国際商業 定期購読・最新号・バックナンバー

国際商業の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

国際商業雑誌の詳細です。


国際商業の公式サイトへ
本・雑誌 国際商業
本・雑誌内容 消費の個性化、多様化、高度化が急速に進み、化粧品、トイレタリーなどの産業に対して消費者は様々なニーズの具体的な働きかけを求めている環境の中、国民生活に直結する製品を供給する化粧品、トイレタリー等当該産業は生活文化創造の担い手としての役割と責任が大きくクローズアップされてきております。「国際商業」は化粧品・トイレタリー業界内部の問題にこだわることなく、広く経営問題やマーケティング、業界の流通問題に視野を向けた編集内容で最新の情報をお届けします。
本・雑誌内容詳細 11/6発売

[特集]
機能性が認知され俄然火が付くスキンケア市場争奪戦
「確かな効果」の市場が開きしのぎを削る高レベルの商品開発
●シワ改善
第2ステージに突入したポーラ、資生堂の新客獲得競争
●美白ケア
ブルーオーシャンを引き寄せる高機能と独自性の打ち出し
●敏感肌
コモディティ化を防ぐポジティブ提案に知恵を絞る
●アクネケア
ニキビケア特化アイテムに代わる新需要創出に動く

特別インタビュー
●岡田尚樹(クラシエホームプロダクツ社長)
四つの戦略を推進しグッドカンパニーへの道を開く
●周 昭呈(森田薬粧中国支社董事長)
中国本土で地に足がついたマーケティングを展開する
●岩永利文(DECENCIA社長)
技術、ブランド価値、組織力を組み合わせ安定成長への礎を築く

マーケティング
●資生堂 ビューティークリエイションセンター
ヘアメイクアップアーティストの軌跡
─資生堂ビューティーの創造と発信で世界中のお客さまを幸せにする─
対談 岡元美也子(資生堂トップヘアメイクアップアーティスト)×原田忠(同)
資生堂スピリットと伝統を後輩にも伝えていきたい
●年間販売本数1000万本を目標にファンケルの“マイクレ”がリニューアル
●コーセー「KOSE Beauty Festa 2017 Supported by @cosme」
地域密着型イベントに進化させた組織の力
●資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター
心まで豊かにする「化粧の力」でQOL向上を支援
●ロクシタン 新体制のもと隆盛の航路が明らかに
●ブルーベル 10周年を機に「クロエ」が新たな価値を提案
●資生堂 新発想の自然派スキンケア「WASO」
「和食」のフィロソフィーから生まれた提案で若年層を取り込む
●THREE
新ライン「AIMING」の効果でスキンケア強化が加速
●資生堂×C CHANNEL
動画ファッションマガジンとのコラボで若年層への接点を拡大
●四つの改革を経てラ・プレリーが下期に躍動
●メイベリンニューヨーク 革新性の結晶「ハイパータイトライナー」が登場

巻頭インタビュー
臼井二美男
(鉄道弘済会義肢装具サポートセンター研究室長)
義足を使いスポーツの可能性を追求

レポート
●巻頭論文 長田貴仁(岡山商科大学教授〈経営学部長〉)
「勘違い広報」が会社を亡ぼす
●カネボウ化粧品
東アジア女性のライフスタイル調査結果を報告
●ファンケル 新しい取り組みを発表
●ちふれ化粧品
創業から70年、「ちふれらしさ」の追求が成長の原動力
●中国最新レポート 謝 憲文(名城大学経営学部教授
横行する偽造化粧品撲滅に立ちはだかる課題と険しい道のり
●ヴェルジェ「シェルクルール化粧品」
スキンケアの核となる商品の育成が重要であることを証明した
●第23回JC・OEMセミナーを開催
化粧品産業における安全性と生産性向上を探る

業界動向
●資生堂
茨木工場に続き、大田原にも国内新工場を建設
●インバウンド
国慶節化粧品売上げ前年比60%増となった高島屋
●ミルボン(Aujua)
技術の進化で新次元のヘアケアを切り開く
●イオンドラッグ連合
グループ連結売上高20%を占め存在感が増す

連載
●潮流・“資生堂という文化装置”—ブランドの力
児玉武彦(コラムニスト)
●先達に学ぶリーダーの条件(藤波孝生)
伊藤寿男(『月刊テーミス』編集主幹)
●ドラッグストア売れ筋ベスト20(2017年7〜9月)
生理用品・用具/男性用制汗防臭剤/熱冷却用品・用具
●美容サロンの経営塾(薄毛に関する意識調査2017)
奥津侑紀(ホットペッパービューティーアカデミー研究員)
相談しにくい悩みだからこそプロの介在価値がある
●@cosmeから見た“生活者”のいま
原田彩子(アイスタイルリサーチプランナー)
クチコミが参考にされる理由

海外情報
●仏大手百貨店プランタンが化粧品売り場を大改造
●積極的ミレニアル対策を打ち出し業績が好調なエスティローダー
●回復に向かうロシアの化粧品市場
─オンラインセールが急速に成長─
プロダクトNo 870
出版社 国際商業出版
発売日 毎月7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。