月刊ビジネスサミット 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスサミットの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスサミット雑誌の詳細です。


月刊ビジネスサミットの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスサミット
本・雑誌内容 経営トップのための情報誌、がんばろうニッポンの中小企業「月刊ビジネスサミット」は、インクグロウ株式会社が発行する、中小企業経営者のためのビジネス情報誌です。 本誌は、1986年6月に 「中堅中小企業の活性化こそが、日本経済の発展につながる」という経営理念のもとに創刊されました。読者は経営トップがじつに81.2%(会長・社長67%、役員14.2%)を占めます。全国津々浦々の中堅・中小企業、地域経済の動きにスポットをあてたテーマを厳選、さまざまな経営課題解決策を実例とともに提供し、高い支持を得ています。少数精鋭・スピード経営を重視する中小企業経営者が求める情報を独自の切り口で取材し、お届けしています。
本・雑誌内容詳細 ┃特集┃

有事のリーダーシップ

平時において、経営者のリーダーシップのあり方に「絶対解」はない。
その時々の環境要因や事業内容、企業のステージ、
経営者の個性によっても「最適解」は変わってくる。
だが、事業継続の困難な状況に陥ったとき、
あるいは危機打開の展望が見えないときはその限りではない。
リーダーには、平時とは異なる次元で、
状況を見極め、迅速に判断し、社員たちをまとめていく役割が求められる。
とりわけ現在は、将来の予測が困難な「VUCA(ブーカ)」の時代である。
ウィズコロナ、ポストコロナへと事業環境が大きく変わってゆくなか、
どの企業にも不測の危機が訪れる可能性はある。
そのときに経営者はどうあるべきか。
有事におけるリーダーシップを問い直したい。

※ VUCAとは「Volatility: 変動性」「Uncertainty: 不確実性」「Complexity: 複雑性」
「Ambiguity:曖昧性」という、4つの単語の頭文字からとった造語。


次世代経営者インタビュー
◆組織崩壊の危機を乗り越え急成長
「デザイン」の常識を変えたデザイン会社
株式会社グッドパッチ 代表取締役社長 土屋 尚史氏


提言
◆「自分解」で勝負する
有事の時代を生き抜くリーダーの条件
早稲田大学ビジネススクール 教授 内田 和成氏


事例1
◆備えあれば憂いなし
素早い対応が安心感を生み攻めの経営をバックアップ!
株式会社ナプロアース 代表取締役社長 池本 篤氏

事例2
◆改革促進の決め手は社員との未来共有
揺らがない覚悟と信念がピンチをチャンスに
株式会社WORK SMILE LABO 代表取締役社長 石井 聖博氏


特別インタビュー
◆地域金融は新たなステージへ
いかに地域金融機関を自社の〝味方”にするか
金融庁監督局銀行第二課 地域金融企画室 室長 日下 智晴氏


連載
◆親子承継のジレンマ
第18回 後継者が心のブレイクスルーを起こす三つの条件

連載
◆中小企業のためのブランディング入門
第4回 職場のデザインを考える 採用や営業に効く“職場づくり”

連載
◆戦略的に進める第三者承継
第4回 技術や人だけでなく歴史と信用をも引き継ぐ
ノースヒルズ溶接工業株式会社 代表取締役 北坂 規朗氏


その他のオススメ記事
●心に留めたい名言
第37回 本庄 正則
●中小企業のためのマーケティング講座
第40回 新しいBtoBサービスづくりに挑んだ農業資材販売会社
●経営者のための労務トラブルQ&A
第8回 謝罪は有効な解決手段
●中小企業のための決算書入門
第9回 製造業B社の財務改善

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●クラブサービスのご案内
●今月のおすすめレポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●取引情報【ニーズカプセル】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロダクトNo 1281679683
出版社 インクグロウ
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。