月刊専門料理 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊専門料理の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊専門料理雑誌の詳細です。


月刊専門料理の公式サイトへ
本・雑誌 月刊専門料理
本・雑誌内容 創刊から約40年。本誌の基本テーマは一流の調理技術を惜しみなく、初心者の方にもわかりやすく解説するということです。毎号数多く登場する調理師さんは第一線で活躍する実力者ばかり。日本料理、フランス料理、イタリア料理、中国料理、その他各国料理の情報について、日本国内はもとより、海外の料理界の記事も満載です。また、毎号の特集は“完全保存版”の内容ですので永くご活用いただけます。細かいプロセス写真で見せる調理技術、徹底的に掘り下げて取材する食材に関する記事は、料理人の方からグルメの方まで厚く支持をいただいております。近年、関心が高まっている素材の動向、食材生産地の現状もフォロー。
本・雑誌内容詳細 U35 未来を創る新世代シェフ
古い価値観から新しいものは生まれないもの。ゆえに、変革をもたらし新たな歴史を創るのは、いつの時代も意欲あふれる若者たちです。
若手の台頭がめざましい料理界。次の時代を担うであろう彼らは、どのような修業時代をすごし、日々の仕事にどう向き合い、自身の未来、そして料理界の未来をどのように見ているのでしょうか。
5月号では、35歳未満の勢いのある料理人を集め、料理とともに、たっぷりと話を聞きました。

●新世代シェフ17人にインタビュー
ぼくらが今、考えていること。
● 安田翔平(Kabi)
● 庄司夏子(été)
● 春田理宏(クローニー)
● 山口智也(イル テアトリーノ ダ サローネ)
● 森枝 幹(サーモン&トラウト)
● 山下泰史(TTOAHISU)
● 田中一行(ラシーヌ)
● 山口杉朗(ボタニック レストラン)
● 加瀬史也(オルグイユ)
● 田村浩二(ティルプス)
● 葛原将季(レミニセンス)
● 目黒浩太郎(アビス)
● 深谷博輝(アルゴリズム)
● 加山賢太(マルゴット・エ・バッチャーレ)
● 大土橋真也(クラフタル)
● 大川武士(ラ・ターチ)
● 藤本義章(ディファランス)

《TOPIC》
フードカルチャーイベント 「CONCENT」開催
第16回を迎えたマドリッド・フュージョン

ほか
プロダクトNo 757
出版社 柴田書店
発売日 毎月19日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。