Wedge(ウェッジ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Wedge(ウェッジ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Wedge(ウェッジ)雑誌の詳細です。


Wedge(ウェッジ)の公式サイトへ
本・雑誌 Wedge(ウェッジ)
本・雑誌内容 「新聞」や「週刊誌」で“今”の動きを知り、「WEDGE」で“その先”を読む──。1989年の創刊以来、幅広い業界を取りあげた鋭い先見性を放つ記事が評価され、“中長期的ビジョン”を必要とする経営者の間で、絶大な信頼を獲得。近年、次代を担うミドル・マネジメントクラスから、志の高い若手の間にも愛読者が急増。月に一度、体系的に整理された情報を得ることで、日々の情報に対する感度も飛躍的に磨かれます。
本・雑誌内容詳細 WEDGE_SPECIAL_REPORT

「一帯一路」の衝撃
ルポ 中国に飲み込まれるジブチ・エジプト・ギリシャ
児玉 博、木村正人、栗田真広、大西康雄、小谷哲男、Wedge編集部


PART 1 中国マネーの甘い蜜に麻痺するシーレーンの要衝アフリカ・ジブチ
1 鉄道、港湾、軍事基地 経済と軍事の表裏一体でジブチを飲み込む中国

2 シーレーンの安全をアフリカの空と海から守る 自衛隊「海賊対処」の舞台裏

3 ジブチの礎を支える日本 中国式との差別化のカギは「持続的発展」と「現地化」

インタビュー 自衛隊がジブチで活動する意義 佐藤正久・外務副大臣

PART 2 「新首都」の建設と経済貿易協力区 水上の要衝・スエズ運河を取り囲む中国

PART 3 欧州の玄関港を”支配”する中国 「トロイの木馬」と化すギリシャ

PART 4 経済回廊でパキスタンを取り込んだ中国が抱える”ジレンマ”

PART 5 肥大化する一帯一路投資 「軌道修正」を図る中国

PART 6 「一帯一路」を「インド太平洋」で無害化

=============================================
「一帯一路」の衝撃
ルポ 中国に飲み込まれるジブチ・エジプト・ギリシャ

中国の巨大経済圏構想「一帯一路」は、圧倒的な資金力を背景にアジア、アフリカ、中東、欧州を結ぶ交通の要衝に楔を打ち込んでいる。

本誌取材班は、その赤く染まりゆく「海のシルクロード」の最前線に飛んだ。

そこでは、インフラ建設を梃に軍事面での存在感も高める中国の姿が見えてきた。

文・児玉博、木村正人、栗田真広、大西康雄、小谷哲男、Wedge編集部

=============================================

■WEDGE_OPINION.1
米朝の「段階的非核化」リスクに備えよ
神保 謙(慶應義塾大学総合政策学部教授)

■ WEDGE_OPINION.2
 対米関係悪化で戦略変更 中国の意図を見抜け
加茂具樹(慶應義塾大学総合政策学部教授)

■ WEDGE_REPORT.1
破綻したデトロイトが急回復する理由
中西 享(ジャーナリスト)、Wedge編集部


Global Economy by 伊藤さゆり
ブレグジットだけではない 山積する「欧州リスク」

国防の盲点 by 勝股秀通
「レーダー照射」で急がれる対韓外交の見直し

米国で挑む闘魂経営 by 藤田浩之
デジタル時代の赤鉛筆と万年筆

名門校、未来への学び by 鈴木隆祐
鍛えるのは世界に通ずる 大阪府立北野高等学校

VALUE MAKER by 磯山友幸
左官職人が味わわせてくれるかまど炊きのご飯

戦国武将のマネー術 by 橋場日月
豪雪地帯で”凍える”上杉家を救った産業振興

さらばリーマン by 溝口 敦
和服に魅せられた海自出身の呉服屋 硬直した業界に仕掛ける流通革命
原 巨樹さん(京ごふく「二十八」代表取締役)

時流仏流 by 鵜飼秀徳
日本初のペット葬は忠犬ハチ公!?

各駅短歌 by 穂村 弘
ピアノ

●世界の記述
●拝啓オヤジ 相米周二
●新刊クリップ 足立倫行
●CINEMA REVIEW 瀬戸川宗太
●読者から/ウェッジから
プロダクトNo 1281679592
出版社 ウェッジ
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。