子供の科学 定期購読・最新号・バックナンバー

子供の科学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

子供の科学雑誌の詳細です。


子供の科学の公式サイトへ
本・雑誌 子供の科学
本・雑誌内容 小学校高学年・中学生向けの科学雑誌。1924年創刊。戦中、戦後、また大正、昭和、平成にわたって、「これから」を担う若い世代に“科学の入口”を提供。身近な現象から最先端の研究成果まで自然科学のさまざまな事柄についてのやさしい解説のほか、手軽に科学の面白さや物作りの楽しさを体感できる実験・工作の記事を満載。読んで理解し、また材料を揃え実験して変化を目の当たりにし、部品を集めて組み立てながらメカの動きや素材の感触を体で覚える中で、論理的・実証的に物事に取り組む力を養うことができる。
本・雑誌内容詳細 ★特集 壊れたお宝復活の舞台裏に迫る! ハイテク修復
絵画、彫刻、工芸品など、古来、人類は多くの文化財を創造してきました。
こうした貴重な文化財を後世に残すため、博物館や美術館では最新の科学技術を取り入れた文化財の修復が行われているといいます。
そこで、文化財の修復に詳しい東京藝術大学大学院教授の桐野文良先生にお話を伺いました。

●別冊付録 ビーカーくんの理科室ともだち大集合ポスター
大人気連載中「ビーカーくんがゆく」に登場する数々の実験器具キャラクターの中から、小中学校の理科室にいるなかまたちが一挙登場。
実験がますます楽しくなるポスターです。

●カガク的推理で謎を解く!信号機のミステリー
交差点や横断歩道でみんなの安全を守っている交通信号機。
とっても身近なものだけど、そのしくみやテクノロジーは知らないことだらけかも!?
信号機のまわりで起こる不思議なミステリー、その謎を解き明かしていこう!

●メイカーフェア2017レポート
電子工作やものづくりの好きな人が集まる大型イベント「メイカーフェア」が今年も開催!
今回の目玉は、新らしいプログラミングツールの「マイクロビット」。
開発者ザック・シェルビーさんの記念講演も行われた。
他にもユニークな作品がいっぱいで、熱気に包まれていたゾ。

●自分の体の一部のように動く! 繊維学部が開発した「着る」ロボット
人の体の動きをサポートするロボットは、すでに病院などで使われ始めています。
それらは体の外側から取り付ける、いかにも「メカ」っぽいもの。
ロボットだからメカっぽいのは当たり前のような気もしますが、今月の達人がつくっているのは「着る」タイプのロボット。
いったいどんなしくみになっているのでしょう?

●MESHでつくるプログラミングカー
●探検昆虫学者の西田賢司先生登場!
プロダクトNo 886
出版社 誠文堂新光社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。