信徒の友 定期購読・最新号・バックナンバー

信徒の友の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

信徒の友雑誌の詳細です。


信徒の友の公式サイトへ
本・雑誌 信徒の友
本・雑誌内容 1964年4月の創刊以来、キリスト教会信徒の必読誌として成長し、今日では教界最大部数の総合雑誌となりました。中学生から読めるわかりやすい文章で聖書知識を多角的にとらえるほか、これまで、三浦綾子、加賀乙彦、木崎さと子などのクリスチャン作家や、日野原重明医師、料理研究家小林カツ代といった特長ある執筆者の連載を掲載してきました。また、全国の教会をグラビア頁で紹介。さらに、毎号1つのテーマで特集を組み、メッセージや情報を掲載します。
本・雑誌内容詳細 特集=SNSと伝道──福音つぶやいてますか

誰もが手軽にメッセージを世界に発信できる時代。どのように使うか。

◆Twitter始めました
  ……教える人 髙柳竜二(東京・永福町教会牧師)、 教わる人 大村直子(『信徒の友』編集委員長)
◆SNSの特性を知って楽しもう……春原禎光(千葉・柏教会牧師)
◆教会はこんな使い方をしています
 #礼拝 #福音 #青年修養会 #聖日礼拝コーデ #礼拝告知
◆クリスチャンアカウントで発信中
  ……ich(いち)(クリスチャンYouTuber)

【特別読み物】
◎短期連載
 天皇制を考える──第6回 偶像崇拝と天皇
  ……松谷好明(聖学院大学総合研究所 元特任教授)

<連載>
●祈り……渋沢 久
●教会のトピックス
 ─教会ドキュメンタリーの作り方
  ……神奈川・鎌倉泉水教会牧師 片岡宝子
●生と死の境界線で
 ─コンゴ民主共和国「ひとつの世界」
  ……佐藤 慧(フォトジャーナリスト、ライター)
●金さんのスケッチ散歩
 ─群馬・桐生東部教会……金 斗鉉
●教会が新たに生まれるまで─ある建築家の現場
 ─「み言葉と光の満ちる礼拝空間を」……鈴木元彦(美術家、東京信愛教会員)
●土を愛する料理人の体の喜ぶレシピ
 ─山家風鶏の炊き込みご飯
  ……槇本清武(岡山・オーガニックレストラン「グレイス」オーナーシェフ)
●シネマへの招待
 ─『トールキン─旅のはじまり─』
●みことばにきく……小平善行(日本基督教団隠退教師)
●サムエル記に聴く─油注がれた人たちと神の箱
 ─「ダビデを王に任命する2つの油注ぎ」サムエル記上27〜下5章5節
  ……矢田洋子(東京女子大学専任講師)
●【マンガ】こちら特養陽だまり荘……ないとうかずえ
●信徒牧会者を目指して──ステファンミニスターの挑戦
 ─ケース6「高校生に寄り添う最年少ミニスター─同じ目線で共感する」
●シリーズ 性 LGBTから学ぶ
 ─「歳を重ねても自分らしく生きる 高齢クリスチャンのLGBT」
   ……インタビュアー・執筆 平良愛香(神奈川・川和教会牧師)
●新翻訳! 『聖書 聖書協会共同訳』を読む
 ─第6回「ヨハネ1章51節 注意を促す「アーメン」」
   ……伊東寿泰(立命館大学教授、NTJ新約聖書注解監修者)
●新刊案内
 ─『最高裁に告ぐ』岡口基一 著(岩波書店)
   ……伊藤朝日太郎(東京・大泉教会員、弁護士)
●世界キリスト教情報(CJC=東京)
★日毎の糧……外崎 孝(沖縄・与那原教会牧師)
プロダクトNo 1269
出版社 日本キリスト教団出版局
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。