小説新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

小説新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

小説新潮雑誌の詳細です。


小説新潮の公式サイトへ
本・雑誌 小説新潮
本・雑誌内容 常に第一線作家の活躍の場として、ベストセラーを生み出してきた雑誌。文芸賞の発表の舞台としても注目です。
本・雑誌内容詳細 【厳冬大特集 ホラー&ミステリー】

〈新連載〉
◆奥泉 光/死神の棋譜
――それは東日本を震災が襲った年、羽生と森内の対局の日。
矢文に結ばれた棋譜からすべてが始まった……

◆宮部みゆき/Ghost Story 第3回
――沼の畔の洋館には、やはり戦慄すべき過去があった――。
当代一の怪談作家が初めて挑む「幽霊屋敷もの」、
容赦のない目眩と寒気が襲い来る

◆飴村 行/荊冠 マアメイド
――ギヤマンに出入りする宇仁。
昔、東南アジアで傭兵をしていたらしい

◆大山誠一郎/伯母の暗号
――伯母の遺言状に記された不可解な暗号。
誰に、何を伝えているのか

◆白河三兎/蜘蛛の糸
――投稿サイトに書かれた青年からのSOS。
犯人との心理戦の勝者は?

◆長岡弘樹/蜂蜜の背信
――これは妹と夫への仕返し。
この不義だけはばれてはいけない、絶対に

◆長崎尚志/監視
――横浜駅でビラ配りをする定年退職後の男。
そこに一人の影が忍び寄り

◆真梨幸子/初恋の人、探します
――ミツコ調査事務所に面倒な依頼が。
新人の吉野美和が担当することに

◆結城真一郎/惨者面談
――第五回「新潮ミステリー大賞」受賞者があぶり出す、
ある家庭の狂気

【厳冬大特集 ホラー&ミステリー】
【特別企画】
◆長江俊和/「禁止」の世界
――目を奪われる謎、意外な真実。
熱狂的支持を集める世界はこうしてできている
〈インタビュー〉「禁止」の誕生
〈作品解説〉持ち出し厳禁 「放送禁止」の全て
〈対談〉封印された対談 長江俊和×辻村深月

【集中連載第二回】
◆重松 清/十一番目の色 中編 シリーズまなつ
――修平はタッくんにまなつの「とくちょう」について話す――

【短編小説傑作選】
◆今村翔吾/八本目の槍 五本槍 蟻の中の孫六
――運命づけられている己の人生。孫六は抗おうとするが

◆一木けい/愛で放す 前編
――父の訃報がもたらしたのは、諦め続けた日々の記憶だった

◆西條奈加/関を越える者 せき越こえぬ 最終話
――箱根で関番を務める武一への親友の頼みとは、関所破り?

◆松尾 潔/渋谷川
――懐かしい場所での思い出に、寛人は胸をざわつかせ……

◆畠中 恵/たたりづき しゃばけ
――長崎屋に現れた妖狐。中屋に縁のある御坊を祟ったというが

【連載第二回】
◆阿刀田高/谷崎潤一郎を知っていますか
◆彩瀬まる/サーカスの日

【バラエティコラム】
〈もういちど会いたい〉黒澤直哉
〈思い出の手料理〉鈴木涼美
わたしの愛用品〉戸部田誠(てれびのスキマ)

【小説新潮作家名鑑】
◆長崎尚志
――数多の作品を生み出す博覧強記な作家の知られざる日常

◆本の森――新刊文芸書から、選りすぐりを紹介
〈仕事・人生〉吉田大助
〈医療・介護〉杉江松恋
〈ホラー・ミステリ〉村上貴史
プロダクトNo 1215
出版社 新潮社
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。