芸術新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

芸術新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

芸術新潮雑誌の詳細です。


芸術新潮の公式サイトへ
本・雑誌 芸術新潮
本・雑誌内容 芸術愛好家だけでなく一般大衆にも向けた芸術総合誌です。
本・雑誌内容詳細
 【特集】

 世にも奇妙な贋作事件簿
 21世紀ブラック・レポート

 21世紀 贋作事件年表
 健全な(?)贋作で人気者のマイアット
 ロシア・アヴァンギャルドの闇
 フリーダ・カーロの「遺品」に大ブーイング
 美術館へ寄贈していた贋作者ランディス
 贋作を売ったNYの老舗画廊の閉鎖
 何年も贋作にすり替えられていたマティス
 ゴッホスケッチ集、ニセモノと言われても出版
 トランプのルノワールに贋作疑惑騒動

 最新USO(未認定の疑惑の物体)レポート! 文 前橋重二
 何でもお任せ! 千変万化の贋作者ショーン・グリーンハル
 怪しさ満点も尻尾を出さなかったクリスタル・スカル
 次々と名画認定のはずが! 世界が震撼中のルフィニ贋作
 コロンブスの半世紀前に米大陸発見!? 
 驚きの地形図“ヴィンランド・マップ”
 聖書の遺物 怒涛の贋作ラッシュの症候群
 ジャンヌ・ダルクの遺骨はエジプトのミイラだった!
 ガリレオ超レア本の正体はいかに暴かれたか
 史上最大の学術フェイク事件 犯人がついに確定!?

 鑑定の使命と訴訟のリスク
 悩ましき作家財団の今
 デダラス財団 理事長
 ジャック・フラム インタビュー
 文 藤森愛実

 中国・複製画村とコラボした現代美術作家
 レイラ・パズーキ

 世界を揺るがせた歴史的贋作選
 ジョヴァンニ・バスティアニーニ
 ハン・ファン・メーヘレン/アルチェオ・ドッセナ
 偽ボッティチェリ/春峯庵事件/永仁の壺
 トム・キーティング/エルミア・ド・ホーリー

 「英雄」と「人間」のあいだ
 文 斎藤環

 真筆か否か? 踊る“名画”大捜査線
 カラヴァッジョ/レオナルド・ダ・ヴィンチ
 ミケランジェロ/ジョット/レンブラント
 フェルメール/ボス/ベラスケス
 ヴェロッキオ/ゴッホ

 USO FILE 最終弁論
 贋作考
 ――研究者たちは自ら騙される!?
 文 前橋重二

 COLUMN
 (1)贋作者あるある
 (2)名鑑定人物語
 (3)コレクション来日目前 
 蒐集家ビュールレはこう騙された文 かないみき

 【Art News exhibition】

 レアンドロ・エルリッヒ展で考える
 「あたりまえ」って何だろう?

 【Art News book】

 絶滅危惧種の「私たちを離さないで」

 ・Review

 「THE ドラえもん展」
 石川竜一
 ヴィム・デルヴォワ「装飾は流転する」展より
 ソピアップ・ピッチ

 ・Global News

 Basel「ヴィム・デルヴォワ」展

 London「モノクローム:黒と白による絵画」展

 Paris「シモーヌ・フェルパン:折の世界」展

 New York「ローラ・オーウェンス」展

 【Regular Features】

 ちょっといいで書?〈9〉
 ストリートで見つけた気になる字
 選・文 中澤希水

 Goods & Shop

 時と光の美術館〈9〉
 ショーメ

 リ・アルティジャーニ
  ルネッサンス画家職人伝〈12〉
 ヤマザキマリ とり・みき

 [連載]

 海外アートStudy最前線〈32〉
 文 前橋重二

 Around Geijutsu Shincho
 『怪人 江戸川乱歩のコレクション』
 文 本多正一

 定形外郵便〈44〉
 文 堀江敏幸

 フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具
 十二支めぐり〈4〉[卯]

 千 宗屋の飲みたい茶碗、 点てたい茶碗〈42〉

 TONY & INOCCHI
 マンガ展評ちくちく美術部〈31〉

 [PICK UP]

 movie 野崎歓

 book 諏訪敦

 recommend  編集部のおすすめ!

 成相肇の やっかい もっかい てんらんかい〈21〉

 exhibition 全国展覧会情報

プロダクトNo 692
出版社 新潮社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。