道宣 氏サプライチェーンをデジタル改革 工場もブランディングに活用(050p)


■ケーススタディー

●塩野義製薬 経費精算、スマホで完結 5000人に即効、負荷3割減(054p)


■ニッポンIT事件史 2014年―平成26年―

●ベネッセ情報流出事件 過去最大、統制甘く(058p)


■動かないコンピュータ

●freee 会計クラウドが150分全停止 不具合の影響調査に手こずる(062p)


■極言正論

● 「人財」 は時代遅れ デジタルで求められる人材とは(065p)


■キーワード

●ダークウェブ(Dark Web) (066p)


■現場を元気に! カブコム現場改革の軌跡

●スランプは改革に付き物 答えは不要、やる気促す声掛けを(068p)


■実践デジタル変革

●アイデアを数日で形にするコツ IDEO流プロジェクトに学ぶ(072p)


■なぜなぜ分析でヒューマンエラー撲滅

● 「いつも」 と 「たまたま」 は違う 再教育や意識改革は対策にならず(076p)


■ザンネン社員が学ぶ デジタルビジネス創成術

●中堅コンビニが首都圏進出に失敗 店舗戦略とスマホで起死回生(080p)


■社長の疑問に答えるIT専門家の対話術

●日本企業が抱える5つの課題 オープンアプローチで達成を(084p)


■読者の声

●IT業界のモラル(096p)
プロダクトNo 1281679714
出版社 日経BP社
発売日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。