月刊剣道時代 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊剣道時代の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊剣道時代雑誌の詳細です。


月刊剣道時代の公式サイトへ
本・雑誌 月刊剣道時代
本・雑誌内容 「剣道時代」は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けています。剣道の真の良さを読者の皆様に訴え、本物の剣の心に触れていただきたいというのが私たちの編集方針です。「剣道時代」は剣道の精神・理論・技術の紹介はもちろんのこと、杖道や居合道さらには刀剣まで幅広く盛り込むことにより誌面に幅を持たせています。技術面においては連続写真やイラストで誰にでも分かりやすい解説に心掛け、初心者からベテランの指導者まで自信を持ってお勧めできる誌面内容になっております。
本・雑誌内容詳細 特集  
溜め
上質な剣道には溜めがある(新・剣道の技術第41弾!)
恩田浩司 打突の好機をとらえるには、溜めをつくって捨て身で打つこと 
 左脇を締めて、剣先は相手の身体から極力外さないようにする/同じ軌道で技を出すと、相手は疑心暗鬼になる…他
岩切公治 強い攻めが「溜め」を生み、「溜め」が力強い一本をつくる 
 構えや素振りから「溜め」を意識する/「溜め」で相手を動かし技へ移行する/「溜め」があるからこそ打てる出ばな技…他
山下克久 八段審査不合格で気づいた「溜め」。基本の見直しが功を奏した 
 構え 相手と向かい合うことを意識/技稽古 打突の精度を上げて、「来るなら来い」という自信をつける…他
中田 淳 攻めを意識して溜めを習得、会心の一本に導く 
 打たないまま相手の心を崩すために/三つの溜めで有効打突につなげる/相手よりも一瞬長く構えていられるか…他
吉成正大 強豪八段に学ぶ溜めと有効打突 

DVD連動特集 
奈良大学附属高校剣道部(強豪チームのつくり方⑤)
日本一を目指さない監督の下で日本一は生まれない
ラダー&足さばき/切り返し&基本稽古/技の練習/朝稽古&トレーニング
若草旗錬成大会/指導者座談会(小林康介・佐藤裕展・森本大介)

緑風特別企画 
剣道をやってよかった――わが人生で剣道修行が生きた場面
私には戻る場所がある ◆森 花子(NHKアナウンサー) 
投稿 私の剣道をやってよかった ◆裙本理人・森信啓太・平岩宏隆・鶴見正喜・田尾逸人 
ぶれない心は剣道で培った ◆高波進治(熊本県警察警視) 
Twwiterで募集 剣道をやってよかった選手権 

福島いわき・南相馬合同講習会
講師は鍋山隆弘教士八段(筑波大学准教授)

第60回関東実業団剣道大会
三菱UFJ銀行初優勝 

表紙&インタビュー 
恩田浩司 日本一の称号を手にして 
第16回全日本選抜剣道八段優勝大会優勝

好評連載
古川和男「勝って打つ剣道」第14回 対談・古川和男の教え 栄花直輝 
剣談剣話第四十八話
田原弘徳の面を取ってもとまらない 二年ぶりに熊本市開催。剣聖『宮本武蔵』旗剣道大会 
小説中山博道 第98回 道場春秋(中) ◆堂本昭彦 
剣道歴史案内 甚目寺(あま市) 写真 西口邦彦 案内 石神卓馬 
私の好きな言葉 父を越えろ師を越えろ ◆向田信行 
師を語る母を語る 安立多計彦先生が示唆したこと ◆小笠原正記 
電脳剣士Hide.の部屋 小兵剣士の技術 こんな戦い方があります ◆井上秀克 
東京大学剣道部発赤胴通信 分析・計画・実践 受検の工夫を稽古に応用する ◆山﨑大智 

大会レポート
第50回関東女子学生剣道選手権大会…相馬(日体大)の頭上に栄冠輝く 
第63回西日本学生剣道大会/第33回西日本女子学生剣道大会 
第40回全日本高齢者武道大会…生涯剣道を実践 

剣道継続率向上プロジェクト 岸川中学校錬成会 
投稿 私と剣道といわき 杉山宗志 

剣道列島
1 千葉 東金発 上の台剣友会創立35周年記念剣道大会 
2 神奈川 小田原発 こゆるぎ杯・袖ケ浦杯争奪剣道大会 
3 神奈川 小田原発 神奈川県全国・関東強化研修会 
4 大阪 大阪市発 剣道WOMANフェスタ 
剣道大陸
1 メキシコ発 第1回正念塾杯剣道大会 

◎時代インフォメーション
剣道・居合道・杖道称号段位合格者 
大会ニュース 
居合道コーナー 
7月の行事予定 
剣道談義 
剣道12星座占い
剣道俳句/剣道川柳 
編集後記・次号予告 

コラム
市民剣士のトレーニング ◆今 有礼 
糖質とタンパク質
こころの強化書 ◆矢野宏光 
目標設定と振り返り①
剣道食で強くなる ◆山田聡子 
脱水と水分補給
プロダクトNo 689
出版社 体育とスポーツ出版社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。