月刊自動認識 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊自動認識の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊自動認識雑誌の詳細です。


月刊自動認識の公式サイトへ
本・雑誌 月刊自動認識
本・雑誌内容 バーコードシステムを中心にOCR・音声認識・RF-ID・マシンビジョン・磁気/ICカードなど自動認識技術全般 をカバーする我が国で初の専門雑誌です。 対象分野もPOS、物流、OA、FA、など幅広く各分野を取扱い、掲載内容も、実務にすぐ役立つ最新技術・利用技術を中心に、基礎知識まで、わかりやすく紹介、自動認識技術の普及・向上に役立てると共に、その裾野の拡大を目指すことを編集方針に、視覚時代の活字メディアとして、“見てから読む”、新しいタイプの技術雑誌の誌面 構成に心がけております。
本・雑誌内容詳細 ■特集:省力化・効率化の工夫
○RFIDを使った見える化で省力化・効率化を実現/ハヤト・インフォメーション/佐野 誠一
見える化により管理対象物がどのように移動しているのかを正確に把握することで、様々な効率化が可能となる。本稿では、実際の事例から具体的に導入後にどのような省力化や効率化が可能となったのかをいくつか紹介する。

○印鑑スキャナーと署名タブレット/ウィッツェル/茶位 利昭
一部の銀行店舗で完全ペーパーレス化の試行が始まった。印鑑は朱肉を付けて紙に押すのではなく、電子的に印面イメージが取得できる「印鑑スキャナー」を使用する。今後はそれに加えて、署名認証技術も台頭してくる。本稿では、両者を一体化した新技術を紹介する。

○電子ドキュメントの認識技術とその活用/ワイ・エス・エス/相澤 亮
企業活動における文書は、近年積極的に電子化されているものの、十分に活用されているとはいい難い。電子文書をよりインテリジェントに処理し自動化することで、業務効率をさらに向上させることができる。本稿では、当社製品の技術要素を題材に、その例を紹介する。

○音声認識技術を応用したビジネスシーンでの省力化/東芝デジタルソリューションズ/杉浦 千加志
労働力人口の減少が進む日本では、業務の省力化が求められている。東芝は現場の作業員が声で報告内容を入力し、報告業務の省力化に貢献する「RECAIUS(リカイアス)フィールドボイス」を提供する。本稿では、技術的特長と効果を紹介する。

■話題の追跡
○高品質なオープンソースソフトウェア普及の取り組み/TOPPERSプロジェクト/横井 尚子
TOPPERSプロジェクトは、組込みシステム構築の基盤となる各種のソフトウェアを開発し、高品質なオープンソースソフトウェアとして普及させることで、組込みシステム技術と産業の振興を図ることを目的としたプロジェクトである。本稿では、プロジェクトの活動概要について紹介する。

■プロダクトA
○セレクタブル非接触ICリストバンドタグ/イーガルド/渡辺 哲之
○日本初!1枚でiDとpayWave決済が利用可能なカード/凸版印刷/嶋田 浩
○頑丈設計12.0型デタッチャブルPC/パナソニック
○開発者向け活字文書OCRライブラリ/エヌジェーケー/メディアドライブ事業部
○防爆エリアで利用可能なバーコードリーディングシステム/マーストーケンソリューション

■連載
○薬剤師の視点から見た医療安全と自動認識 第3回
薬剤師を悩ます調剤過誤のリスク/日本調剤/鈴木高弘

○製造現場:情報と制御 第4回
「現場」外での制御情報の活躍/日立パワーソリューションズ/吉澤 隆司

○NFCで始める実践RFID 第59回
町工場とIoT2/ハヤト・インフォメーション/大坂 泰弘

■製品ガイド
○有線インターフェース付きRFIDタグと活用提案
プロダクトNo 775
出版社 日本工業出版
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。