激流 定期購読・最新号・バックナンバー

激流の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

激流雑誌の詳細です。


激流の公式サイトへ
本・雑誌 激流
本・雑誌内容 流通業界全般の専門誌としてスーパー、百貨店、コンビニエンスストア、生協、ホームセンターや無店舗販売、問屋業界、物流など広く小売業の全般を捉えています。小売業の業績や購買傾向を探ることで、景気、個人消費の動向、さらに消費者ニーズの変化を探っていきます。また、スーパーのバイヤーに商品情報あるいは消費者の嗜好や変化を取材、誌面化するものや、ある商品郡の売れ筋を調査、そこから市場動向、将来性を分析します。
本・雑誌内容詳細 創刊500号記念特集
脱常識経営が映す流通業の近未来

■未曾有の環境変化が引き起こす流通業界の破壊と創造
●セブンイレブン・・コペルニクス的発想で「近くて便利」の売り場を創出

●ファミリーマート・・積年のアカを削ぎ落とし、最後はAIで締めくくる

●ローソン・・現金なしで買える小さな無人コンビニの広がり

●イオンリテール・・現場の意志を売り場に込めるGMS改革の進捗度

●サミット・・競合他社をうならせた部門横断組織の作り方

●大野屋・・「惣菜なし」の差別化でお客が増えた理由

●コンビニATM・・現金引き下ろしを脅かす、キャッシュレス時代の到来

●川崎重工業・・箸もロボットも使いよう、サポート次第で弁当・惣菜が作れる

●エニタイムズ・・見知らぬ他人の家庭に入る、共助のシェア


■特別インタビュー
●イズミ 梶原雄一朗 専務取締役営業本部長
・LECTの逆転現象が直営とテナントの役割を明らかにした

●カインズ 土屋裕雅 代表取締役社長
・ホームセンターの原点DIYブームはこれから始まる

●吉野家ホールディングス 河村泰貴 代表取締役社長
・3つのキーワードでチェーン店の勝ちパターンを変える

●ストライプインターナショナル 石川康晴 代表取締役社長兼CEO
・「一瞬」の消費に照準を定めて若年層の支持を集めた

●エア・ウォーター 町田正人 取締役副社長 農業・食品カンパニー長
・M&Aで行き着いた食品お悩み解決ビジネス




●流通トピックス
・ポストGMSの主役に名乗りドンキ、ユニーの株式を取得
・劇的復活マクドナルドの「これが始まり」の理由
・ツルハの杏林堂子会社化はドラッグ業界再々編の号砲か
・インバウンド消費、ラオックス一人負けの教訓
・コンビニ寡占市場に「デイリーヤマザキ」が割り込み

●中国レポート
・「無人コンビニ元年」が示す小売業変革期の到来

●特別レポート
・業種業態を問わない、食品市場ボーダレスの戦い

●新連載 「リアル×ネットの未来展望」
第1回 アマゾンエコーとアレクサが導く新サービスの可能性

●バイヤーズ・アイ 「セブンイレブン(冷凍食品)」
商品本部 FF・デイリー部 デイリー・冷食マーチャンダイザー 子出藤 優
・商品の幅を広げ食卓に上る頻度を高める

●改装店舗を追う 「イオンスタイル 新浦安MONA」
・外食風の売り場展開で働く女性の即食需要に応える

●ドラッグストア最前線レポート 「薬樹」
・管理栄養士の力を引き出し、地域住民の食事を改善

●マーケティング用語から見る世相 第15回 「電子書籍」
・活字文化と出版業界の旧弊を駆逐し急成長

■商品戦略
●ハウス食品 「シチュー総合提案」
・新たな価値商品投入に、メニュー提案で食シーンを広げる
●丸大食品 「匠グリル」シリーズ
・おいしさと簡便性を兼ね備えた本格チルドハンバーグで個食化に対応
●ユニ・チャーム ペット
・消臭ニーズの高まりに応えた商品開発で新市場を創造
●フマキラー 「殺虫剤」
・付加価値を高めた商品で、危険害虫の脅威に立ち向かう
●サンヨー食品  即席麺「サッポロ一番」
・既存ブランドの強みを生かしたレシピ提案で市場活性化に貢献
●エスビー食品
・スパイス&ハーブが持つブランド価値で新たな客層を広げる

■情報ファイル
●カスミ
・フードスクエア稲毛海岸店をオープン
●イオン
・“国内初”公益財団法人イオン環境財団が日本ユネスコエコパークネットワークと連携協定を締結
●ファミリーマート
・熟成発酵生地を使用、専門店の味を追求した中華まんを発売
●セブンイレブン
・加盟店従業員向け保育施設「セブンなないろ保育園」を今秋開園
●楽天
・17年度第2四半期決算を発表、増収増益となるも国内ECの収益構造に課題
プロダクトNo 710
出版社 国際商業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。