月刊薬事 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊薬事の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊薬事雑誌の詳細です。


月刊薬事の公式サイトへ
本・雑誌 月刊薬事
本・雑誌内容 「月刊薬事」は病院、薬局、医療品関連企業で広く読まれている医療・医学の専門情報誌です。日々更新される医薬品情報、診療ガイドラインなど臨床現場での必須の情報をフォローアップし、ジェネラリストとして、スペシャリストとして医療現場での存在感アップに取り組む薬剤師を強力にサポートします。★★定期購読をお申込みの方は、もれなく“薬剤師力”を高める無料ウェブサイト「じほうMagPlus」をご利用頂けます★★“薬剤師力”を高める雑誌連動型無料ウェブサイト「じほうMagPlus」とは・・・(1)2006年以降の「月刊薬事」バックナンバーの検索・閲覧ができます(2)誌面で掲載された便利な資料がダウンロードできます(3)更に、第一線で活躍する執筆陣による、「じほうMagPlus」だけのオリジナル記事で知識を深められます
本・雑誌内容詳細 ■特集にあたって  山本 信之

■各腫瘍における免疫チェックポイント阻害薬の現状
 ●肺がん                      杉本 武哉、赤松 弘朗

 ●悪性黒色腫                    宇原 久

 ●消化器がん(胃がん、食道がん)          三谷誠一郎、門脇 重憲、室  圭

 ●泌尿器科がん(腎細胞がん、尿路上皮がん)     冨田 善彦

 ●ホジキンリンパ腫                 大地 哲朗、福原 規子

 ●免疫チェックポイント阻害薬のバイオマーカーとは  中山 貴之、北野 滋久

 ●知っておきたい最適使用推進ガイドラインの特徴   後藤 悌

■使用経験から学ぶ副作用マネジメント
 ●免疫チェックポイント阻害薬の副作用管理のポイント      江畑 貴大、藤原 豊

 ●免疫チェックポイント阻害薬による肺臓炎/間質性肺炎      加藤 晃史

 ●免疫チェックポイント阻害薬による下痢            宮本 敬大、朴 成和

 ●免疫チェックポイント阻害薬副作用対策チームの実践      塩川 尚恵、津田 享志、中島 貴子
 ●免疫チェックポイント阻害薬の副作用管理:薬剤師の立場から  鈴木 賢一


取 材

●フロントページ
irAEへの対応、見つける「眼」・治療する「手」を増やすことがカギ
  新潟県立がんセンター新潟病院(新潟県新潟市)

●この人に聞く
災害時OTCとして56品目を選定  鹿村 恵明(東京理科大学薬学部 薬局管理学 教授)

●レポート
‐うつ病患者のアドヒアランス向上のコツを紹介  第14回日本うつ病学会総会(東京都)

‐「最適のがん医療」をテーマに6,000人超が参加  第15回日本臨床腫瘍学会学術集会(兵庫県神戸市、他)


薬剤師×医師のケースカンファレンス

●副作用推論   東京都病院薬剤師会臨床推論推進特別委員会 公開講座


トピックス

●現場の薬剤師の声を聞き、医薬品の改善点を探る  小嶋 純、米子 真記、山根 暁子


連載

●モダトレ[13]
胸部X線、CTで肺水腫を確認してみる  梶原 洋文、一瀬 正志

●適応外使用の処方せんの読み方[87]
タキサン系抗がん薬による末梢神経障害  藤原 豊博

●総合診療医のアプローチに迫る! 薬の副作用ケースファイル[9]
嘔気・嘔吐――服用開始・増量時期と症状発現との関連を探ろう  本田 優希

●みんなで考える臨床ポリファーマシー[13]
Case 3:PPIを飲めば、PPI(ピンピン生きる)になれる!?  吉田 英人

●3stepで考える! それって本当に副作用ですか?[11]
この下痢は抗がん薬の副作用によるものか  中田 英夫、西野 誠

●審査報告書から見る 新薬の裏側[8]
インチュニブ®錠(グアンファシン塩酸塩)  荒 義昭

●海外文献紹介  平田 純生、成田 勇樹/木村 利美、木村 友絵

※連載「病態生理×臨床推論のクリニカルロジック」は休載いたします。


その他

●書評 症例から考える代表的な8疾患 解答・解説付/薬剤師よ、心電図を読もう!
●薬事セレクション
●ニュースレター
●次号予告・編集部より
プロダクトNo 802
出版社 じほう
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。