WWDジャパン 定期購読・最新号・バックナンバー

WWDジャパンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWDジャパン雑誌の詳細です。


WWDジャパンの公式サイトへ
本・雑誌 WWDジャパン
本・雑誌内容 コレクション情報をはじめ、各シーズン毎のファッション、ビューティ、ジュエリー、ビジネス、芸能などのニュースを総まとめ!“ファッションの今”がわかりやすく詰まっています。普段WWD JAPAN.comをチェックしているけれど情報量に物足りなさを感じている、ファッションやビューティのビジネスをより深く知りたいけれどどうしたら良いか分からない、「WWDジャパン」は市場の動きを踏まえた分析で業界の動向を掘り下げ、皆さんのそうした悩みを解決します。経営者やデザイナーの生の声など紙面でしか読むことのできないコンテンツも盛りたくさん。
本・雑誌内容詳細  2月11日号の「WWDジャパン」は、2019-20年秋冬メンズ・コレクションのリポート第2弾です。今回は「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ディオール(DIOR)」「セリーヌ(CELINE)」など、LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY- LOUIS VUITTON以下、LVMH)傘下の7ブランドに注目しました。それぞれの最新コレクションを通じて、同グループがパリメンズで存在感を見せつけた背景に迫ります。
 今シーズンも話題を集めたのは、ストリートウエアを得意とするヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の「ルイ・ヴィトン」、フォーマルへの造詣も深いキム・ジョーンズ(Kim Jones)の「ディオール」。両ブランドをカジュアルとフォーマルの双璧とし、モードの「セリーヌ」、王道エレガンスの「ジバンシィ(GIVENCHY)」と「ベルルッティ(BERLUTI)」、カジュアルの「ロエベ(LOEWE)」と「ケンゾー(KENZO)」など、実はバランスよく配置されたLVMHの巧みな人選について、コレクションの解説と共に紹介します。
 1月にパリで開催された19年春夏オートクチュール・コレクションのレポートも掲載。雪が降り積もったパリを真紅に染めたドレスに注目し、「ディオール」「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ(GIORGIO ARMANI PRIVE)」「ヴァレンティノ オート クチュール(VALENTINO HAUTE COUTURE)」「ジバンシィ オート クチュール(GIVENCHY HAUTE COUTURE)」などがそれぞれの赤に込めた美しさをひもときます。18世紀のヴィラを再現した会場の「シャネル(CHANEL)」や16年ぶりにオートクチュールを復活させた「バルマン(BALMAIN)」も必見。
 ニュース面では、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOが迎えている試練についておさらいします。プライベートブランド事業で19年3月期で120億円の赤字を計上し、18年末に開始した“ZOZOARIGATOメンバーシップ”への反発でテナントの離脱が相次ぐなど、前澤友作ZOZO社長の数々の誤算を解説しています。リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)率いる新生「バーバリー(BURBERRY)」の出店やセレクトへの卸強化についてマルコ・ゴベッティ(Marco Gobbetti)最高経営責任者(CEO)に聞いた他、「アンドワンダー(AND WANDER)」をグループ化したアングローバルの成長戦略や、パリコレに公式スケジュールで参加する「シクラス(CYCLAS)」の記事なども掲載。
 人気の連載や企画も充実。ミステリーショッパーが行く!では、羽田空港第一旅客ターミナル5階に昨年12月にオープンした「ザ ハネダ ハウス(THE HANEDA HOUSE)」を覆面調査。カジュアルからスーツ、レストランまで、14店舗が出店する注目施設を辛口で切ります。本明秀文アトモス(ATOMOS)社長のスニーカー連載は「女心」、という意味深タイトルが興味をそそります。巻末のファッション パトロールでは、海外メンズ・コレクションで見つけた個性派モンスターたちを、某番組風のフリースタイルでバトルさせました。
プロダクトNo 1135
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。