国語と国文学 定期購読・最新号・バックナンバー

国語と国文学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

国語と国文学雑誌の詳細です。


国語と国文学の公式サイトへ
本・雑誌 国語と国文学
本・雑誌内容 国語国文学研究のもっとも良質な成果の発表誌。毎号高水準を保つ投稿論文を掲載。国文学研究者の登竜門。
本・雑誌内容詳細 通巻1133号(第95巻第4号)

○大岡昇平『花影』の生成
――初出原稿からの考察―子供の声・「怨み」の削除・葉子の孤絶――(花﨑育代)
○「ただ人にて朝廷の御後見をする」光源氏(村口進介)
○一九四七年前後の〈小説の面白さ〉
 ――織田作之助と「虚構派」あるいは「新戯作派」――(斎藤理生)
○古代日本語の長母音(江口泰生)

○書評・高橋麻織著『源氏物語の政治学――史実・准拠・歴史物語――』(栗本賀世子)
○書評・青木博史著『日本語歴史統語論序説』(川村大)

◇新刊書情報
プロダクトNo 868
出版社 明治書院
発売日 毎月12日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。