ZAITEN(ザイテン) 定期購読・最新号・バックナンバー

ZAITEN(ザイテン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ZAITEN(ザイテン)雑誌の詳細です。


ZAITEN(ザイテン)の公式サイトへ
本・雑誌 ZAITEN(ザイテン)
本・雑誌内容 企業で今、何が起きているのか。永田町や霞が関で何が進行しているのか。 『ZAITEN』は、誰もが感じる「素朴な疑問」や「怒り」を大切に経済社会の出来事を追いかけています。 株式、不動産、金融をはじめ企業活動の不可解な動きや情報を提供することに定評を得ています。 読者層は情報重視型の銀行・証券・商社などのビジネスマンを中心に、中小企業経営者やマスコミ関係者まで幅広く読 まれています。また、生活者の視点を忘れないとの姿勢から大学生や主婦などの 読者が多いのも特色となっています。
本・雑誌内容詳細 【特集】

みずほ「泥船沈没」の壮絶現場

◆みずほ行員「自宅待機5年」退職強要の戦慄
――興銀出身常務への“お願いメール”送信で……

◆システム障害の陰で「佐藤会長vs.坂井社長」の醜悪内紛
――システム障害は“国際問題”に発展する

◆中堅・若手にパワハラ茶飯事「ブラック職場」極まれり
――「1万9000人リストラ」のストレスが全社を覆う


【組織・個人の内幕に迫るレポート「ZAITEN REPORT」】

■ブリヂストン「大リストラ」と「製造不正」疑惑
――石橋秀一CEOは“パワハラ大魔王”改め“首切り大魔王”に

■カシオ「パワハラ社長」で潰える同族支配
――創業4兄弟を継ぐ「第2世代」の無能と暴走

連載《新・あの人の自宅》
●カシオ・樫尾和宏社長CEOのご自宅拝見!

■武田薬品が恐れる「抗がん剤リュープリン欠品」患者訴訟

■関電工「部下の在宅勤務を拒むパワハラ役員」内部告発
――本誌“情報募集”で明らかになった東京電力関連会社の異様職場

■経産省も見捨てた「東芝・車谷社長」辞任へのカウントダウン

■作家・楡周平が語る「東芝粉飾事件の根本原因」

■総務省接待汚職に「旧郵政官僚」の内ゲバ

■“無二のスガ友”ぐるなび滝久雄会長「文化功労者」の晩節

■TOB価格算定会社「第三者性」に疑義あり!

連載《職場ウォッチング》
■東北新社
――トップダウンに疲弊する残業が多い“菅義偉銘柄”の職場

■連載《池本孝慈の「超広告批評」》
サイボウズ 〈みんなが取締役〉と嘯く「やりがい搾取」広告 


【情報コラム「ZAITEN SIGHT」①】
●ソフトバンク「佐護副社長」退任の社内事情
●北尾SBI「新生銀行首脳交代」を狙う委任状争奪戦へ
●参与職をポイ捨てした「水野弘道」に経産省の恨み節


【深層を抉るレポート「scopeZ」】

■菅義偉スキャンダル続発の陰に「北村滋」黒幕説
――次々と放たれる“文春砲”の背後に……

■菅首相の「虚像作り」に手を貸すマスコミ報道の罪

■文科省「学長任免」で目論む国立大支配

■厚労省から届いた「あきれた失業保険返金通知書」

■“銭ゲバ”オーナー収監で放置される廃墟「銀座丸源ビル」

■文在寅政権を追い込む「韓国家計破綻」

【ZAITEN裏ブックレビュー】
■書店に並ばなかった「幻のバブル本」

■連載《捜査当局こぼれ話》東京地検・検察審査会・警視庁

■袋とじ連載《シルエットスキャンダル》影絵で醜聞を紹介
――通信大手「女性社員の胸を触るセクハラ幹部」

■袋とじ連載《今月の怪文書》
――開発構想の進捗を捏造する東証1部上場企業

【情報コラム「ZAITEN SIGHT」②】
●自民党「厚労族長老議員たち」メンツの戦い
●防衛省の「馬毛島」取得を悩ます“地主兄妹”骨肉の争い


【ゴルフ・スポーツ】
■連載《タケ小山の「ゴルフ言いたい放題」》
――JLPGAが目論む「放映権」奪取への第一歩

連載《月刊ゴルフ場批評》
■千葉カントリークラブ川間コース(千葉県)
――人間がダメになる“大衆向け名門コース”

■連載《マエシンのゴルフ場「あれこれ」》
――心温まるサービスに触れた「静岡3ラウンド」

■連載《玉木正之の「今月のスポーツ批評」》
――日本のメディアはオリンピックはもちろん、
プロ野球や高校野球からも手を引け!


【「企業倫理」を問う】

連載《新クレーマーズ・レポート》
■KDDI 料金センターからかかってくる「死亡者」宛て請求電話

■大幸薬品「クレベリン」ロンダリング広告の確信犯
――ただの“雑貨”を“コロナの救世主”に偽装する

■東京電力「請求書を勝手にウェブ移行」で顧客大混乱

■ライフ「年寄りが使えない」セルフレジ

■RIZAP「怪しい健康食品」そっくりの“老人キャッチ広告”

■日清紡が「動物虐待CM」を止めた理由


【ZAITENの人気連載】

■巻頭人気連載「澤井健のZAITEN戯画」
――菅内閣のコロナ禍版「ニッポン無責任時代」

■古谷経衡の憂国コラム「ダマすワル、ダマされるアホ」
――森喜朗のハラスメント発言を擁護するアホ

■哲学者・適菜収の「個人tekina 体験」
――「身を切る改革」を謳うなら維新はさっさと解散しろ!

■更科修一郎の「時代観察者の逆張り思考」
――「エヴァ」という長すぎた箱庭

■岡田憲治教授の「所詮、政治はゼニとカネ」
――総務省幹部の汚職疑惑は「許認可政治」の当然の帰結

■外国人特派員連続インタビュー
――《フリージャーナリスト》トゥフオン・ハ

■上杉隆の「予定“不”調和ニュース」
――フクシマ原発事故10年の“自己検証”

■政治家秘書の「永田町ヒショヒショ話」
・この春、勝負師「菅義偉」劇場の幕が上がる
・菅義偉“別の息子”の怪情報

■著者インタビュー
――松竹伸幸『日米地位協定の真実』

■ルーペ要らずの虫めがね
――バンカーから見事カップインも「本人転倒」の某社役員
プロダクトNo 1030
出版社 財界展望新社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。