検査技術 定期購読・最新号・バックナンバー

検査技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

検査技術雑誌の詳細です。


検査技術の公式サイトへ
本・雑誌 検査技術
本・雑誌内容 我が国では特定の検査分野において専門的に情報を提供するシステムは存在するものの、破壊検査と非破壊検査を包含する検査の全分野にわたって情報を提供するシステムはなく、とくに検査の第一線で活躍する技術者は、検査の実務で利用できる情報を渇望しているのが現状です。 本誌「検査技術」は、装置、設備、構造物を中心とした第一線で活躍する検査技術者に実務に役立つ情報提供をめざし、検査から試験、評価、寿命予測までを扱い、その基礎知識、ハイテク技術、現場での技術課題、各種先端機器や関連規格の紹介等、幅広い内容を編集し、これからの検査技術の普及と発展をめざす技術誌です。
本・雑誌内容詳細 ■解説
○ポータブル格子欠陥検出装置/産業技術総合研究所/山脇正人/東洋精鋼/上杉直也
陽電子寿命測定法は金属の格子欠陥等を高感度で検出できる手法である。我々は本手法を用いた市販装置の開発を進めており、今回ポータブル型システムを開発した。本稿では、ショットピーニング材を用い、その測定例を紹介する。

○予兆監視システム(SIAT)とIBM Watson Explorerの連携によるプラント監視技術の高度化/中国電力/林 司
ビッグデータに着目し、日本電気㈱が開発したネットワーク生涯対応エンジンSIATを用いた予兆監視システム(SIATAI)を共同で開発してきた。今回、JANSIにより公開されているNUCIA情報をDBとし、SIATとIBM Watson Explorerを組み合わせることにより、原因究明、対策決定までの時間短縮が可能であることを確認した。

○高減衰鋼片向けアレイ超音波探傷技術の開発/大同特殊鋼/樹神啓司・伊藤光宏
超音波の散乱減衰が大きい鋼片(高減衰鋼片)を対象とした、フェーズドアレイ超音波探傷技術の開発事例を紹介する。特に、SNR向上に向けた対策とプローブ保持治具の改善について述べる。

■技術トピックス:自動車
○FSW異材接合と非破壊検査/本田技術研究所/矢羽々隆憲
車体の軽量化を目的としてAl-GA異材接合を用いたサブフレームを開発した。接合技術にはFSWを用いて強度、耐久、耐食性を満足する構造、生産設備、品質保証システムを確立した。本稿では、その非破壊検査技術について紹介する。

■連載
○有限要素法入門4
非線形問題/E&Sコンサルタント安藤/安藤文雄
有限要素法入門最終回④として、材料非線形、幾何学的非線形などの非線形に関して、有限要素法における解析手法を基本的な数学的表現とわかりやすい簡単な例を交えて紹介する。最後に、立脚原理・理論の体系について整理する。

■検査機器
○超音波映像装置による電子部品の非破壊検査/日立パワーソリューションズ/大野 茂
本稿では、電子部品の非破壊検査で使用される超音波映像装置の高分解能化の取り組みについて述べ、その効果について測定例を用いて紹介する。長方形状模擬欠陥であれば幅1μm、円形状模擬欠陥であれば直径4μmまでが検出可能となった。

○多機能ポータブル診断器/日鉄テックスエンジ/山本豊樹
本稿では、労働人口の減少や世代交代による現場力低下を補う、多機能ポータブル診断器“エレスマートRX”とその管理用ソフトウエア(回転機械診断管理システム「MDM-360」)について紹介する。

○高さ分解能0.1nmを有する光ヘテロダイン干渉による表面粗さ計測/ツクモ工学/服部義次/フジ・オプトテック/藤田宏夫
ヘテロダイン干渉技術の応用による光学計測器の概要について解説した。非接触で振動に強く0.1nmの高さ方向分解能があり、粗さ・段差計測の紹介をする。

○低価格X線装置による2D内部観察/アールエフ産業機器事業部
本稿では、低価格(90万円)のX線装置(NAOMi-CT90 GAIKAN)による2D内部観察について、製品の主な特長・仕様、撮影手順・撮影画像、また2D撮影装置と3D撮影装置の違いについて紹介する。

■特集:検査・診断に活用される最新の音響技術
○パラボラ集音マイクロホンと合成波形分離法による複数クーリングタワー減速機の高効率状態監視・診断法/水産研究・教育機構水産大学校/山田雄太・太田博光
本稿では、パラボラ集音マイクロホンと合成波形分離法を用いた高効率状態監視・診断法について解説し、クーリングタワー減速機に適用した例を紹介する。また、診断精度の高い振動診断において検証を行い本手法の実用性を説明する。

○マイクロホンアレイを適用した風洞実験による鉄道騒音の音源探査/鉄道総合技術研究所/山崎展博
新幹線の高速化に伴い増加する空力騒音を低減するためには、事前に騒音の発生箇所を詳細に把握することが重要である。本稿では、風洞試験で指向性収音装置の一種であるマイクロホンアレイを活用した音響測定技術の概要について紹介する。

○異音検査もしくは製品評価の為の新しい音響ツール/SVジャパン/久保雄太
本稿では、製品から発生する異音を利用してその製品の不具合を検査する新しい音響解析技術を、モータ製品の出荷検査例で紹介する。

○マイクロフォンアレイを利用した音源探査システム/ペリテック/星野尚紀
リアルタイムに音の発生源を探し出し可視化。本稿では、操作や設定はタッチスクリーンで直観的に行うことができ、小型化が進んだことで持ち運びも容易になった「ハンディ音響カメラ」を紹介する。

■製品ガイド
○工業用管内検査機器
プロダクトNo 1281679697
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。