診断と治療 定期購読・最新号・バックナンバー

診断と治療の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

診断と治療雑誌の詳細です。


診断と治療の公式サイトへ
本・雑誌 診断と治療
本・雑誌内容 新進気悦の編集員を迎え、特集では医学会の最新情報を、連載では日常診療に役立つ知識を盛り込んだ。年1冊発行の「増刊号」を加えた充実のラインナップが内科医に必要な幅広い知識と技術をサポート。まさに内科医必読の総合誌といえる。
本・雑誌内容詳細 診断と治療 2019[Vol.107-No.5]


特集 一般臨床医のための貧血診療 これだけ

ねらい 岡田 定 
◆貧血診療の総論
貧血診療のオリエンテーション 岡田 定
◆貧血の基本,病歴,身体所見,検査
貧血とは何か,貧血が起こるメカニズムは 齋藤 慧,他 
病歴からどのように貧血を疑うか 山中克郎
貧血のフィジカル 徳田安春 
貧血を疑ったとき,どのような検査をして
 どの所見に注目するか 山﨑宏人 
◆貧血の鑑別診断
慢性の貧血を診たときにどのように鑑別するか
 ①小球性貧血,②正球性貧血,③大球性貧血 岡田 定 
急性の貧血を診たときにどのように鑑別するか 東 光久 
◆見逃してはいけない貧血と専門医に任すべき貧血
一般臨床医が見逃してはいけない貧血とは 宮崎 仁 
血液専門医に任せるべき貧血とは 森 慎一郎 
◆一般臨床医が診るおもな貧血
鉄欠乏性貧血の診断と治療 竹下昌孝 
潜在性鉄欠乏症の診断と治療 岡田 定 
二次性貧血の診断と治療 寺村正尚 
ビタミンB12欠乏性貧血の診断と治療 大西 康 
溶血性貧血の診断 亀﨑豊実 
輸血すべき貧血と輸血を避けるべき貧血 樋口敬和 
◆教訓的な貧血例
一般臨床医に教訓的な貧血の3例  臼杵憲祐 

座談会
◎新しい高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインをどう使いこなすか 

連 載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
突然の心窩部痛を認めた71歳男性  懸樋英一 
◎注目の新薬
プレバイミスⓇ(レテルモビル)  神田善伸 
◎医療裁判の現場から
EB錠処方後に失明した症例について,失明と因果関係ある
過失は認められなかったものの,副作用についての説明義務
違反があるとされた事例  笠間哲史 
プロダクトNo 1264
出版社 診断と治療社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。