バンドジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

バンドジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

バンドジャーナル雑誌の詳細です。


バンドジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 バンドジャーナル
本・雑誌内容 吹奏楽愛好家を対象とした音楽誌。毎号楽譜が付いてます。
本・雑誌内容詳細 ●特集
生誕100年!! アルフレッド・リードの世界
 今年の1月25日、故アルフレッド・リード氏が生誕100年という節目を迎えました。説明するまでもありませんが、リード氏はアメリカの作曲家・指揮者で、吹奏楽の分野では、20世紀を代表する音楽家の一人といっても過言ではありません。おそらく吹奏楽をやっている人で、リード氏の作品に触れたことのない人はいないのではないでしょうか?
 さて、今回の特集では、そんなリード氏の日常の素顔や、数多くの吹奏楽作品、演奏者の立場からみたリード氏の作品、もしオール・リード作品で演奏会のプログラムを組むなら、リード作品の名演は何かなど、さまざまな観点からその偉業を振り返る予定です。

●表紙&SPOTLIGHT
発売当日をお楽しみに!
 2020年度は来日アーティストがほぼ皆無の状況で、日本の素晴らしいプレイヤーのみなさん(アンサンブル団体)をご紹介してきていますが、5月号もその路線は踏襲します。でも、バンドジャーナル誌上、過去に前例のないものになると思います。さて、編集部は何をたくらんでいるのでしょうか? 発売日をお楽しみに!

●海外の一流奏者たちのオンライン・レッスンに学ぶ
 トランペット奏者のラインホルト・フリードリッヒ(ルツェルン祝祭管弦楽団首席、カールスルーエ音楽大学教授)、イエルーン・ベルワルツ(元・北ドイツ放送交響楽団首席奏者)と、ホルンのラドヴァン・ヴラトコヴィチ(元・ベルリン・ドイツ交響楽団首席奏者)という錚々たる金管奏者たちによる、海外からのオンライン・レッスンを紹介します。とくに読者の方々に有益な情報を抽出してお伝えする予定です。

●別冊付録楽譜
エルザの大聖堂へのしっかりとした行進(ワーグナー/高橋宏樹編)
 吹奏楽編曲作品のなかでも特に吹奏楽ファンに愛されてきた名曲、ワーグナーのオペラ《ローエングリン》より〈エルザの大聖堂へ行列〉。オペラの第2幕第4場、王女エルザが騎士ローエングリンとの結婚式のために大聖堂へと向かう場面で、管楽器のみのアンサンブルで始まるこの曲は、オーケストラでは単独で演奏されることはありませんが、吹奏楽のレパートリーとして長年演奏され続けている作品。読者のみなさんも、演奏した経験があるという方は多いのではないでしょうか。その〈エルザ〉が、高橋宏樹さんの編曲で「行進曲」に! 一体どのような作品になるのでしょうか? 原曲のオペラとも聴きなれた吹奏楽版とも違う〈エルザ〉を、ぜひお楽しみに。

※記事や付録のタイトル、内容は変わることがあります。
プロダクトNo 1281679625
出版社 音楽之友社.
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。