日経トップリーダー 定期購読・最新号・バックナンバー

日経トップリーダーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経トップリーダー雑誌の詳細です。


日経トップリーダーの公式サイトへ
本・雑誌 日経トップリーダー
本・雑誌内容 「日経トップリーダー」は、中堅・中小企業の経営者、創業を目指す起業家、経営革新を担うビジネスマンなど“ベンチャーマインド溢れる”方々に、仕事に直接役立つ情報をお届けする月刊誌です。リスクを恐れず挑戦し続ける事業家のニーズに、ぴたりと焦点が合った雑誌たらんと頑張っております。ぜひご一読ください。※2009年に雑誌名が『日経ベンチャー』から『日経トップリーダー』に変わりました。
本・雑誌内容詳細 ▲2022年1月号 no.448 1月1日発行


■特集1 企業研究 成長への3つの壁を克服した経営者の思考法

●成長への3つの壁を克服した経営者の思考法タンスのゲン●福岡県大川市 ・ 家具などのEC販売(012p)
●地方の家具店から売上高200億円企業へ ECシフト、物流費高騰… 壁の乗り越え方(014p)
●インタビュー 橋爪福寿社長 社長の仕事は勉強して人に聞くこと(019p)


■特集2 新春特別企画 経営者の本音 読者の皆さんに聞きました

●経営者の本音 読者の皆さんに聞きました既存事業、人手不足、賃金、悩み、経済環境…(022p)
●9割が既存事業に危機感4割は後継者が 「いない」 (024p)
● 「人手不足」 が早急の課題会社の魅力をどう高めるか(026p)
● 「深い悩み」 を相談できる人がいるか(030p)
●首相の新資本主義には 「? 」 経済再成長に必要なこと(032p)


■特集3 新春特別企画 稲盛哲学に私たちがはまる理由

●稲盛哲学に私たちがはまる理由 中国 ・ 盛和塾の若手経営者座談会(036p)
●陳 淑林×趙 偉×黄 健(038p)


■壁を超えろ

●新型コロナウイルスの感染拡大でコンサートが中止になり喪失感に襲われる中、新たに何に挑んだか。(003p)


■巻頭言

●多長根の思考を促す 「1人○○」 (007p)


■リーダーシップの誤解 岸見一郎

●習慣を自由になし得るリーダー(011p)


■ 「業務スーパー」 創業者 沼田昭二 利益を生む鉄則

●強者ダイエーの頭打ちを間近で見て感じたこと(048p)


■チャンピオンカレー 南恵太の眼光紙背

●客観的には 「軽い」 選択しかあり得ない(050p)


■中小M&Aの 「表と裏」

●M&A取引のリスク保険 日本は中小から普及へ(052p)


■高収益体質エクササイズ

●中小企業は 「原価計算」 で損をしている(053p)


■破綻の真相

●禍根が表面化した21年 備えのなさが破綻に直結 [記者座談会](058p)


■大事凡事 拡大版

●2022年 中小企業を取り巻く 経済環境を見通す(062p)
●インフレは本当に起きるのか? (063p)
● 「安い日本」 変わる? 賃上げ政策の効果は ほか(064p)
●オミクロン株の経済への影響は? (066p)
●日本だけ低成長は続くのか? (067p)


■今月の数字

●コロナ禍を経て 地方で働くことへポジティブな 気持ちになった従業員 45%経営層が思っているより、従業員は地方に意識が向いている(075p)


■調査マンは見た!

●破産しないために 「私的整理」 を理解しておく(077p)


■読者がたより

●研究者から会社経営者へ ほか(078p)


■限界利益入門講座

●あなたの会社の 損益分岐点を知ろう(080p)
●損益分岐点比率こそが 会社の収益性を映す(084p)


■中国ビジネス最前線リポート 王沁の着眼大局 着手小局

●世界の進化を後押しする奇才、孫正義の投資哲学(096p)


■グロース企業トップインタビュー

●伝統の前掛けを国内外に展開 途絶えかけた産地が復活したエニシング 西村和弘 社長(098p)


■日本一の二軍監督 白井一幸の育つ言葉

● 「ビッグボス ・ 新庄」 の素直さ(103p)


■社長のための新刊本

● 『Invent & Wander』 ほか(105p)


■メガネスーパー星崎尚彦 今月の一句

●YESから入る言動難しき NOと逃げるはいと易し(106p)
プロダクトNo 1281679709
出版社 日経BP
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。