CasaBRUTUS(カーサブルータス) 定期購読・最新号・バックナンバー

CasaBRUTUS(カーサブルータス)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

CasaBRUTUS(カーサブルータス)雑誌の詳細です。


CasaBRUTUS(カーサブルータス)の公式サイトへ
本・雑誌 CasaBRUTUS(カーサブルータス)
本・雑誌内容 CasaBRUTUS(カーサブルータス)は建築を中心にデザインやインテリア、アート・ファッション・アート・旅・などのテーマで好奇心旺盛な方のための紙面を展開。毎号、独創性あふれる建築物を初心者でも楽しめるよう美しいグラフィックと共に紹介しています。アートとして建築を楽しみたい方から、新築を考えている人まで楽しめます。年間予約購読にはオマケを付けちゃいます。海外取材のおみやげプレゼントや、カーサ主催の建築見学ツアー募集なども準備しています。2010年以降、嵐の櫻井翔による「櫻井翔のケンチクを学ぶ旅」特集が掲載中。
本・雑誌内容詳細 BANKSY
バンクシーとは誰か?
あの事件の真相から作品解説まで、バンクシーのことがよくわかる本。

2018年10月、バンクシーの代表作《風船と少女》が
オークションで落札された瞬間にシュレッダーで断裁される事件が発生。
2019年1月、小池百合子都知事がバンクシーらしき作品を「カワイイねずみ」とツイート。
これらによりバンクシーという名前が日本中に知れ渡ることとなりました。
さらに、2020年は横浜、東京、大阪と3か所で展覧会が開催されることも決定。
そこで、この特集では現在進行形の謎に包まれた覆面アーティストを追いかけます。
ブリストル、ロンドン、パレスチナ、そして、東京。
その足跡からは今という時代とアートのあり方が見えてくるのです。

【ポイント】
バンクシーという名が日本で広く知れ渡ったきっかけは、サザビーズ・オークションでのシュレッダー事件。
落札と同時に作品が裁断される様子は世界中で報道されましたが、この事件の真相に迫ります。

バンクシーという名を日本に知らしめたキーパーソンの一人は小池百合子都知事。
港区の日の出埠頭の防潮扉に描かれた作品を「カワイイねずみ」とツイートした、その真意を小池都知事に独占インタビュー。

バンクシーにとってパレスチナでの活動はライフワークといって良いものです。
2017年にはイスラエルが建てた分離壁の目の前に、世界一眺めの悪いホテル〈ザ・ウォールド・オフ・ホテル〉を開業。
今、世界で最もバンクシー作品を体感できる施設を徹底取材しました。

バンクシー主要作品を約100点にわたり図解。
描かれると同時に消されたり、落書きされたり、
あるいは競売のために撤去されたりしてしまう運命を辿ることが多いバンクシー作品。
この特集では数多くの名作を美しい写真とともに解説します。

【特集内容】
●バンクシー事件簿。
 サザビーズ・オークション、シュレッダー事件の真相とは?
 小池百合子さん、なぜ「カワイイねずみ」を保護したのですか?
 低価格の公式ショップが突如開店の謎!?
 バンクシー作品の落札最高価格は!?
●清永浩文さん、なぜ、バンクシー作品を集めるのですか。
●バンクシーとは誰か。
 語録集/ペストコントロールって何?/年表/美術史における立ち位置/証言集
●バンクシーがパレスチナに建てた、"世界一眺めの悪いホテル"へ。
●バンクシー作品を探せ!
 ブリストル/ロンドン/東京/大阪/ベツレヘム
●バンクシーの作風を知っていますか。
 グラフィティ、展覧会、作品集まで、主要作品を徹底解説

ホンマタカシ TOKYO NEW SCAPES
祐真朋樹 Miracle Closet
櫻井翔 ケンチクを学ぶ旅
古今東西 かしゆか商店
長山智美 デザイン狩人
小寺慶子 レストラン予報
ほしよりこ カーサの猫村さん
ソニア パーク 守りたいもの、伝えたいもの
Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車
プロダクトNo 1217008
出版社 マガジンハウス
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。