考古学ジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

考古学ジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

考古学ジャーナル雑誌の詳細です。


考古学ジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 考古学ジャーナル
本・雑誌内容 月刊「考古学ジャーナル」は,わが国唯一の考古学雑誌として著明な月刊誌です。戦後急速な発展を遂げた考古学のすべてを網羅し,内容は論考,連載講座,随筆,トピックス,発掘報告,文献紹介,書評,博物館紹介など多岐にわたります。
本・雑誌内容詳細 特集:埋蔵文化財調査と民間企業
A reserve cultural assets investigation and private enterprise
定価:本体2,482円+税

■ はじめに
民間企業の埋蔵文化財調査/坂詰 秀一

■ 特集
民間埋文調査企業の「不易流行」/馳 浩

Ⅰ.現状と課題
1.「国」(文化庁)/水ノ江 和同
2.都道府県―東京都を中心に―/伊藤 敏行
3.大学/浜田 晋介
4.研究団体―水中考古学の場合―/林原 利明

Ⅱ.体制と現状
1.都道府県―神奈川県を中心に―/長岡 文紀
2.市町村―東京・国分寺市の場合―/有吉 重蔵
3.民間企業―長崎県の実例―/副島 和明

Ⅲ.対応者の意見
1.都道府県―埼玉県を中心に―/金子 直行
2.市町村―岐阜・飛彈市の場合―/白川 修平
3.企業(1)―はたすべき役割―/兼康 保明
4.企業(2)―官民学の連携を願って―/植田 真

Ⅳ.文化庁
埋文関係統計資料をめぐって/河合 英夫

Ⅴ.座談会
民間調査組織の役割と展望/坂詰 秀一・那波 市郎・島津 義昭・河合 英夫・長谷川 渉
司会: 橋本 真紀夫
プロダクトNo 836
出版社 ニュー・サイエンス社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。