医学のあゆみ 定期購読・最新号・バックナンバー

医学のあゆみの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

医学のあゆみ雑誌の詳細です。


医学のあゆみの公式サイトへ
本・雑誌 医学のあゆみ
本・雑誌内容 医学に関する最新情報を基礎・臨床の両面から総合的に幅広い視点で紹介する医学総合雑誌のパイオニア。本邦最大の情報量を誇り、医学専門誌としては国内唯一の週刊誌。常に時代を先取りした話題を提供し、他の医学関係マスコミにとっての一次情報源ともなっています。常にわが国の第一線臨床医・研究者による企画・執筆で編集。
本・雑誌内容詳細  はじめに 吉村健一・手良向 聡
臨床試験の方法
 臨床試験デザインの基礎 柴田大朗
 臨床試験のエンドポイントの設定-適切なエンドポイントに求められる性質 上村鋼平
 ランダム化と解析対象集団 下川元継
 研究設計に役立つ検定と信頼区間の基本知識-α,β,期待する群間差,優越性/非劣性試験,サンプルサイズ設計 阿部貴行
 臨床試験における多重性の問題 吉村健一
 これだけは知っておきたい臨床試験における中間解析の基礎 小山暢之
 サブグループ解析とその限界 吉村健一
 生存時間データの統計解析 平川晃弘
 メタ解析の基礎と結果を解釈する際の留意点 大庭幸治
観察研究の方法
 観察研究(コホート研究タイプ)の基礎と応用 山本精一郎・溝田友里
 観察分析疫学におけるバイアス 鈴木貞夫
 観察研究の報告において大事なこと-STROBE声明より 嘉田晃子
 リアルワールドデータを利活用した臨床試験のデザインと統計的留意事項 上村夕香理
方法論の近年の発展
 ベイズ流統計学の臨床試験への応用 手良向 聡
 バスケット試験,アンブレラ試験,プラットフォーム試験-実例を交えて 山本英晴
 アダプティブデザインの基礎-実例とともに 長島健悟・佐藤泰憲
 抗悪性腫瘍薬の用量探索試験のためのベイズ流適応的デザイン-3+3デザインからの脱却 大門貴志
 PRO/QOLを用いた臨床試験のデザインおよび統計解析-SISAQOLプロジェクトより 水澤純基
 ログランク検定・Cox比例ハザードモデルに代わる手法を用いるランダム化比較試験の計画と解析 野村尚吾
 臨床研究におけるエスティマンド 篠崎智大・菅波秀規
 複数の主要評価変数を用いる臨床試験の実際 寒水孝司・濱﨑俊光
 臨床試験における多重性の調整 吉村健一
 後治療の解析-RPSFTM 山口拓洋
 操作変数法 田栗正隆
 臨床試験に基づく費用対効果評価 河田祐一・荒西利彦
 治療経過に応じて決まる治療方針の因果効果 篠崎智大
バイオマーカー解析
 バイオマーカーを用いた検証的臨床試験のデザイン 松井茂之
 がんゲノムデータの探索とバリデーション 口羽 文
 臨床試験における分子診断シグナチャーの開発と検証 松井茂之
 予測/診断アルゴリズムの性能評価に関する統計学的論点-Framingham Risk Scoreから人工知能技術を利用した診断支援まで 田中司朗
質の担保と有用なガイドライン
 臨床試験におけるQuality Management 山口拓洋
 ランダム化比較試験の報告の質を担保するためのCONSORTガイドライン 川野伶緒・吉村健一
 ランダム化比較試験の報告の質を担保するためのCONSORTガイドライン 下川敏雄
 国際共同治験におけるガイドライン-考慮すべき4つのポイント 青木 岳・吉村健一
 EMAによるサブグループ解析ガイドライン 吉村健一
臨床家と試験統計家のよりよい協同に向けて
 臨床研究デザイン・医療統計学のセンスとスキルをもった臨床医の育成 森本 剛
 生物統計家育成事業-東京大学大学院での取り組み 松山 裕
 日本計量生物学会・試験統計家認定制度 手良向 聡

 次号の特集予告

 サイドメモ
  検定統計量とαとβ
  サンプルサイズの設定(1)
  サンプルサイズの設定(2)
  棄却限界値
  情報分数
  医薬品規制調和国際会議(ICH)
  制限付平均生存時間(RMST)
  バイアスのリスク(risk of bias)
  文献ベースのメタ解析と個票ベースのメタ解析
  ネット検索でヒットするさまざまな“バイアス”
  交絡と交互作用
  EQUATOR network
  STRATOS initiative
  Immortal time bias
  ベイズ流共役解析
  抗悪性腫瘍薬の用量探索試験の対象集団
  用量探索試験の計画時の論点
  患者報告型アウトカム(PRO)と健康関連QOL(HRQOL)
  欠測メカニズム
  エスティマンド設定のための中間事象に対する5つのストラテジー
  主要層における効果
  質調整生存年(QALY)
  集団全員でのY(1,1-L)の分布
  IPW法による効果推定
  Deep learningと医療機器カテゴリー
  リスクの値が臨床で用いられるケース
  FDAが性能変化を扱ったケース
  シミュレーションに基づく症例数計算とは?
プロダクトNo 116
出版社 医歯薬出版
発売日 毎週土曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。