月刊ナーシング 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ナーシングの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ナーシング雑誌の詳細です。


月刊ナーシングの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ナーシング
本・雑誌内容 毎月、臨床現場のナースが「今いちばん知りたいケア」を特集。最新のケアとその根拠について、見やすい誌面、豊富なイラストと写真で、最新のトピックスも交えながら、わかりやすく解説しています。特集はもちろん、毎号充実の連載で、ケアの充実はもちろん、臨床判断や疾患、治療にも強くなります。
本・雑誌内容詳細 【特集1】
困った場面を解決するためのヒント!
がん疼痛緩和の薬で知りたい医師指示の根拠
Q&A
非オピオイド鎮痛薬・オピオイド鎮痛薬・鎮痛補助薬
副作用対策(便秘,悪心・嘔吐,呼吸困難)
執筆:山川 宣

Part1 痛みの評価に関する医師指示の根拠
Q1痛みの評価では,NRSやフェイススケールを用いますが,
処方や治療方針にどうかかわってくるのでしょうか?
Q2持続痛や突出痛,神経障害性疼痛など,痛みの種類は
薬の選択にどのようにかかわってきますか?  など

Part2 疼痛緩和の薬物療法を始めるときの医師指示の根拠 
Q1患者さんが痛みをがまんして,痛み止めをなかなか使ってくれません.
どうしたらよいのでしょうか?
Q2医療用麻薬を開始する指示が出ました.できればこのまま,
NSAIDsのほうがよい気がします.いつ使いはじめるのが適切なのですか?  など

Part3 疼痛緩和の薬物療法中の医師指示の根拠
Q1経口のNSAIDsを使っている患者さん.疼痛時の追加指示として
NSAIDsの坐薬指示が出ましたが,NSAIDsはどこまで使ってよいのでしょうか?
Q2オピオイド鎮痛薬にはさまざまな種類がありますが,
どのように使い分けられていますか?  など

Part4 疼痛緩和の薬物療法における副作用対策
Q1がん疼痛の薬物療法を行っている患者さんで,
緩下剤の処方も一緒に出されるのはなぜですか?
Q2患者さんが便秘と下痢を繰り返してしまいます.
どうすればよいでしょうか?  など

【特集2】
すぐ動ける・対応できる
モニター心電図で知っておきたい50のこと
PART1 これだけは押さえておきたい臨床でよくみる重要心電図波形
PART2 緊急時の心電図モニタリングと対応

【SERIES】
〔最前線の知識と実践がわかる ナースが知りたい! 認知症のハナシ〕
第10回 ピック病と意味性認知症 監修:長田 乾 執筆:谷向 知,柴 珠実

第16回 学研の訪問看護 学研ココファン・ナーシング通信

第6回 ひらたまさこ先生の Nursing Science ダイアリー

【REPORT】
学研ナーシングセミナー 季節に合わせたスキンケア
病棟から施設,在宅でできる! 使える! 知識とワザ
―皮膚の洗浄・保湿・UVケア

【Voice of Nurse】
Nursingトーク

【INFORMATION】
Book Review
INFORMATION 学会&イベント
プロダクトNo 772
出版社 学研プラス
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。