検査技術 定期購読・最新号・バックナンバー

検査技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

検査技術雑誌の詳細です。


検査技術の公式サイトへ
本・雑誌 検査技術
本・雑誌内容 我が国では特定の検査分野において専門的に情報を提供するシステムは存在するものの、破壊検査と非破壊検査を包含する検査の全分野にわたって情報を提供するシステムはなく、とくに検査の第一線で活躍する技術者は、検査の実務で利用できる情報を渇望しているのが現状です。 本誌「検査技術」は、装置、設備、構造物を中心とした第一線で活躍する検査技術者に実務に役立つ情報提供をめざし、検査から試験、評価、寿命予測までを扱い、その基礎知識、ハイテク技術、現場での技術課題、各種先端機器や関連規格の紹介等、幅広い内容を編集し、これからの検査技術の普及と発展をめざす技術誌です。
本・雑誌内容詳細 ■解説
○PIV:技術を用いた温度場と流れ場の同時計測/産業技術総合研究所/染矢 聡
燃焼器内のガス、排気管内の流れ、データセンター等の室内空調の最適化など気体流れの最適化に有用な、空気など気体の流れの温度・速度分布を可視化する先端技術と適用事例を紹介する。CFD結果の検証、CFDで再現できない現象の解明などにも有用。

○ひび割れ幅の変化を捉えるFRP製ひび割れセンサ/岐阜大学/國枝 稔
コンクリート構造物のひび割れの開閉口を遠望から目視で確認できるFRPセンサを開発した。本稿では、開発時の検討事項の例ならびに代表的な適用事例について紹介する。

○工業用ビデオスコープ及び水中TVカメラを用いた土木構造物の点検・調査/JPハイテック/德岳勇佑・青木和浩・半谷広明
国内の水力発電所では設備の高経年化が進んでおり、より効果的かつ効率的な維持管理の実施が求められている。本稿では、水力発電設備のうち土木設備について、保守作業の品質向上並びに作業安全性の向上に向けた取り組みについて紹介する。

○非破壊検査手法を用いたコンクリート構造物内部の鉄筋腐食の推定/アミック/陰山公明・松浦康博・三輪秀雄・加賀敏明・高鍋雅則
非破壊検査手法による鋼材腐食に関する調査を実構造物で実施した後、鉄筋をはつり出して目視観察を行い、それぞれの手法の腐食状況の検出精度について検証した。

○コンクリート内の非破壊塩分測定法NPGA/理化学研究所/若林泰生・吉村雄一・水田真紀・池田裕二郎・大竹淑恵
塩害を受ける国内の多くのインフラ構造物に対して、コンクリート中の塩分濃度分布を非破壊かつ現場で測定する手法として、中性子および中性子捕獲即発ガンマ線分析を用いた測定手法開発について紹介する。

○後方散乱中性子イメージングによる内部観察/理化学研究所/水田真紀・吉村雄一・須長秀行・大竹淑恵/東芝メモリ/池田義雅
本稿では、中性子入射側と同じ側に検出器を設置し、構造内部の滞水や空隙を検知する後方散乱中性子イメージング法を解説し、模擬コンクリート床版への適用例も紹介する。

○透過中性子によるコンクリートの水分測定/理化学研究所/吉村雄一・水田真紀・須長秀行・大竹淑恵
厚さ50mmのコンクリートに浸透する水分を測定する透過中性子イメージング法を紹介する。小型中性子源を利用したイメージング手法の原理と浸透する水分の定量方法および水分浸透性状の評価例について記す。

■法規・規格
○プラント圧力設備の供用適性(Fitness-For-Service)評価技術の動向/セイコーウェーブ/田原隆康
供用中圧力設備の検査で発見された劣化・損傷の継続使用要否を判断する手法である供用適性(FFS)評価法の概要を、腐食減肉に対する3次元光計測・FFS評価システムと共に紹介する。

■シリーズ:インフラ維持管理・災害対応ロボット技術の最前線
○河川・ダムの点検を効率化・高度化する水中点検フロートロボット/朝日航洋/清成研二・飯田知靖
平成27年「次世代社会インフラ用ロボット現場検証」において、河床の洗堀把握と河川護岸の概査を効率的に行う技術として「試行的導入」の推薦を受けたロボットシステムの技術概要について解説し、社会実装への取り組み事例を紹介する。

■検査機器
○磁気ストリーム法による鋼材破断検知/コニカミノルタ/森田 博・丸山一直・阿部真之介/コニカミノルタビジネスアソシエイツ/橋本好之
老朽化が著しい道路や橋など目視ではわかりづらいコンクリート構造物の内部鋼材破断は隠れた社会問題である。今回紹介するのは、「磁気を活用した独自の計測手法」「データ解析」「優れた利便性」を特長とする非破壊検査ソリューションであり、従来できなかった深さでのPC橋梁の内部鋼材破断検知を実現する。https://www.konicaminolta.com/jp-ja/bic/hihakai/

○衝撃弾性波法によるうき剥離の検知システム/オンガエンジニアリング/栗原伸浩
コンクリート構造物のうき・剥離などの変状を自動で検知し、点検ハンマーによる打音検査を代替・補完する衝撃弾性波法によるコンクリート構造物の変状部検出システムBLUE DOCTORについて、その原理、応用を交えて紹介する。

■特集:複合材の検査技術
○ハニカムサンドイッチパネルの非破壊検査手法/オリンパス/山本優一郎
ハニカムサンドイッチパネルは軽量かつ剛性が高いことから、航空機分野・建築材料・鉄道車両など様々な分野での採用が進んでいる。本稿では、ハニカムサンドイッチパネルの検査に適した製品及び技術を紹介する。

○ShearographyとESPI測定方法を組み合わせた内部圧力差による繊維巻きチューブのNDT/レーザー計測/櫻井将人
NDT(非破壊検査)においてのシェアログラフィーシステムの運用の一例として繊維巻きチューブの測定例を紹介する。シェアログラフィーモードとESPIモードの実例を紹介しながら、製品の特長と測定結果を紹介する。

■製品ガイド
○放射線応用機器
プロダクトNo 1281679697
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。