食品と開発 定期購読・最新号・バックナンバー

食品と開発の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

食品と開発雑誌の詳細です。


食品と開発の公式サイトへ
本・雑誌 食品と開発
本・雑誌内容 最新の食品製造技術動向、新しい機能性素材の情報、HACCPなど衛生管理技術、大きく変わる食品関連法規ニュースなど新しい食品開発の為の情報誌として食品・薬品・化粧品メーカーの企業開発、研究所、製造現場を中心に多くの読者を持っています。新しい食品開発技術とマーケティングを結んだこれからの食品を考える先端技術情報誌です。
本・雑誌内容詳細 【FOODWATCHER】押し寄せるフードテック革命の足音

特集/ゲル化・増粘安定剤にみる食感の新潮流
◆ドリンクゼリーへの食品多糖類の応用/栃本 剛宏、原 大三(三栄源エフ・エフ・アイ㈱)
◆プラントベースフードにおけるカードランの利用法/松山 勇介(三菱商事ライフサイエンス㈱)
◆新ジェランガム(ケルコゲル(R)DGA)の食品への応用/小川 真凜(DSP五協フード&ケミカル㈱)
◆白キクラゲ多糖「トレメルガム(R)」の冷凍食品の応用/馬 霜(ユニテックフーズ㈱)
◆物性が広がる寒天 ~多様な食感と新規用途~/池田 翼(伊那食品工業㈱)
◆加工でん粉を応用した新食感の食品開発に向けて/宮原 一大(イングレディオン・ジャパン㈱)

【市場動向】
◆ゲル化剤・増粘安定剤の市場動向
◆有用菌・乳酸菌生産物質、プレバイオティクスの最新動向

【分析・計測 技術】
◆美味しさの見える化を目指して
 アルファ・モス・ジャパン、インテリジェントセンサーテクノロジー サン科学、
 野村事務所、メディア・アイ 感性評価研究所、山電

【品質・安全対策】
◆HACCP制度化で重要性高まる温度管理
 アステック、アドバンテスト、エラブジャパン、KNラボラトリーズ、
 サーモポート、西華産業、トミー精工、パシコ貿易

【支援技術】
◆液体食品の製造技術 分離精製・混合攪拌・UHT殺菌・無菌充填装置動向
 イズミフードマシナリ、岩井機械工業、SPXフローテクノロジージャパン、オリヒロ、
 四国化工機、シバタ 西華産業、パワーポイント・インターナショナル、三菱ケミカルアクア・ソリューションズ

【特別レポート】
◆『食品・栄養・健康市場における10のキートレンド』ポイント解説/武田 猛(㈱グローバルニュートリショングループ)

【素材レポ】
◆ブタプラセンタエキスによる健康なボランティアの主観的な睡眠の質のいくつかの側面の改善
/長瀬 眞彦(吉祥寺中医クリニック)、小松 靖彦(スノーデン㈱)
◆サトウキビ由来イヌリン「Fuji FF」の機能性と腸内環境への効果/石坂 万紀子(フジ日本精糖㈱)

【美味しさ追求のための知財戦略⑥】
◆〈2020年12月~2021年2月の成立特許〉「風味」・「食感」・「外観」改善のための最新特許報
/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(66)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状


【クローズアップ】
≪行政≫
・食品添加物「無添加」「不使用」表示のガイドラインを策定へ
 ―消費者に誤認を与えない判断基準を検討/消費者庁
・ベジタリアン・ヴィーガンJAS規格制定に向け議論
 ―ISOの国際規格案との整合性などが焦点に/ベジ議連
・新型コロナ禍で茶葉からいれた緑茶の飲用頻度が拡大
 ―巣ごもりの影響で若者世代を中心に「増えた」と回答/農林水産省

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・COVID-19の影響を受け2020年に目立った6つのトレンド
・Kerry社が発表する2021年のトップフレーバーおよび成分
・「米国人のための食事指針(2020-2025年版)」発行と業界の反応
・2021年APAC各国のサプリメントの新しい規制
・培養肉を世界で初めて承認したシンガポール、企業に対し安全性の優先と早期の申請を奨励


【その他】
・新製品紹介
・業界商品動向
・Hiニュース
・特許速報
プロダクトNo 1242
出版社 インフォーママーケッツジャパン
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。