文藝春秋 定期購読・最新号・バックナンバー

文藝春秋の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

文藝春秋雑誌の詳細です。


文藝春秋の公式サイトへ
本・雑誌 文藝春秋
本・雑誌内容 大正12年の創刊以来、「文藝春秋」の時流におもねらない柔軟な編集方針は、地域、年代、活躍する分野を超えて多くの人々に支持されています。掲載された記事が世の中に大きなインパクトを与えた例は数多くあり、その社会的影響力を強固なものにしてきました。また、各界の著名人が登場するグラビア「小さな大物」「同級生交歓」などコラムや連載小説にも定評があります。硬派なジャーナリズムから、その時々の文化、芸能、スポーツの話題まで、圧倒的な情報量を発信するナンバーワン総合月刊誌です。
本・雑誌内容詳細 レーダー照射事件全真相
「韓国軍艦と北朝鮮」 緊迫の13分間 麻生 幾
「なぜ軍艦がここに?」。海自の哨戒機は国旗も掲げないその艦を撮影した。
直後、離脱する機を襲った「FCレーダー」の警戒音――。
韓国海軍がどうしても知られたくなかった現場の闇を暴く

厚労省<勤労統計不正>「ブラック官庁」の研究 常井健一

「ゴーン絶体絶命」東京地検特捜部の逆襲 森功

◎貿易、安保、先端技術……日本の選択は
トランプVS.習近平「悪」はどっちだ 宮家邦彦/呉 軍華/ケビン・メア/富坂 聰

◎“バチカンの悪夢”が日本でもあった!
カトリック神父<小児性的虐待>を実名告発する 広野真嗣

二・二六事件「新資料発見」84年目の真実

「宮城占拠計画」の謎は解けた 半藤一利

「皇宮警察資料」を残した宮内庁OBの生涯 奥野修司

AI「無脳論」 養老孟司
AIが人間を情報化する、新たな「脳化社会」を生き抜く処方箋とは

50年後“AI人間”が生まれる 川上量生/松尾 豊/井上智洋

がんは30秒で発見できる 飯塚 統

“AI大国”中国驚愕の最新事情<宿題から検閲まで> 高口康太

第160回 芥川賞発表

仮想通貨を“採掘”する新規事業を命じられたシステムエンジニアは――
ニムロッド 上田岳弘(うえだたかひろ)

[インタビュー] 「ロスジェネ世代は“絶望”を書いていく」



うだつの上がらない若きボクサーの優しくもストイックな日常
1R(いちラウンド)1分34秒 町屋良平(まちやりょうへい)

[インタビュー] 「さくらももこと三島由紀夫に憧れて」



[選評]
髙樹のぶ子 小川洋子 島田雅彦 吉田修一 山田詠美 奥泉 光 宮本 輝 川上弘美 堀江敏幸



宮本 輝 平成芥川賞30年「選考委員会秘話」

◎熱狂の「最年少W受賞」をふりかえる
綿矢りさ×金原ひとみ 「母親になった私たち」

◎皇后陛下が愛した23冊のリスト
美智子さまは小さな本がお好き 安野光雅/池内 紀/檀 ふみ

藤原氏<一三五〇年>恐るべし! 磯田道史/千 宗屋/朝吹真理子

作家<一周忌>石牟礼道子に捧げた我が半生 渡辺京二

松本人志×笑福亭鶴瓶 「鶴瓶さん、いつやめますか?」

筒香嘉智 「金属バットと勝利至上主義が少年を潰す」

大坂なおみ<世界最強>「チームなおみ」の秘密 山口奈緒美

樹木希林という「極上の生き方」 下重暁子

◎新連載対談 有働由美子のマイフェアパーソン
第2回 篠山紀信 「有働さんはヌードにならないんですか」

◎短期集中連載 「ヒトは120歳まで生きるか」 田原総一朗
[最終回]生命倫理の行方 石井哲也(北大教授)/武藤香織(東大教授)

[地方は消滅しない31]
静岡県掛川市東山 葉上太郎

東大紛争五十周年 日本再生94 立花 隆

リスナーの隣に 大竹まこと

祭りの夜の秘密 村山由佳

北方領土交渉とサハリン 奈良岡聰智

文楽と皇室のご縁 桐竹勘十郎

古代出雲の息遣いを聞く 佐野史郎

ゲーム機を囲む高齢女性たち 藤原智美

河内源氏発祥の神社 九百九十九年の苦境 髙木大明

「民意」って何? 日本人へ189 塩野七生

ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優

BOOK倶楽部

▼佐久間文子、池上 彰、梯久美子、古市憲寿 ▼今月買った本 手嶋龍一 ▼著者は語る ▼新書時評

▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼世界経済の革命児・大西康之 ▼日本語探偵・飯間浩明 ▼数字の科学・佐藤健太郎 ▼旬選ジャーナル(笹山敬輔・中原一歩) ▼オヤジとおふくろ ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼マガジンラック ▼広告情報館 ▼蓋棺録 ▼目・耳・口

新世界地政学91・船橋洋一

人声天語189・坪内祐三

後列のひと2 [好評新連載]・清武英利

ふれる11・朝吹真理子

将軍の世紀15・山内昌之

孔丘15・宮城谷昌光

大名倒産36・浅田次郎

グラビア

▼日本の顔(松任谷由実) ▼同級生交歓 ▼中野京子の名画が語る西洋史79(最後に残ったもの) ▼英国 ラグビーの母国を巡る旅 ▼もう一人の家族145 西岡德馬 ▼乗り鉄うまい旅19(ひたちなか海浜鉄道×あんこう鍋) ▼小さな大物(小山薫堂)

短歌・小池 光、俳句・片山由美子、詩・十田撓子
プロダクトNo 1281679597
出版社 文藝春秋
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。