Pen(ペン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Pen(ペン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Pen(ペン)雑誌の詳細です。


Pen(ペン)の公式サイトへ
本・雑誌 Pen(ペン)
本・雑誌内容 モノ、ファッション、スポーツ、クルマ……毎号ひとつのテーマをpen独自の切り口から徹底的に掘り下げる。洗練された表紙から始まる芸術的ともいえる特集。そのテーマの初心者も拒まない懐の深さから多くの読者に愛されています。Penがあなたの知識欲を刺激します。
本・雑誌内容詳細 【特集】尾崎 豊、アイラブユー

1992年4月25日、ロックミュージシャン尾崎豊は26歳で夭折した。
桜の季節が過ぎ去り、ファンの肩を冷たい雨が濡らしてから今年で27回目の4月を迎える。
「平成」が終わり、新たな時代へ――。
別れと出会い、終わりと始まりが交差するこの時、多くの人々に愛された、かつての若者の代弁者にスポットを当てる。
「自由になりたくないかい?」「熱くなりたくはないかい?」
生前、ステージからそう叫び続けた男は、私たちを鼓舞してきた。
その音楽は聴く者の心と身体を一瞬で高揚させ、勇気を与える。
それは今日まで不変であり、多くの人々に尾崎が支持される理由だ。
短くも美しく燃え、鮮烈な記憶を残した男は、なにを探し続けたのだろう?
その魂宿る71曲の熱きメッセージには、生きるヒントが刻まれている。
新時代を前に歌い継ぐべき私たちの「遺産」に、いま再び耳を傾けよう。

日本・海外の表現者から刺激をもらい、学んだ。
孤高のシンガーが駆け抜けた、26年の生涯。
6枚のアルバムに残した、全71曲を完全紹介。
42回も飛んだ! デビュー作のジャケ写撮影。
人気作詞家がひも解く、尾崎の歌詞の魅力。
熱き魂が秘められた、自筆の創作ノートを公開。
絶頂期の発言で振り返る、「若き天才」の光と影。
稀有な詩人の基礎をつくった、8冊の愛読書。
音楽プロデューサーが明かす、ふたりの記憶。
尾崎豊を巡るエッセイ「孤独の遺産」
楽曲のモチーフとなった、ゆかりの地を訪ねて。
ともに闘い、パフォーマンスを支えたギター
バンドメンバーが見た、カリスマの素顔。
当時の音楽雑誌は、この新星をどう扱ったのか。
新世代シンガーが語る、尾崎という音楽の原体験。
石崎ひゅーい/奇妙礼太郎/家入レオ
最愛の曲を発表します! これが私のベスト3
茂木健一郎(脳科学者)/吉野北人(「THE RAMPAGE」ボーカル)
袴田吉彦(俳優)/般若(ラッパー)
岡村詩野(音楽評論家)/中川丈士(NHKディレクター)
生誕50周年、「幻のボックスセット」誕生秘話。
尾崎裕哉が語る、表現者としての父の偉大さ。

ほか、連載など
プロダクトNo 1220627
出版社 CCCメディアハウス
発売日 毎月1,15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。