公衆衛生 定期購読・最新号・バックナンバー

公衆衛生の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

公衆衛生雑誌の詳細です。


公衆衛生の公式サイトへ
本・雑誌 公衆衛生
本・雑誌内容 地域住民の健康の保持・向上のための活動に携わっている公衆衛生関係者のための専門誌。地域保健、産業保健、環境保健などを「トピックス」「実践レポート」「研究動向」などにまとめて活動指針を提示。毎月特集テーマで、現場に密着した話題を提供。
本・雑誌内容詳細 ■特集 聴覚障害の早期発見と支援体制■

日本における聴覚障害者の早期発見・支援体制の現状と課題(新谷 友良)
新生児聴覚検査の現状と課題(守本 倫子)
全国規模の症例対照研究から見えてきた,わが国の聴覚障碍児発見診断
 -療育教育方法の違いによる日本語言語発達到達度(中澤 操・福島 邦博)
職域における騒音対策の現状と,今後の展望(和田 哲郎)
高齢者の聴覚障害への支援-健康寿命を延ばすために(増田 正次)
先天性難聴児のゲノム診療の意義と動向(松永 達雄)
人工聴覚器の進歩-人工内耳装用児の言語発達を中心に(白井 杏湖・河野 淳)
日本における聴覚障害者施策(坂本 徳仁)


□視点
地方単科医科大学の現状と,地方の人材を増やすための取り組み(西條 泰明)


●衛生行政キーワード・126
新生児聴覚検査の実施(梅木 和宣)

●Coda de Musica 心に響く音楽療法・6
祝福と痛みの音楽は聴こえますか?-民族への愛と終末期(三道 ひかり)

●リレー連載・列島ランナー・111
富山市におけるまちなか診療所の取り組み(三浦 太郎)

●予防と臨床のはざまで・170
予防医療医の春2018(前編)(福田 洋)

●映画の時間
男と女,モントーク岬で(桜山 豊夫)
プロダクトNo 839
出版社 医学書院
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。