Wedge(ウェッジ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Wedge(ウェッジ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Wedge(ウェッジ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Wedge(ウェッジ)雑誌の詳細です。


Wedge(ウェッジ)の公式サイトへ
本・雑誌 Wedge(ウェッジ)
本・雑誌内容 「新聞」や「週刊誌」で“今”の動きを知り、「WEDGE」で“その先”を読む──。1989年の創刊以来、幅広い業界を取りあげた鋭い先見性を放つ記事が評価され、“中長期的ビジョン”を必要とする経営者の間で、絶大な信頼を獲得。近年、次代を担うミドル・マネジメントクラスから、志の高い若手の間にも愛読者が急増。月に一度、体系的に整理された情報を得ることで、日々の情報に対する感度も飛躍的に磨かれます。
本・雑誌内容詳細 WEDGE_SPECIAL_REPORT

移動革命
自動運転時代の支配者は誰だ
野辺継男、川端由美、Wedge編集部

PART 1
無人運転タクシーの登場で モビリティの稼ぎ方は新時代へ

PART 2
移動はMaaSで一括手配 金のなる木に群がる企業

COLUMN
中国富裕層好みの自動運転用EVをつくるBYTON

INTERVIEW
TOYOTAが移動革命に持つ危機感
車を売るだけのビジネスには1マイルあたり1セントの対価しかもらえない
ギル・プラット トヨタ・リサーチ・インスティテュートCEO

国内ではトヨタ自身でモビリティサービスを提供するつもりだ
友山茂樹 トヨタ自動車副社長

PART 3
IT、鉄道、自動車……誰が日本の移動を制するのか


=============================================
The Driverless Revolution
移動革命
自動運転時代の支配者は誰だ

米国アリゾナ州では年内にもウェイモ(Waymo)による「無人運転」の配車サービスが開始される。「移動革命」の始まりだ。
クルマはモビリティサービス(MaaS)を提供する〝箱〟になり、シェアリングカーと公共交通機関の間で利用者の奪い合いも起きるだろう。
すでに自動車・鉄道・IT事業者による「新しい移動」の主導権争いが始まっている。

文・野辺継男、川端由美、Wedge編集部(櫻井 俊、木寅雄斗)
=============================================

■WEDGE_OPINION.1
「老いて縮む日本」の
防災のあり方を見直せ

PART 1
命を守ることが苦手な日本人 「みんなで逃げる」地域作りを急げ
片田敏孝(東京大学大学院情報学環特任教授)

PART 2
人口減少時代の防災のカギは「広域連携」と「権限移譲」
増田寛也(野村総合研究所顧問)


■WEDGE_OPINION.2
白塗りの「中国軍艦」から尖閣諸島を守れ
飯田将史(防衛省防衛研究所主任研究官)

■WEDGE_REPORT.1
〝じわり逆行〟の郵政改革 「郵便局網ありき」を問い直せ
磯山友幸(ジャーナリスト)

■WEDGE_REPORT.2
新軍事組織が相次ぎ発足 NATO弱体化に焦る欧州の苦悩
木村正人(ジャーナリスト)

戦国武将のマネー術 by 橋場日月
寺社勢力に切り込み
富を築いた明智光秀

Global Economy by 滝田洋一
貿易戦争の先にある〝チャイナ・ショック〟再来の悪夢

最終回
漂流ものづくり大国の治し方 by 坂本幸雄
これからのものづくりを担う経営者の育て方

国防の盲点 by 勝股秀通
鈍感すぎる戦没者の遺骨収集

米国で挑む闘魂経営 by 藤田浩之
強い気力は健全な肉体に宿る

時流仏流 by 鵜飼秀徳
古より「富士登山」に憧れる日本人

さらばリーマン by 溝口 敦
「誰かに頼みたい」高齢化社会に応える便利屋業は元プログラマー
駒村佳和さん(便利屋こまむら CEO)

各駅短歌 by 穂村 弘 掃除

●世界の記述
●拝啓オヤジ 相米周二
●新刊クリップ 足立倫行
●CINEMA REVIEW 瀬戸川宗太
●読者から/ウェッジから
プロダクトNo 1281679592
出版社 ウェッジ
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。