コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO) 定期購読・最新号・バックナンバー

コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO)雑誌の詳細です。


コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO)の公式サイトへ
本・雑誌 コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO)
本・雑誌内容 プロフェッショナル・フォトグラファー必読!「コマーシャル・フォト」はフォトグラファーや広告クリエイターのための専門誌としてクリエイティブに役立つ情報や最新技術、新製品を随時掲載。編集部が注目するクリエイターも紹介、CM、グラフィック広告、Webメディア、ミュージックビデオなど、様々な最新情報を毎号掲載。別冊付録も充実(3月号:春のスタジオガイド、4月号:CM・映像キャメラマン&ライトマンファイル、8月号:STUDIO DATA BOOK&撮影サポートガイド、10月号:CM・映像ディレクターズファイル)。プランニングのヒントやスタッフのキャスティングにも活用できる。
本・雑誌内容詳細 【特集】
本気のセルフブランディング

今や誰もが写真を撮り、SNSで発信できる時代。
フォトグラファーはどうやってプロとして存在感をアピールすればいいのか。
フォトグラファーに必須のセルフブランディング法を本気で考えてみた。

ブランディングって何? 解説:榎本晋作(Webマーケター/プランナー)
インタビュー:佐藤 功・佐藤健寿・柏田テツヲ・畠中和久・飯田かずな・岡田佳那子



【特集】
写真展を開こう!

「写真展をやってみたい!」と考えても「どこでやるべき?」「なにが必要?」「時間はどれくらいかかる?」などわからないことだらけでなかなか実現しない……。
そんな悩めるフォトグラファーのために、写真展開催までのワークフローや写真販売のこと、ジャンル別に東京のギャラリーを紹介。

写真展開催までのワークフロー/東京のギャラリー15選
インタビュー:舞山秀一/阿部裕介/新倉哲也


【特集】
瀧本幹也「CROSSOVER」

2月23日から3月14日までラフォーレミュージアム原宿で瀧本幹也展「CROSSOVER」が開催される。
作品・広告・CM・映画と、20年間で瀧本氏が携わった4つのカテゴリーをクロスさせた展覧会だ。誌面ではこれまで様々なテーマで発表してきた写真作品について改めて自身に振り返ってもらう。


【フォトグラファー特集】
Maciej Kucia
雑誌「GQ JAPAN」、「VOGUE JAPAN」、「RollingStone日本版」などで、日本人俳優、女優、アーティストの印象的なポートレイトを撮り続けるマチェイ・クーチャを紹介。


【RECOMMEND】
今オススメ! こだわりのハウススタジオ

内装、シチュエーション、家具など、独自のこだわりポイントを持つハウススタジオ5つを紹介。
BBスタジオ/Studio Pia


and more)
【INTERVIEW】
YOSHi.T・JUNKO SHIMBORI・岡安啓人 「シコウサクゴ」

【MONTHLY ADVERTISING】
セレクター:小藥 元/関戸貴美子/伊藤彰浩

【MY BEST CHOICE CM】
セレクター:瀧澤慎一(クリエイティブディレクター・CMプランナー)


【好評連載】
新連載 アートディレクターが進むべきネクストステージ 土屋貴弘 Vol.1 考える順序を変えてみる
初回拡大版〜特別対談〜 白鳥真太郎×土屋貴弘

流行写真通信 菅付雅信 第75回 都市は写真の媒体である

フォトグラファー横木安良夫 ゲッティ イメージズのコントリビューターを目指す

あの街のクリエイター Vol.10 長崎県 長崎市 羽山潤一

吉田尚記のあさっての話 その11 渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

CINE material Vol.12 「ゆれる人魚」

旬の賞味期限 ペリー萩野

コマ・フォト広告社 まんが:藤井亮
プロダクトNo 5806
出版社 玄光社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。