Wedge(ウェッジ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Wedge(ウェッジ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Wedge(ウェッジ)雑誌の詳細です。


Wedge(ウェッジ)の公式サイトへ
本・雑誌 Wedge(ウェッジ)
本・雑誌内容 「新聞」や「週刊誌」で“今”の動きを知り、「WEDGE」で“その先”を読む──。1989年の創刊以来、幅広い業界を取りあげた鋭い先見性を放つ記事が評価され、“中長期的ビジョン”を必要とする経営者の間で、絶大な信頼を獲得。近年、次代を担うミドル・マネジメントクラスから、志の高い若手の間にも愛読者が急増。月に一度、体系的に整理された情報を得ることで、日々の情報に対する感度も飛躍的に磨かれます。
本・雑誌内容詳細 WEDGE_SPECIAL_REPORT

「看取り」クライシス
多死社会が待ち受ける現実
稲泉 連、菅野久美子、鵜飼秀徳、編集部

PART 1 「終末期」の理想と現実 ギャップは埋められるか

PART 2 医師不足で揺らぐ「終の棲家」 地域医療の切り札「総合医」は育つか

PART 3 今後急増する高齢者の孤独死 防ぐための手だてはあるのか

PART 4 高齢者を看取る外国人たち 人材難の介護業界に必要な整備とは

PART 5 山折哲雄氏インタビュー
「死はいつからタブーになったのか?」 90歳を過ぎたら”死の規制緩和”を

=============================================
「看取り」クライシス
多死社会が待ち受ける現実

「多死社会」が到来する日本。国民の7割は自宅や介護施設での最期を望むが、現実は2割にとどまる。
今後は医師や介護人材の不足で、看取りさえできないケースも出てきそうだ。
そんな危機的状況を見据え、医療インフラを守り、最期まで暮らせる地域づくりに取り組む人はいる。
「死」をタブーにしてきた日本社会は、迫り来る「多死」にどう備え、向き合えば良いのか。

文・稲泉 連、菅野久美子、鵜飼秀徳、編集部 インタビュー・山折哲雄
=============================================

■WEDGE_OPINION.1
世界通貨を目指す「リブラ」構想の限界
岩下直行(京都大学公共政策大学院教授)

■WEDGE_REPORT.1
参入相次ぐ信用スコア 利便性の先に潜む「落とし穴」
高口康太(ジャーナリスト)

INTERVIEW
信用スコアの健全な発展に必要な「弱者排除」の規制
大屋雄裕(慶應義塾大学法学部教授)

■WEDGE_REPORT.2
気候変動で高まる経済リスク 圧力増す「TCFD」の正体
木村正人(ジャーナリスト)

新連載
道半ばの社会保障改革 by 土居丈朗
政府が開示すべき老後に必要な医療・介護費用

国防の盲点 by 勝股秀通
ホルムズ海峡で試される日本の覚悟と知恵

Global Economy by 安井明彦
米国経済脅かすトランプ再選戦略 有権者の主役は「ミレニアル世代」へ

中国 覇権への躓き by 福田 円
台湾総統選に波及した二つの誤算

新連載
五輪を彩るテクノロジー by 黒井克行
気象情報を戦術に活用

戦国武将のマネー術 by 橋場日月
傍流から出世できた加藤清正の転機

名門校、未来への学び by 鈴木隆祐
1年かけて向き合う”農”の原点 筑波大学付属駒場高等学校

VALUE MAKER by 磯山友幸
”ハラールお好み焼き”が生む付加価値とは?

米国で挑む闘魂経営 by 藤田浩之
「任せて任さず」の後継者育成術

さらばリーマン by 溝口 敦
過当競争の歯科業界に見出した「衛生士派遣」という活路
小松原 洋さん(PECORI代表取締役)

時流仏流 by 鵜飼秀徳
観光客が復活させた小豆島の「虫送り」

新連載
ノンフィクション再読のススメ by 稲泉 連
『空白の天気図』

●世界の記述
●各駅短歌 穂村 弘
●拝啓オヤジ 相米周二
●新刊クリップ 足立倫行
●CINEMA REVIEW 瀬戸川宗太
●読者から/ウェッジから
プロダクトNo 1281679592
出版社 ウェッジ
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。