新文化 定期購読・最新号・バックナンバー

新文化の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

新文化雑誌の詳細です。


新文化の公式サイトへ
本・雑誌 新文化
本・雑誌内容 「新文化」は1950年12月創刊。2015年には65周年を迎える出版業界唯一の専門紙です。 新刊情報から流通問題まで、出版業界に関する様々な出来事の最新情報をお届けします。 ◆紙面構成◆1面は、出版業界の旬な話題・テーマを取り上げる特集記事。2・3面は出版 業界の最新ニュースをより詳細に。最終面は、書籍・雑誌の編集現場や書店紹介する特集 記事。そのほか、週間ベストセラー、月間ベストマガジン、月間コミックベスト、新規出 店情報などのデータ記事や、海外の出版業界事情を紹介する「海外レーダー」、業界人に よる「風信」「本を手渡す人」などの連載コラムを掲載。毎週木曜発行。
本・雑誌内容詳細 【記事見出し一覧】

大日本印刷/「迅速出荷」支えるSRCの機能(1面)
連載【この人・この仕事】主婦と生活社 編集本部副本部長兼IP事業室長/殿塚郁夫氏(1面)

書店でデジタルコンテンツ展開/「デジタル付録」サービス開始へ・メディアドゥ・トーハンの業務提携で(2面)
トーハン/三菱グループ4社と協定書・本社跡地再開発事業で(2面)
出版労連/デジタル関連6法案・「容認できない」(2面)
note/博報堂と業務提携(2面)
「本格ミステリ大賞」/作品「入手困難」で候補取り消す(2面)
連載【風信】新潮社取締役・伊藤幸人(2面)
連載【社長室】GD社と木村社長の夢叶う/ゴルフ界発展の事業実る(2面)

三省堂書店が創業140周年/「ベストセラーでふりかえる140年」フェア(3面)
アマゾンJ、東商に入会/「中小企業支援で貢献したい」(3面)
「紙と電子の新時代へ」/トーハン入社式で近藤社長(3面)
出版学会/「産学連携」のあり方テーマにシンポジウム(3面)
マガジンハウス/「Tarzan」創刊35周年(3面)
「講談社文庫」新キャラクター/「よむーく」で春フェア(3面)
フライヤー/今秋に新サービス開始・学習・研修プログラム(3面)
ブックオフ/第3四半期連結決算・売上高6.5%減、減収減益(3面)
新潮社「ビタミンF」好調/販促パネルで好調(3面)
【人事】メディカ出版・保育社/日本ヴォーグ社(3面)
【移転】Clover出版(3面)
BOOK EXPO実行委員会/9月15日に「BOKOKEXPO」開催(3面)

2年ぶりに大賞2点/カンゼン主催「サッカー本大賞」(4面)
検定・受験料を値上げ/英検とTOEIC(4面)
インプレスR&D/ゆめねこ氏がグランプリ・「ネクパブPODアワード」(4面)
帝国書院/〝おうち時間〟の過ごし方提案・「おとなの書きこみ白地図帳」(4面)
日韓出版人交流プログラムを開催/K-BOOK振興会(4面)
「窓ぎわのトットちゃん」オーディオブック化/黒柳氏自ら朗読(4面)
第45回「講談社漫画賞」/各部門の候補作発表(4面)
第28回「松本清張賞」/候補作4点が決まる(4面)
連載【トヨザキ社長の書評家的日乗】第44回 わたしが今あるのはー ・豊﨑由美(4面)

編集者とライターが学ぶべき心得/「取材・執筆・推敲」(ダイヤモンド社)で伝えたかったこと(5面)

連載【週間ジャンル別ベストセラー】(6面)

日販・トーハン新規取引出版社(3月期)(7面)
辻氏、乱歩との思い出語る/2年ぶり光文3賞贈賞式(7面)
JPIC/永江氏、田口氏が対談(7面)
連載【月間ジャンル別ベストマガジン】3月調査・下(7面)

独自文脈で棚づくり「ダ・ヴィンチストア」/KADOKAWA「ところざわサクラタウン」初の直営書店(8面)
連載【本を手渡す人】気になるはなし/大阪・本は人生のおやつです!!・坂上友紀(8面)
連載【本屋の新井です】営業時間の延長と短縮/HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE・新井見枝香(8面)
連載【海外レーダー】ロンドン、ボローニャチル/ドレンズ両BFが6月開催〈イギリス〉(8面)
プロダクトNo 1281679601
出版社 新文化通信社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。