週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊新潮雑誌の詳細です。


週刊新潮の公式サイトへ
本・雑誌 週刊新潮
本・雑誌内容 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
「小泉進次郎」と「滝川クリステル」10の謎
▼度肝を抜いた「官邸で発表」戦略の舞台裏
▼人目を忍びどこでどうやって「でき婚」?
▼「離婚の母」は結婚式に出られるのか
▼人気キャスターを待ち受ける「小泉家の女帝」
▼「純一郎」から無税でいくら贈与された?
▼パパに背中を押され「反原発」に舵を切るか
▼「宝塚女優」と過ごしたワシントンの一夜
▼「滝クリ」は「小澤征悦」となぜ破局したか
▼ご懐妊でCM中止を招いた「滝川家」の哲学
▼「進次郎」は本当に「総理の器」か

【特集】
満身創痍! 「美智子上皇后」乳がんに
「小室圭さん」というストレス

【特集】
8・15「光復節」現地ルポ
「反日」と「反大統領」に分断された
韓国の断末魔

【特集】
戦慄事件の二の舞を避ける方法とは!?
「あおり運転」
ボコボコにされた被害者の教訓   

【特集】
女子大生の人生は壊されかけた!
愛媛「誤認逮捕」で分かった
「警察・検察」の呆れた劣化

【特別読物】
あなたも加害者と紙一重という「教育虐待」
教育ジャーナリスト おおたとしまさ

【短期集中連載 第3回】
高齢者が熱くなる
「シニア婚活」格付けチェック
ノンフィクション・ライター 橘 由歩 

【ワイド】「テーマは人間」の自由研究
(1)マネージャーが逃げ出す
「友近」パワハラ疑惑に吉本の当惑
(2)「渋野日向子vs.ペ・ソンウ」
ゴルフの日韓対決は微笑ましい
(3)「清原和博」と「元妻」が
ジムでニアミスを繰り返す理由
(4)「福沢諭吉」が飛び交う拝金
「ミス慶應」にあのプロデューサー
(5)御巣鷹山の折も折!飲酒パイロットが
後を絶たない「JALの文化」
(6)東京五輪だけではない
女子柔道「朝比奈沙羅」の「二刀流」
(7)「幸手市長」が不当逮捕という
「バーのママ暴行事件」裏の裏
(8)一流芸能人「GACKT」の
一流とは言えないビジネス本
(9)どうしても「こんまり」が
捨てられない事業拡大路線

【特集】
放送開始から40年!
「武田鉄矢」が語り尽くす
『3年B組金八先生』秘話
▼オンエア後に
世間が手の平返し「十五歳の母」
▼「たのきん」名演技の報酬は「ビニ本」
▼手に負えない中学生「三原順子」の迫力

【特集】
「山口組」兄弟分が明かす
「それからの『やすし』」

【特集】
「今が一番楽しい!」
世界最長寿「田中カ子さん」の
めでたい「116歳ライフ」
▼45歳で「すい臓がん」
103歳で「大腸がん」克服のカギ
▼三食ぺろり
「百寿者の食卓」に上がる好物とは
▼東大卒の若者に完勝する
「オセロ名人」の脳トレ
▼「あと5年は生きたい」
メモ魔の日記公開
プロダクトNo 1138
出版社 新潮社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。