食品と開発 定期購読・最新号・バックナンバー

食品と開発の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

食品と開発雑誌の詳細です。


食品と開発の公式サイトへ
本・雑誌 食品と開発
本・雑誌内容 最新の食品製造技術動向、新しい機能性素材の情報、HACCPなど衛生管理技術、大きく変わる食品関連法規ニュースなど新しい食品開発の為の情報誌として食品・薬品・化粧品メーカーの企業開発、研究所、製造現場を中心に多くの読者を持っています。新しい食品開発技術とマーケティングを結んだこれからの食品を考える先端技術情報誌です。
本・雑誌内容詳細 【FOODWATCHER】人口減少の中での一手先の健康ビジネスを考える

特集Ⅰ/発酵による高付加価値化
◆海藻の発酵による高付加価値化/内田 基晴((国研)水産研究・教育機構) 
◆麹素材の機能性食品への利用/井口 隆文(ヤヱガキ醗酵技研㈱)
◆麹菌発酵により大豆素材の機能性価値を高める/天海 智博(ニチモウバイオティックス㈱)

特集Ⅱ/次亜塩素酸水の利用研究と最新動向
◆次亜塩素酸水の歴史から見る食品産業への利用と使用方法の注意点/紙谷 喜則(鹿児島大学 農学部) 
◆HACCPにおける次亜塩素酸水の役割/金盛 幹昌((一社)日本電解水協会) 
◆ACCP制度化で存在感増す電解水(次亜塩素酸水)

【支援技術】
◆非加熱殺菌技術の利用動向

【市場動向】
◆健康食品の市場動向と素材・技術研究
 インバウンド・アウトバウンドで伸長
 ・健康食品主要原料動向
 ・我社のいちおし健康素材
 ・機能性表示食品制度のためのSR対応素材
 ・健康食品受託加工・製造企業の動向
 ・健康食品製造・加工関連技術の最新動向

【機能性 キノコ─】
◆ヤマブシタケ菌糸体の脳卒中神経障害の保護効果について/江 玲慧、林 珊(葡萄王生技㈱(台湾))

【素材紹介】
◆カラーリングフードを使用した植物性食品の開発/GNT Group

【急成長する中国の食品産業・健康産業が一堂に!】
◆2019年6月19〜21日、中国・上海 国家会展中心(NECC)〈国際展示会場〉

【機能性食品開発のための知財戦略(15)】
◆食品用途発明の最新報告 〈2018年12月特許公報発行/公開分〉
 今号注目の機能性─有効成分の吸収促進に関する用途発明/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う41】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆アメリカ農務省 バイオ工学食品のラベル表示を発表/吉田 隆夫

【クローズアップ】
≪行政≫
・平成30年の景表法違反の概要を公表―措置命令は24件、課徴金納付命令は14件/消費者庁
・ハーブティーの不適正表示事案を公表―商品の原産国名を表示せず/農林水産省
・「β-アラニン」など3成分を非医薬品リストに追加―食薬区分の一部改正案にする意見募集終了/厚生労働省
≪調査≫
・魅力は「高タンパク、低カロリー」「健康に良い」
―豆腐に関するアンケート調査(第3回)を実施/マイボイスコム

【海外開発トピックス】(毎号掲載)
海外の食品情報誌「Prepared Foods」や「Food Processing」などから
ピックアップした記事を和訳でお届けします。
3月号では3本の和訳記事を掲載。
・体に良い飲料
・パスタ・パスタ!
・成功したキノコ

【その他】
・Hiニュース
・S-tecニュース
・業界商品動向
・新製品
・国内文献速報
・特許速報
プロダクトNo 1242
出版社 UBMジャパン
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。