小説新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

小説新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

小説新潮雑誌の詳細です。


小説新潮の公式サイトへ
本・雑誌 小説新潮
本・雑誌内容 常に第一線作家の活躍の場として、ベストセラーを生み出してきた雑誌。文芸賞の発表の舞台としても注目です。
本・雑誌内容詳細 【春の歴史時代小説特集】

〈新連載〉
◇宮城谷昌光/公孫龍
栄華を誇った周王朝末期。
王子稜はある密命を帯び、
生まれ育った都を後にする
戦乱の世を駆け抜けた英傑を描く大河小説、
ついに開幕

〈新連載〉
◇梶よう子/東都の藍
武家に生まれながら、町絵師として一世を風靡した歌川広重。
遺された浮世絵の陰に隠れ、これまで語られて来なかった男の素顔とは


◆今村翔吾/八本目の槍 七本槍 槍を捜す市松
佐吉との最後の対面で市松は――圧巻のシリーズ完結!

◆植松三十里/船釘
箱館を奪還せよ。幼馴染みの船鍛冶と侍は決死の行動にでる

◆木下昌輝/戀童れんどう夢幻 業の章 中編
籠城戦の最中生じた疑念。梅若大夫は念友を信じ切れるか

◆志川節子/芽吹長屋仕合せ帖 旅立ちの日
おえんは、生きている友松と会うことが叶わない現実に

◆三好昌子/百鬼遊行絵巻 嵐の段
義政の命で、当たると評判の占者を光信が訪ねると――

◆矢野 隆/耕書堂モンパルナス 其ノ伍 十郎兵衛が壊れる
能でも絵でも、ダメ出しをされ十郎兵衛は黙り込むばかり

◆諸田玲子/別れの季節 お鳥見女房ふたたび
源太夫一家が小田原に戻ることに。だが次男の源次郎は…

------------------------------------------------------------

【陽春特別企画】
◆安田理央/コンビニ&スーパーで楽しむ
「千円ポッキリ飲み」のススメ 花見酒スペシャル
酒とつまみ、合わせて千円。
限られた予算で最高のパフォーマンスを! 
呑兵衛たちのプライドを賭けた飲み会が今、始まる

【シリーズ「まなつ」最新作】
◆重松 清/十一番目の色
タッくんのお迎えのため、定時でひきあげたいのだが――

【「しゃばけ」シリーズ】
◆畠中 恵/てんげんつう
昨日も明日も人の心も自在に見通す男。その男の願いとは

【小説新潮作家名鑑】
◆木下昌輝
大興奮! 満面の笑みも飛び出した、講談観劇のある一日

【バラエティコラム】
〈あのとき聞いた音楽〉黒田 有
〈マイルーティーン〉十日草輔
〈わたしの愛用品〉姫野 桂

【連載エッセイ・インタビュー】
◆阿刀田高/谷崎潤一郎を知っていますか
◆岩井勇気/僕の人生には事件が起きない
◆川上和人/オニソロジスト嘘つかない
◆酒井順子/処女の道程
◆佐藤 優/村上春樹『騎士団長殺し』を読む
◆中野信子/孤独な脳、馬鹿になれない私
◆中野 翠/コラムニストになりたかった
◆ペリー荻野/テレビの荒野を歩いた人たち 小林信彦の巻 後編
プロダクトNo 1215
出版社 新潮社
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。