経済界 定期購読・最新号・バックナンバー

経済界の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

経済界雑誌の詳細です。


経済界の公式サイトへ
本・雑誌 経済界
本・雑誌内容 「企業は人で決まる」という編集方針から、経営者の人物像に迫り、企業を分析する経済誌。 昭和39年の創刊以来、多くの経営者やビジネスマンに価値ある情報を提供し続けてきました。 時代を動かすキーマンの単独インタビュー、独自の観点で経済・社会事象を斬る巻頭特集、 企業の最前線を追うニュースレポートなど、欠かせない情報が満載。現代の羅針盤として、 必ずお役に立てます。
本・雑誌内容詳細 2018.6月号

「視点」 大坪 清 レンゴー会長兼社長


スペシャルインタビュー
売り上げ10兆円を目指す 働き方改革と人材育成の在り方
永守重信 日本電産会長兼社長CEO


特集 なぜ、あの人についていくのか 求心力の秘密
総論 リーダーは「後ろ」にいる

継続して成果を出し、結果に対し責任を取ることがリーダーの定義
松本 晃 カルビー会長兼CEO

期待以上、想像以上の姿勢が感動を生む
木股昌俊 クボタ社長

プレーヤーが活躍する場をつくること。それが自分の役割
迫本淳一 松竹社長

おごらず、威張らず、高ぶらず、誠実に社員や顧客と向き合う
水田正道 パーソルホールディングス社長CEO

選手をグランドに気分よく送り出すことが監督の仕事
辻 発彦 埼玉西武ライオンズ監督

辻監督が語る名将たち
広岡達朗/森祇晶/野村克也/王貞治/落合博満

代表監督の「求心力」で占う 2018FIFAワールドカップロシア
川端暁彦 サッカージャーナリスト

余暇の増加
働き方改革で観光需要は増えず 休日分散こそが問題解決に
星野佳路 星野リゾート代表

人材不足
24時間営業でもホワイト企業 富士そば会長の経営哲学
丹 道夫 ダイタンホールディングス会長

残業
働き方改革で管理職の負担は急増 ハードな施策に偏るしわ寄せ

生産性向上
「働かないおじさん問題」は解決できるのか

副業
副業解禁元年! ダブルワークで問われる「働き方改革」


レポート

不祥事続出でも企業が仮想通貨に群がる理由

通信事業親子上場に踏み切るソフトバンクの思惑

コーポレートガバナンスの呪縛~お家騒動はなぜ繰り返されるのか~

欧米名門大学への登竜門 ボーディングスクールが注目される理由


自慢のオフィス
山本敏行 チャットワーク社長


政知巡礼
中小企業の問題を解決して「公明党らしさ」を出す
斉藤鉄夫 衆議院議員


わたしの故郷「福井県」
野路國夫 コマツ会長/三屋裕子 日本バスケットボール協会会長


Innovator Special Interview
運送業界に光と新常識を 不可能を可能にするイノベーターの挑戦
今福洋介 リアライズコーポレーション社長


カンパニーレポート
グランドビジョン
AI技術を導入した新手法でマーケティングに新たな境地


トレンドインタビュー
ヤフーの得意技の顧客接点でネット専業銀行をリードする
田鎖智人 ジャパンネット銀行社長

日本初の「足病総合センター」を開設し足の健康を多角的に支える
久道勝也 医療法人社団 青泉会 下北沢病院理事長


燦々トーク 特別編
女性パワーで国力の底上げを
「HAPPY WOMAN FESTA 2018」開催


著者が語るほんのヒトトキ
『蘇るサバ缶』須田泰成

FACE
米田光宏 ツナグ・ソリューションズ社長


連載

WORLD INSIGHT●藤田 勉

中東を読む●高橋和夫

中国は今●柯 隆

永田町ウォッチング●山田厚俊

霞が関番記者レポート

新連載 ひじりみち●松本紹圭

新連載 発掘!! 慧眼の士●加来耕三

女の選択●水無田気流

ゴルフここが聞きたい●中村龍明

新連載 心臓突然死を防ぐ12の掟●小川 聡

100年人生マネジメント●藤田紘一郎

スポーツインサイドアウト●二宮清純


経済界倶楽部 東京・横浜3月例会


フォトレポート●エー・ピーカンパニー

フォトレポート●双日、ANAホールディングス


大学シリーズ名門の系譜●立教大学●明治大学●東海大学


イノベーターズ

企業EYE

HEADLINE

書評

エンタメK

From EDITOR
プロダクトNo 637
出版社 経済界
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。