国際商業 定期購読・最新号・バックナンバー

国際商業の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

国際商業雑誌の詳細です。


国際商業の公式サイトへ
本・雑誌 国際商業
本・雑誌内容 消費の個性化、多様化、高度化が急速に進み、化粧品、トイレタリーなどの産業に対して消費者は様々なニーズの具体的な働きかけを求めている環境の中、国民生活に直結する製品を供給する化粧品、トイレタリー等当該産業は生活文化創造の担い手としての役割と責任が大きくクローズアップされてきております。「国際商業」は化粧品・トイレタリー業界内部の問題にこだわることなく、広く経営問題やマーケティング、業界の流通問題に視野を向けた編集内容で最新の情報をお届けします。
本・雑誌内容詳細 [特集] 2018年 業界展望
●化粧品業界
グローバルとデジタルが成長のキーワード
●日用品業界
国内から海外に広がる高付加価値戦略
●通販化粧品業界
中小がコスト負担に耐えられず大手寡占が進行
●百貨店業界
株高とインバウンドが浮き彫りにした不可避の構造改
●中国化粧品日用品業界
関税引き下げで輸入品市場が拡大
謝 憲文(名城大学経営学部教授)

新春特別対談
魚谷雅彦(資生堂社長)×阪根信一(セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ社長)
日本発のイノベーションで世界に挑む

化粧品メーカー新春トップインタビュー
●カネボウ化粧品
夏坂真澄前社長/村上由泰新社長
●小林一俊コーセー社長
●池森賢二ファンケル会長
●横手喜一ポーラ社長
●小林章一アルビオン社長
●セルジュ・グレベールブルーベル・ジャパン社長
●若椙修吾P&Gプレステージ合同会社事業代表
●澤田晴子伊勢半社長
●牛山大輔ハリウッド化粧品社長
●石橋 寧ACRO会長
●桃谷誠一郎桃谷順天館社長
●牧野美則ピエール ファーブル ジャポン社長
●片岡方和ちふれ化粧品社長

日用品メーカー新春トップインタビュー
●濱 逸夫ライオン社長
●高原豪久ユニ・チャーム社長
●スタニスラブ・ベセラP&Gジャパン社長
●宮崎悌二牛乳石鹸共進社社長
●鈴木貴子エステー社長

マーケティング
●資生堂「Beauty goes Forward.」開催
デジタル技術で加速する未来の“パーソナライズド・ビューティ”を提案
●ポーラ
新コンセプトショップ導入で中国市場開拓が本格化
●レブロン
7年連続二桁成長に向け航海は順風満帆
●ブルーベル・ジャパン
新生グッチの“絶対的”フレグランスを展開
●パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン
世界最新の知見を応用し2018年春の新製品を上市
●シュウ ウエムラ
ブランド創立35周年を機にさらなる進化を目指す
●アジア最大の国際美容見本市「コスモプロフアジア2017」が開催
日本企業は持ち前の技術力と、ファッション誌とのコラボでアピール
●ローソン
最新技術を次代に生かすオープンイノベーションラボを開設

インタビュー
宇梶静男(日光ケミカルズ社長)
原料供給企業としての機能をさらに強化する

業界動向
●越境EC
日本企業と提携したインアゴーラ中国本土の評判
●花王「2018年度方針説明会」
感性と理性が融合した商品開発が本格始動
●ドラッグストア
垣根越えの事業展開が活発化

経営戦略
ユニ・チャームが2018年春の新製品を発表
消費者ニーズを創り出す商品開発、売り場提案で業界総資産を拡大

連載
●ドラッグストア売れ筋ベスト20(2017年9〜11月)
ブロー・スタイリング剤/台所用洗剤/乳液
●美容サロンの経営塾(「来るスマ美容師」)
利用者と美容師の双方にポジティブな変化をもたらす訪問美容
猪狩裕喜子(ホットペッパービューティーアカデミー主席研究員)
●@cosmeから見た“生活者”のいま(最終回)
原田彩子(アイスタイルリサーチプランナー)
進化する「ビューティテクノロジー」

海外情報
●マルチカルチャーとミレニアルをターゲットに急成長を遂げるe.l.f.
●セフォラが革新的なデジタルサービス店舗をオープン
●ロレアルが革新的な美容ハイテク機器を開発
プロダクトNo 870
出版社 国際商業出版
発売日 毎月7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。