信徒の友 定期購読・最新号・バックナンバー

信徒の友の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

信徒の友雑誌の詳細です。


信徒の友の公式サイトへ
本・雑誌 信徒の友
本・雑誌内容 1964年4月の創刊以来、キリスト教会信徒の必読誌として成長し、今日では教界最大部数の総合雑誌となりました。中学生から読めるわかりやすい文章で聖書知識を多角的にとらえるほか、これまで、三浦綾子、加賀乙彦、木崎さと子などのクリスチャン作家や、日野原重明医師、料理研究家小林カツ代といった特長ある執筆者の連載を掲載してきました。また、全国の教会をグラビア頁で紹介。さらに、毎号1つのテーマで特集を組み、メッセージや情報を掲載します。
本・雑誌内容詳細 特集=教会のハード面を再点検!

会堂を見直すとき、点検することは。信徒が考えるべきことは何だろうか。

◆最良のものをささげる器を……井幡清志(富山・石動教会牧師)
◆クリスチャン建築家の考える 改修工事の進め方
  ……一色輝生(一粒社ヴォーリズ建築事務所設計主幹)
◆改修しました
 地域の人を迎えるために……深川教会 小松原広樹
 保存改修工事への転換……大磯教会 鈴木憲二
 教会は見られている……堺教会 内田 知
◆緊急に対応しなければ! 錦林教会……編集部

◎特別読み物
短期連載 天皇制を考える──第2回 社会福祉と天皇
 ……永岡正己(日本福祉大学名誉教授)

<連載>
●祈り……渋沢 久
●教会のトピックス
 ─「塩狩峠」長野政雄殉職110年記念会……北海道・旭川六条教会 中島啓幸
●献堂しました
 ─東京・国分寺教会 丘の上ホール
●生と死の境界線で
 ─シリア「悪魔はどこに巣食うのか」
  ……佐藤 慧(フォトジャーナリスト、ライター)
●金さんのスケッチ散歩
 ─福岡・小倉徳力教会……金 斗鉉
●教会が新たに生まれるまで─ある建築家の現場
 ─「設計依頼の前に教会分析を」……鈴木元彦(美術家、東京信愛教会員)
●土を愛する料理人の体の喜ぶレシピ
 ─ホウレン草のシュブリック
  ……槇本清武(岡山・オーガニックレストラン「グレイス」オーナーシェフ)
●シネマへの招待
 ─『幸福なラザロ』
●みことばにきく……小平善行(日本基督教団隠退教師)
●サムエル記に聴く─油注がれた人たちと神の箱
 ─「イスラエルの民はなぜ王を求めたのか」サムエル記上7〜8章
  ……矢田洋子(東京女子大学専任講師)
●【マンガ】こちら特養陽だまり荘……ないとうかずえ
●信徒牧会者を目指して──ステファンミニスターの挑戦
 ─ケース2「いのちの声─献身的な活動でうつ病からの回復を支える」
●シリーズ 性 LGBTから学ぶ
 ─「かつての同性愛嫌悪の反省から性別二分主義を考える」
   ……塩谷直也(青山学院大学宗教部長)
●新翻訳! 『聖書協会共同訳』を読む
 ─第2回「ガラテヤ2章16節 私たちを義とするもの」
   ……浅野淳博(関西学院大学教授、NTJ新約聖書注解監修者)
●新刊案内
 ─『「築豊」に出合い、イエスと出会う』犬養光博(いのちのことば社)
   ……朝日研一朗(東京・行人教会牧師)
●世界キリスト教情報(CJC=東京)
★日毎の糧……須賀 工(滋賀・石山教会牧師)
プロダクトNo 1269
出版社 日本キリスト教団出版局
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。