モノマガジン(mono magazine) 定期購読・最新号・バックナンバー

モノマガジン(mono magazine)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

モノマガジン(mono magazine)雑誌の詳細です。


モノマガジン(mono magazine)の公式サイトへ
本・雑誌 モノマガジン(mono magazine)
本・雑誌内容 モノ・マガジンファンの皆様に支えられ、ちょうどCDプレーヤーが発売された1982年にスタートしたモノ・マガジン。流行や生活を端的に表す新製品情報を中心に、100円の消しゴムから数千万円のクルマまで、モノの機能、デザイン、操作性、歴史、伝統、哲学、作る人、使いこなす人・・・・・モノをとりまくあらゆるフィールドを紹介してきました!人とモノが触れ合う限りモノ・マガジンのスタイルは永遠に変わりません。変わらぬご愛顧をよろしくお願い致します。今回、便利でお得な年間購読をご案内します!是非ご利用下さい!
本・雑誌内容詳細 【特集】1960ニッポン熱中狂時代

前回の東京オリンピックが開催された1960年代は、日本文化のターニングポイント。そんな古き良き昭和の時代をフューチャー! アップデートしながら、今も現役で活躍中の家電、文房具、時計。夢中になったテレビや漫画、教科書だった音楽と映画、モデルガンやプラモデルも楽しかった! ただ振り返るだけじゃつまらない情熱とメッセージがここにある!

【特集】“キャッシュレス”時代到来 お金とサイフ!

話題のQR決済など、いよいよ日本でもキャッシュレスの波がやってきた。キャッシュレスの種類や支払い方法、キャッシュレス化のメリットやデメリット、どういう基準で決済方法を選ぶかなど、今知っておくべきお金の情報をデータとともに紹介する。そうなってくるとサイフはどうなるのか? チビタイプか薄さ重視か。ミニ財布を徹底検証した。

【特集】キレッキレで行こう! オトコの傑作 刃物図鑑

すべての男を魅了する機能美と輝き、そして切れ味。手にすれば陶酔感がわきあがる国内外の新作、
傑作たちがここに集結した。 包丁、アウトドアナイフ、ハサミ、工具。頼りになるキレ者たちは最高の相棒だ。

【地方創生】福島のモノづくりが熱い! 第43回福島県 浜通りブランド

福島県は、日本屈指の技術を誇る製造業の集積地。大震災と原発事故から8年を経る今、真の復興をめざすべく産学官民が一体となり新たな製品開発に挑戦中だ。本誌ではとくに沿岸地域「浜通り」の技術力×発想力から生まれた新製品に注目する!

【連載】時が止まって。Crossroad Altar in Mexico【メキシコの辻に立つ祭壇】

メキシコの祈りの場所は、いたるところに現れる。人が集まるクロスロードはまず外せない。そこでは、単純に聖なるものと、俗なるものとを、線引きすることができない。もともと区別をしないのではと、一瞬、そんなことを考えてしまうほどだ。それでも祈りのスタイルには、独特で強烈な個性がある。


OTHER CONTENTS

●mono編集部のモノ差し
●ミステリーキャスケット
●う~ん、うなるモノ
●日本イカ化計画
●薀蓄の箪笥(うんちくのたんす)
●モノ進化論
●ゲームMuseum
●スタイリングモノ
●IVYという名のもとに
●SILENT SIREN
●クロラボ
●金属恵比寿 高木大地の「狂気の楽器塾」
●みうらじゅんの「今月のグッとくる宝物BEST2」
●monoSHOP新聞
●NEW PRODUCTS INFOMATION 新製品情報
●奇想兵器外伝

and more!!
プロダクトNo 1261425
出版社 ワールドフォトプレス
発売日 毎月2,16日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。