国語と国文学 定期購読・最新号・バックナンバー

国語と国文学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

国語と国文学雑誌の詳細です。


国語と国文学の公式サイトへ
本・雑誌 国語と国文学
本・雑誌内容 国語国文学研究のもっとも良質な成果の発表誌。毎号高水準を保つ投稿論文を掲載。国文学研究者の登竜門。
本・雑誌内容詳細 通巻1135号(第95巻第6号)

○係り助詞(ナム・ゾ・コソ)の四文体別変遷史から見た『篁物語』
――源順原作説とも照らしつつ――(安部清哉)
○『西鶴名残の友』「人にすぐれての早道」と狐飛脚伝承(梁誠允)
○創始期の農民文学論争――プロレタリア文学・郷土芸術・文明批評――(牧千夏)
○無意志自動詞と「可能」との関係からみた「読むる・読める」の位置づけ(三宅俊浩)

○書評・湯浅佳子著『近世小説の研究――啓蒙的文芸の展開――』(井上泰至)
○書評・服部隆著『明治期における日本語文法研究史』(山東功)
プロダクトNo 868
出版社 明治書院
発売日 毎月12日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。