サイゾー 定期購読・最新号・バックナンバー

サイゾーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

サイゾー雑誌の詳細です。


サイゾーの公式サイトへ
本・雑誌 サイゾー
本・雑誌内容 マスメディアが大衆向けに画一的な情報を流す一方で、多チャンネル化が進むテレビ、細分化される雑誌、誰もが発信者となれるインターネットからは多種多様な情報で溢れています。「サイゾー」は巷にあふれる情報を独自の切り口で検証し、読み応えある記事としてお届けする雑誌です。「今までの“メディア”では満足できない!」という人たちに、新しい視点と自分なりに情報を再構築するスキルを提供します。
本・雑誌内容詳細 [マルサの女]似鳥沙也加
[P様の匣]池田朱那(女優)──「令和の野球女子」の武器は球速だけじゃない! ストイックな役者論
[P様の匣]斎藤莉奈(女優)──狂気の「低予算映画」に出演する日本人が異国で俳優をする理由
[P様の匣]末並俊司(ジャーナリスト)──雑誌記者は見た! 「山谷のシンドラー」が生活保護を受ける今
[P様の匣]Tina(アーティスト)──自問自答を繰り返し、ふんどしを締め直した歌姫の心情とは?
[第一特集]令和のおじさん論
[第一特集]「若い女子にモテる」は幻想! イケオジという“非実在おじさん”
[COLUMN]「中年の星」錦鯉のブレイクが後輩芸人に残した“弊害”
[第一特集] 時が止まった音楽雑誌 ロックが年寄りの文化になっていく
[第一特集] ラッパー・ANARCHYに問う「ヒップホップと老害」
[第一特集] 3000万人が結婚できない! 中国の絶望的な独身男性問題
[第一特集]昭和作品の新作に中年男性が熱中する精神性とは
[第一特集] ジェンダー講習も倍速視聴! 広告制作の裏側座談会
[COLUMN]乾燥した思考も潤う「おっさんスキンケア」事情
[第一特集] ジェンダーでバグるのは必然─リベラル思想の限界
[第一特集] 熊田プウ助ミナモトカズキ ゲイマンガ家おじ愛対談
[第一特集]「医者は変人が多い」パパ活女子が見た良いパパ&悪いパパ
[連載]クロサカタツヤの「ネオ・ビジネス・マイニング」
[連載]神保哲生×宮台真司『マル激 TALK ON DEMAND』【今月のゲスト】伊藤雄馬(言語学者、横浜市立大学客員研究員)
[連載]萱野稔人と巡る「超・人間学」【今月のゲスト】山極寿一(総合地球環境学研究所所長)
[特別グラビア]【LINE LIVEサイゾー】梶谷唯&MOMOが魅せたグラビア新境地
[連載]辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
[連載]笹 公人×江森康之の「念力事報」
[連載]小原真史『写真時評』【今月のテーマ】括弧付きの本土「復帰」
[第二特集]目指すはK-POP?ジャニーズ進化論
[第二特集]“攻めたサウンド”を吟味する音楽業界からの賛辞と批判
[第二特集]迷走か成熟か─芸能プロ的戦略が抱える2つの“矛盾”
[第二特集]トラップのビートでラップも! 令和のジャニーズ・シングル20選
[第二特集]新進気鋭のクリエイターたちが手がけるミュージックビデオ
[特別グラビア] 今年で俳優デビュー10周年! 塩野瑛久が闇をまとう。
[連載]澁川祐子の「味なニッポン戦後史」
[特別グラビア] 新たなるステージに突入!? グレイテスト・ラウンドガールの進化
[連載]AmamiyaMaakoの「スタジオはいります」【今月のゲスト】仮谷せいら
[特別グラビア] アイドルグループW.(ダブルヴィー)のなつかを大阪撮!
[連載]DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMYの「BLACK PAGE」
[連載]後藤直義の「GHOST IN THE TECH」
[連載]丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」
[新連載]雨宮純の「現代怪事廻説」
[第三特集]写真家がドイツ&ポーランドで撮り下ろした実像 移ろいゆくウクライナ避難民
[連載]町山智浩の『映画でわかるアメリカがわかる』
[連載]更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
[連載]花くまゆうさく『カストリ漫報』
プロダクトNo 1231897
出版社 サイゾー
発売日 毎偶月18日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。