形成外科 定期購読・最新号・バックナンバー

形成外科の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

形成外科雑誌の詳細です。


形成外科の公式サイトへ
本・雑誌 形成外科
本・雑誌内容 形成外科,美容外科,皮膚科,外科,耳鼻咽喉科,口腔外科の方々を中心に最新の情報を提供しています。形成外科草創期に創刊された形成外科臨床誌であり,臨床的な手技,経験を主体として,基本から高度な技術までを広範囲に収載し,臨床に携わる方々に提供しています。
本・雑誌内容詳細 形成外科 第60巻増刊号

<形成外科 珠玉のオペ 1基本編―次世代に継承したい秘伝のテクニック―>

I 基本手技
■基本1
1.基本手技こそ秘伝のテクニック (荒牧典子ほか) S2
■基本2
2.日常診療におけるちょっとした工夫 (三宅順子ほか) S6
■基本3
3.左利きの手術 (中井國博) S12
■植皮1
4.カミソリ型採皮刀による極薄分層植皮術 (横尾和久) S20
■植皮2
5.土ふまずからの厚目分層植皮術 (田中克己ほか) S26
■植皮3
6.全層植皮術における当科の工夫 (中井國博) S30
■植皮4
7.含皮下血管網遊離全層植皮術 (川上重彦) S38
■母斑切除
8.母斑切除―分割切除術を中心として― (朴 修三ほか) S45
■耳
9.large-Z plastyによる埋没耳手術 (漆舘聡志ほか) S56
■肋軟骨1
10.安全かつ確実な肋軟骨採取法 (髙田悟朗ほか) S63
■肋軟骨2
11.われわれの行っている肋軟骨採取法 (加藤慎二ほか) S72
■眼窩1
12. 欧米人との眼窩形態の解剖学的相違を意識した経結膜法―20年以上の経験から― (上村哲司) S77
■眼窩2
13.眼窩内腫瘍に対する眼窩外側縁骨切り術 (今村禎伸ほか) S82
■鼻1
14.外鼻のユニット再建 (岡田恵美ほか) S86
■鼻2
15. 耳甲介複合組織移植を用いた外鼻形成 (杠 俊介) S94
■頭頸部1
16.より安全な頭頸部再建を目指した工夫 (後藤孝浩) S102
■頭頸部2
17.「 おしめり」で「おもてなし」―遊離組織移植による頭頸部再建における合併症予防のために― (栗田智之) S107
■その他1:血管
18.重症下肢虚血手術に対するバイパス作成手術のコツ―血管の取り扱い方― (永竿智久ほか) S116
■その他2:PAT(潰瘍)
19.perifascial areolar tissue(PAT)による難治性潰瘍の治療―腱・骨露出創に対する低侵襲手術― (宮永 亨ほか) S124
■その他3:瘻孔
20.直腸腟瘻に対する粘膜弁を用いた閉鎖術 (細川 亙) S131

II 皮弁
■表皮除去法
1.表皮除去皮弁の作成法―SLS deepithelialization technique― (梶川明義) S138
■下眼瞼再建      
2.鼻中隔軟骨・粘膜移植および局所皮弁による下眼瞼全層欠損の再建 (垣淵正男ほか) S144
■おとがい下皮弁
3.おとがい下皮弁挙上術 (水上高秀ほか) S153
■大胸筋皮弁
4.第3肋間型大胸筋皮弁による難治性頸部咽頭瘻の確実な閉鎖法 (小山麻衣ほか) S160
■V-Y前進皮弁
5.縦型双茎V-Y前進皮弁による脊髄髄膜瘤手術 (吉澤秀和ほか) S165
■殿部褥瘡
6.殿部褥瘡に対する再建手術 (石川昌一ほか) S172
■背側中手皮弁
7.背側中手皮弁による手部再建 (大西 清) S179
■遊離皮弁1
8.層を制する者が手術を制する―遊離皮弁の挙上― (櫻庭 実ほか) S186
■遊離皮弁2
9.遊離皮弁手術を成功に導く配慮のいくつか (安倍吉郎ほか) S192
■遊離DP皮弁
10.遊離DP皮弁を用いた顔面皮膚再建 (櫻井裕之) S196
■SC皮弁
11.スーパーチャージ皮弁による前頸部熱傷後瘢痕拘縮再建 (小川 令ほか) S202
■肩甲骨皮弁
12.仰臥位での肩甲骨弁採取のコツ (田中顕太郎ほか) S207
プロダクトNo 648
出版社 克誠堂出版
発売日 毎月13日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。