月刊サッカーマガジン 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊サッカーマガジンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊サッカーマガジン雑誌の詳細です。


月刊サッカーマガジンの公式サイトへ
本・雑誌 月刊サッカーマガジン
本・雑誌内容 1966年6月1日、ワールドカップ・イングランド大会の開幕直前に創刊。世界の動向を追い、日本の状況もしっかり伝え、半世紀――。隔週刊、月刊、再び隔週刊、そして週刊と、その時々のニーズに合わせ、発行形態を変えながら、2013年11月からはサッカーマガジンZONEと誌名を変え、サッカーを取り巻く人や物、文化面にフォーカスした内容に刷新し、発行。そして、ふたたび、サッカーそのものを取り上げる月刊誌として日本サッカー発展のために、サッカーファンのために、常に読者に新鮮な驚きと喜び、斬新な視点を提供するため、2016年7月再スタート。
本・雑誌内容詳細 [特別付録]高校選手権大会ガイド

【特集】2018年の18人[シーズン総決算]

■日本代表&ACL初制覇
森保 一(1人目:日本代表監督)
INTERVIEW◎『アジアカップを持ち帰る』

2019アジアカップ展望

昌子 源(2人目:鹿島&日本代表)
CLOSE UP◎『差は何倍もあった』

安部裕葵(3人目:鹿島)
INTERVIEW◎『鹿島の強さが分かってきた』

■J1連覇
家永昭博(4人目:川崎F)
CLOSE UP◎『大事なのは結果』

中村憲剛(5人目:川崎F)
CLOSE UP◎『J1王者のマスター』

守田英正(6人目:川崎F)
CLOSE UP◎『変わらぬ謙虚な挑戦者』

■天皇杯制覇
武藤雄樹(7人目:浦和)
INTERVIEW◎『足が壊れてもよかった』

■ルヴァンカップ優勝
山根視来(8人目:湘南)
INTERVIEW◎『優勝経験が残留争いで生きた』

■J1・躍進&残留
宮澤裕樹(9人目:札幌)
INTERVIEW◎『自信を持つ大切さを知った』

連載『フットボール新論』
名波 浩(10人目:磐田監督)
『辞任しなかった理由を話そう』

■昇格スペシャルⅠ:J2→J1
――松本山雅FC
藤田息吹(11人目:松本)×石原崇兆(12人目:松本)
CROSS TALK◎『全員に覚悟があった』

前田大然(13人目:松本)
INTERVIEW◎『スピードでは負けない』

J2月報『松本・J2優勝&J1昇格リポート』

――大分トリニータ
馬場賢治(14人目:大分)×藤本憲明(15人目:大分)
CROSS TALK◎『J1でも面白い存在になる』

三平和司(16人目:大分)
『爆笑チームメイト&監督紹介』

J2月報『大分・J1昇格リポート』

■昇格スペシャルⅡ:J3→J2
――FC琉球
朴 一圭(17人目:琉球)
INTERVIEW◎『琉球で成長できた』

――鹿児島ユナイテッドFC
赤尾 公(18人目:鹿児島)
INTERVIEW◎『鹿児島への思いは強い』

J3月報『琉球&鹿児島・J2昇格リポート』

■J1&U-19代表
菅原由勢(18+α:名古屋&U-19代表)
INTERVIEW◎『自覚と責任感が生まれた』

【連載】
小野伸二(札幌)→竹内 涼(清水)
『Jリーガー・メイクス・Jリーガー』
『球蹴りの間に間に』◎阿刀田 寛
平畠啓史
『平ちゃんアウォーズ・J1&J2ベスト11』
『サッカー100年』◎賀川 浩
『ニッポン蹴球道標』◎武智幸徳
『英国舌戦月誌』◎山中 忍
『ドイツ視点で見てみれば』◎ミウラユウスケ
『探訪!未来のサムライ』◎川端暁彦
『日々是なでしこ』◎日々野真理
『世界遺産~マンチェスター・U』◎北條 聡
『J前夜を歩く~JSL時代』◎国吉好弘
『続・サッカーの素』

【レギュラー&その他】
WCCF協力企画◎『13種類のモドリッチ』
J1月報『柏&長崎・J2降格リポート』
大学支局『筑波大のJ内定コンビ』
ユース支局『鹿島ユースの牽引車』
INFORMATION
次号予告&編集後記
プロダクトNo 1124
出版社 ベースボール・マガジン社
発売日 毎月24日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。