月刊薬事 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊薬事の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊薬事雑誌の詳細です。


月刊薬事の公式サイトへ
本・雑誌 月刊薬事
本・雑誌内容 「月刊薬事」は病院、薬局、医療品関連企業で広く読まれている医療・医学の専門情報誌です。日々更新される医薬品情報、診療ガイドラインなど臨床現場での必須の情報をフォローアップし、ジェネラリストとして、スペシャリストとして医療現場での存在感アップに取り組む薬剤師を強力にサポートします。
本・雑誌内容詳細 ■特集にあたって
平石 秀幸,上村 直実
■薬剤性消化管障害の基礎知識
 ●薬剤性消化管障害の実態
永田 尚義,上村 直実
 ●患者さんから薬剤性消化管障害を疑うポイント
嶋田 裕慈,永原 章仁
■薬剤性消化管障害を引き起こす薬剤
 ●NSAIDs/COX-2選択的阻害薬
加藤 元嗣,松田宗一郎,久保 公利,間部 克裕
 ●アスピリン
福士 耕,渡辺菜穂美,平石 秀幸
 ●DOAC/ワルファリン
高野 仁司
 ●その他の抗血小板薬
塩谷 昭子,半田有紀子,畠 二郎
 ●ビスホスホネート
川見 典之,岩切 勝彦
 ●ステロイド
原田 智,竹内 利寿,尾崎 晴彦,太田 和寛,小嶋 融一,樋口 和秀
 ●抗菌薬
林 繁和
 ●向精神薬
岩本 淳一,上田 元,門馬 匡邦,村上 昌
 ●その他の薬剤――PPI,オルメサルタン,胃炭酸ランタン沈着症など
尾﨑 隼人,大宮 直木


薬剤師×医師のケースカンファレンス

●特別企画『総合診療医のアプローチに迫る! 薬の副作用ケースファイル』(後編)


取 材

●レポート
AMR対策に必要な感染症の知識を基礎から診療支援実践のポイントまで学ぶ 第1回AMR対策 IDATEN pharmセミナー開催(東京都)


トピックス

●治験・臨床試験でよくみる有害事象・検査値異常 吉原 達也


連載

●モダトレ[21]
頸部エコーで甲状腺疾患を確認してみる
梶原 洋文,生山祥一郎
●新連載 Difficult Patient相談室[1]
怒っている患者
鋪野 紀好,竹田真理子
●新連載 臨床ですぐに使える 薬学トリビア[1]
Cockcroft-Gault式の落とし穴
宮川 泰宏
●専門医が語る 精神疾患のとらえ方・治療の考え方[8]
解離性障害――突然,声が出なくなりました
西村 浩
●3stepで考える! それって本当に副作用ですか?[19]
この「左足の震え」はメトロニダゾールによるものですか?
木村 丈司,西村 翔
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[8]
医薬品価格交渉をどう進化させるか
中野 一夫
●がん薬物療法の「スキマ」な副作用――困った症状と正しく向き合う![5]
吃逆(しゃっくり)――しゃっくりで夜は寝つけないし,手術の傷跡が痛んで困ります。何とかなりませんか?
細谷龍一郎,日野 斉一
●ジャーナルクラブの広場
添田 博/中薗 健一/桑原 秀徳/平田 純生,成田 勇樹/木村 友絵,木村 利美/奥中 真白,鈴木 真也
●適応外使用の処方せんの読み方[95]
遊走腎
藤原 豊博
●審査報告書から見る 新薬の裏側[16]
マヴィレット®配合錠(グレカプレビル水和物/ピブレンタスビル)
大野 能之

※連載「薬の副作用ケースファイル」,「病態生理×臨床推論のクリニカルロジック」は休載いたします。


その他

●書評 異常値の読み方が身につく本/アルツハイマー病 真実と終焉
●薬事セレクション
●ニュースレター
●次号予告・編集部より
プロダクトNo 802
出版社 じほう
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。