宣伝会議 定期購読・最新号・バックナンバー

宣伝会議の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

宣伝会議雑誌の詳細です。


宣伝会議の公式サイトへ
本・雑誌 宣伝会議
本・雑誌内容 『宣伝会議』は昭和29年の創刊から60年、日本の広告の発展とともに歩んできた広告宣伝を中心に販促、PRと企業のマーケティング・コミュニケーション活動を扱う専門誌です。「マーケティング&クリエイティビティ」をテーマに、最新のニュースや最新の理論や手法、事例、海外の動向を紹介。売上の拡大、企業ブランド向上に役立つ知識と情報をお届けします。
本・雑誌内容詳細 ▼特集1
安さ追求はどこまで必要?
今こそ見直す価格戦略
・「高い?」「安い?」あなたの感覚は?
ヒットした!あの商品の「お値段」一覧
・キーワードは「メリハリ消費」
データで読む、買い物の変化
インテージ
・過度の価格競争を繰り広げてきた日本企業
戦略を見直すバリューベース・プライシング
プライシングスタジオ 高橋嘉尋
・昨年は「値上げ元年」だった?
アキダイ、秋葉社長が語る価格変動のいま
アキダイ 秋葉弘道
・価格維持がノルム(社会規範)の日本
いま必要なのは賃金低迷を想定した価格戦略
みずほリサーチ&テクノロジーズ 酒井才介
・加速する超・高関与型消費
推し活ユーザーの心理とは?
Re entertainment 中山淳雄
・買う/買わないの判断軸はどこにある?
現役大学生の買い物事情
・マーケターに聞く、あの商品の「価格戦略」
アサヒコ、海苔弁山登り
・プライベートブランドの価格戦略
西友

▼特別企画
第59回「宣伝会議賞」一次審査通過者発表

▼特集2
業界あげて進むDXの取り組み
最新・テレビCMの効果的活用
・若年層がテレビの前に戻ってきた?
CTV広告、活用の鍵は「共視聴」
ニールセンデジタル 高木史朗
・日本でもネットでの同時配信が本格始動
コンテンツは3パターンがベースに
長谷川朋子
・広告価値は本来、コンテンツに紐づくもの
SASが浮き彫りにした、これまでの“不思議”
境&thinsp治
・正月ならではの広告で一年のスタートを切る
年始の“タイミング”が波及効果を呼ぶ
・特集協賛企業9 社に聞く!テレビ広告の展望
博報堂DYメディアパートナーズ/ビデオリサーチ/
フジテレビジョン/ CCCマーケティング/ノバセル/
SMN /テレシー/ Crevo / TVSION INSIGHTS
・テレビ広告を進化させる注目のソリューション
博報堂DYメディアパートナーズ/ CCCマーケティング/
ノバセル/ SMN /ビデオリサーチ/テレシー/ Crevo /
TVSION INSIGHTS /フジテレビジョン

▼シリーズ特集
宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本
マーケター、クリエイターに聞く!
山形正信/石川奈央美(リコー)、山本茂貴

▼REPORT
・KinKi Kidsが契約料25円でCM出演!?
企業と共に日本へ元気と笑顔を届ける
・デジタル×顧客起点で暮らしと社会にイノベーションを起こす!
ステークホルダーとの関係性を通じた価値共創篇
SGホールディングス、アンダーワークス
・2022年、改めて考えたい
「マーケティングの全体最適」
その実現に求められるものとは?
片山義丈、小堺吉樹、平尾喜昭
・「CMO X FORUM」レポート 後篇

▼連載
・私の広告観 Vol.279 ネルソン・バビンコイ
・EDITOR’S PICK CAMPAIGN
・米国広告マーケティング事情 Vol.178
松本泰輔
・広告ビジネスを変える!?ベンチャー企業の挑戦
Vol.79 Chompy
・大学ゼミ訪問 Vol.34
阪南大学 平山 弘ゼミ
・R30のホープたち Vol.78
タイガー魔法瓶
・「人」中心マーケティングのススメ Vol.3
インテージ
・WORLD REPORT Epica Awards
・MARKETING DATA
・ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略 Vol.149
麺づくり(30周年)
・BOOK
・キャリアアップナビ Vol.33
・広報プロフェッショナルへの道
・広告業界トピックス
・あたらしい人
・宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A Vol.42
岡本健太郎
・経済学の視点 ひとは何を欲し、どう行動するのか
明治大学 飯田泰之
・社会学の視点 コミュニケーションとメディアのいま
学習院大学 遠藤薫
・国語学の視点 「役割語」で読み解くCMキャラクター
大阪大学 金水敏
・編集後記
プロダクトNo 1281679546
出版社 宣伝会議
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。