WWDジャパン 定期購読・最新号・バックナンバー

WWDジャパンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWDジャパン雑誌の詳細です。


WWDジャパンの公式サイトへ
本・雑誌 WWDジャパン
本・雑誌内容 ニュース面WWDジャパンの強みは、速報性と徹底取材にあります。その日入ってきたスクープはWebですぐに報道。紙面ではそのニュースが起きた理由や業界への影響など裏側まで取材し、独自の調査やデータ分析に基づき、正確な情報をわかりやすくお届けします。さらに、日本だけでなく世界に広がる取材ネットワークを強みに、国内外の”いま知っておくべき”ニュースを独自に解説。日々新しいモノやコトが生まれる現代だからこそ、Webの検索ではたどり着くことのできない「ニュースの先」を追いかけ、お伝えします。※月刊誌「WWDビューティ」毎月第4月曜発行/年間12回お届け
本・雑誌内容詳細  「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。そうしたZ世代、ミレニアル世代に後押しされ、現在はオークションサイトやフリマアプリのほか、運営会社が中古品の状態や真贋を確認した上で販売するECなどさまざま業態があり、リセール(2次流通市場)は急成長しています。今回は、循環型経済の推進にはリセールでの売買を楽しんでもらうことが重要との考えから、ラッピングなどにも工夫を凝らして人気ECとなった「スレッドアップ」でのお買い物物体験リポや、米大手コンサルティング会社による市場分析などを通じて、“米リセールの最前線”を紹介しています。

 そうした部分がリセールの「表側」だとすれば、それを支える縁の下、つまり「裏側」も存在します。古着店にある“古着”はどこから来ているのか、疑問に思ったことはありませんか?日本国内の仕入先、いわば“川上”を記者が実際に訪れ、私たちがなかなか目にすることのない古着の選別工場などを取材した記事は必読です。

 ほかにも、ブランド品のリユース事業を展開するコメ兵についてもリポート。連載のファッションパトロールでは、干支にちなんだ虎グッズを集めてみました。
プロダクトNo 1135
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。