建築技術 定期購読・最新号・バックナンバー

建築技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

建築技術雑誌の詳細です。


建築技術の公式サイトへ
本・雑誌 建築技術
本・雑誌内容 月刊「建築技術」は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広く取り上げ、読者のあらゆるニーズに応えるとともに、明日の建築におけるアーキテクノロジーを追求します。
本・雑誌内容詳細 建築技術2018年7月号
特集:知っておきたい杭基礎の要点
監修:桑原文夫+加倉井正昭

杭の支持層到達の確認は,きわめて重要な管理項目として設計者や施工者の対応が求められてきた。また,杭工事に関するトラブルの多くは,旧建物の既存杭を引き抜いたあとの対処にある。それらの問題について,知っておきたい杭基礎の設計や施工に関する要点を要約する。

Ⅰ.知っておきたい杭基礎の課題と今後の展望│加倉井正昭……76
Ⅱ.知っておきたい杭基礎設計・施工の基本
[杭の選定]
知っておきたい杭選定の注意点│郡 幸雄……78
場所打ちコンクリート杭を施工する際,掘削機の敷地境界線への寄付け可能範囲│落合利行+宮本和徹……81
高支持力既製杭・場所打ちコンクリート拡底杭の最大径と施工可能長さ│鈴木直子……82
[支持地盤への到達確認]
知っておきたい杭の支持地盤への到達確認│土屋富男……83
支持層確認深度が想定より深い場合の対処法│細田光美……86
支持層が傾斜している場合の対処法│酒井隆男……88
[杭頭接合部の設計と施工]
知っておきたい杭頭接合部の設計と施工│金子 治……89
杭頭半剛接合工法の特徴と最近の使用実績│青島一樹……92
2次設計におけるパイルキャップの構造性能の評価法│岸田慎司……93
[液状化に配慮した杭の設計]
知っておきたい液状化と杭設計の基本│内田明彦……94
液状化の可能性のある地盤で,杭設計に用いる地盤変位の算定法│小林治男……96
液状化の可能性がある杭設計では,慣性力と地盤変形の水平ばねは同じか│間瀬辰也……97
Ⅲ.知っておきたい既存杭・既存地下構造物への対処法
既存杭・既存地下構造物の撤去方法│三反畑 勇……98
新設杭を構築するうえでの既存杭撤去後の埋戻し方法とその注意点│古垣内 靖+矢島淳二……104
[埋戻し後の対処法]
既存杭・既存建築物の法的扱い│井上 治……109
埋戻し後の地盤調査法│中越光義……112
埋戻し後既製杭を新設する場合の注意点│木谷好伸……116
埋戻し後場所打ち杭を新設する場合の注意点│宮本和徹……120
[既存杭・既存地下構造物の再利用事例]
大型物流施設の建替工事における既存杭利用 東京流通センター物流ビルB棟│勝二理智……124
超高層建物の建替えにおける既存場所打ち杭の再利用事例 御茶ノ水ソラシティ│石﨑定幸……128
Ⅳ.知っておきたい杭の耐震性能の最新潮流
大地震に対する杭基礎の耐震評価法│田村修次……132
杭体の耐震性能│小林勝已……138
杭の耐震性能を考慮した設計│細野久幸……142

※公益社団法人日本建築士会連合会・一般社団法人建設業振興基金のCPD単位取得について……147

【architectural design】
大船渡消防署住田分署│SALHAUS……24
プロジェクトの要旨と実施過程│田畑耕太郎……34
現代性と伝統性を併せもつ,新しい木造建築│安原 幹……36
ケヤキの「楔」とカシの「込栓」│佐藤 淳……44
木フレーム構造材の製造・加工・施工│渡邉 宏……48

【特別記事】
木造軸組構法で使用可能なめっき鉄丸くぎ(NZくぎ)の耐力│石山央樹……54

【連載】
エネマネハウス2017 最終回 この郊外の片隅に わたしと家の約80年のものがたり│田辺新一+秋元孝之+中川 純……50
新時代を拓く最新施工技術 第105回 工場建築における各種省力化工法による工期短縮│木原和博+阿字地正人……56
鉄骨置屋根構造体育館の耐震診断法と避難所としての適応性―2016年熊本地震 第7回 被害体育館に関する耐震診断検証例──2│竹内 徹……148
建設現場の生産性向上に向けて 日建連建築本部施工部会の活動 第7回 フロントローディングの普及・展開│堀江邦彦+佐藤正幸……154
SABTEC機械式定着工法 RC構造設計指針・RCS混合構造設計指針(2017年) 第3回 RCS混合構造設計指針(2017年)の全体構成│益尾 潔……162
建築関連最新判例の解説 第55回 建築士事務所の不祥事案件の多発とITによる意思確認への法制度の前進を図る必要性│秋野卓生……170
建築古今東西 第12回 建築の情報化―CADからBIMへ│泉 清之……174
施工者に幸あれ 第79回 構造の詩人 構造家・増田一眞│朝倉幸子……182
一言居士 埋戻し土の充填管理│佐原 守……167
読者コーナーQ&A 浅層改良について│黒柳信之……168
ザ・ブックス 耐震木造技術の近現代史 伝統木造家屋の合理性│西澤英和 著,鈴木秀三 評……172

【TECHNICAL View】
建物の安全性を地震直後に通知……64
奈良ホテル耐震改修に「複層斜交重ね板壁」を採用……65
今秋から高層ビル工事現場で建設ロボット稼働……67
木造加工にBIMデータを活用し構造材を高精度に自動加工……69
外壁タイル打診調査の省力化 調査結果を電子情報化……70
耐震補強用接合部材「ディスクシアキー」適用拡大……71
AIを活用したコンクリートのひび割れ自動検出手法……72
高性能流動化コンクリート「T-エルクリート」……73

【MACRO & MICRO】
Column 遺伝子という視点,未来への眼差し 歴史記述ではない,建築の遺伝子を探る建築史家の挑戦│和久田幸佑……180
Column 描きうるものと描きえないもの 山本忠司の建築に見る幸せなコラボレーションとモダニズムの豊かな可能性│奥野八十八……181

【BRI news & topics】
平成29年度に取り組んだ主な研究開発課題……156

【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……160

【表紙】
大船渡消防署住田分署
設計:SALHAUS
撮影:大野 繁
デザイン:箕浦卓(M’s SPACE)

通巻 822号
発売日 2018年6月17日
判型・頁 B5判・186頁
雑誌コード 03325-07
価格 1,759円+税

【次号予告】
建築技術2018年8月号(7月17日発売)
特集:JASS 6改定ポイントと鋼構造設計の留意点
監修:田中 剛(神戸大学大学院教授)
職人不足などの影響を受け,RC工事よりS造の需要が高まるなか,10年ぶりに「建築工事標準仕様書 JASS 6 鉄骨工事」が改定された。本特集では,構造設計者や施工実務者にJASS6改定のポイントと,鋼構造設計の実務に役立つポイントを解説する。
【architectural design】
武蔵野の森総合スポーツプラザ│日本設計

※建築技術特集「知っておきたい杭基礎の要点」は,公益社団法人日本建築士会連合会および一般社団法人建設業振興基金の継続職能開発(CPD)の自習型研修プログラムです。単位の取得を希望される方は,CPD情報システムにアクセスして本誌の設問に解答してください。
プロダクトNo 681
出版社 建築技術
発売日 毎月17日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。