企業家倶楽部 定期購読・最新号・バックナンバー

企業家倶楽部の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

企業家倶楽部雑誌の詳細です。


企業家倶楽部の公式サイトへ
本・雑誌 企業家倶楽部
本・雑誌内容 96年1月の創刊号からすぐれた創業経営者を紹介し続けてきたビジネス情報誌。大企業はもちろん、中小企業からベンチャー企業まで、経営者の生の声が聞こえてくる。
本・雑誌内容詳細 2018年1/2月合併号 Vol.133 January-February 2018

Vol.133 特集
バリューマネジメント
他力野淳のすべて
Jun Tarikino
歴史・文化再生の旗手

私のターニングポイント 2
乗り越えられない壁はないことを東日本大震災で学んだ
ホットランド代表 佐瀬守男

ビジネス・トレンド 3
タクシー配車アプリはもう手放せない!

第1部 バリューマネジメントの未来戦略 8
歴史と文化を紡ぎ、世界に発信したい

第2部 バリューマネジメントの強さの秘密 13
日本文化への想いが全ての原点

第3部 編集長インタビュー 18
文化体験を通じ、観光立国へ

第4部 バリューマネジメントを支える仲間 22
伝統を守り継ぐ若き獅子たち

第5部 他力野淳の人的ネットワーク 28
地方創生の救世主

新春インタビュー 34
選択と集中で未来創造企業へとチャレンジ
エイチ・アイ・エス会長兼社長 澤田秀雄

竹中平蔵の骨太対談 38
挑戦する企業文化を構築
ボヤージュグループ社長 宇佐美進典

野坂英吾の経営道場(中) 42
『1事例3活用』の人材マネジメント
トレジャー・ファクトリー社長 野坂英吾

年賀広告 48

核心インタビュー 56
小さな進歩を頼りに個として覚醒せよ
物語コーポレーション会長 小林佳雄

エンジェル鎌田’s Eye 59
あらゆるものにディープラーニングを搭載する
Tomy K Ltd.代表 鎌田富久
LeapMind代表 松田総一

アートは言葉である vol.8 64
アートはあなたの魂を癒す薬である
現代アーティスト 小松美羽

視点・論点 65
縁起の良い鶴の絵

地球再発見 vol.12 66
冬の五輪はこのままでいいの?
日本経済新聞社客員 和田昌親

【新連載】伊藤涼太プロのNo Golf, No Life 68
~ゴルフは人生そのもの~
アマチュアはグリーン周りで50打の事実

グローバルウォッチ vol.17 70
自動車産業、世界中がEVシフト
――主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発
梅上零史

ベンチャー・リポート 74
MUJINが見せるロボットの未来

伸びる企業家は歴史や偉人に学ぶ vol.8 76
高杉晋作という「異端児」に学ぶ気概!
臥龍 こと 角田識之

新グローバル戦略“Open Channel Innovation”の薦め vol.6 78
「オープン・チャネル・イノベーション」、もう一つの側面
スパイダー・イニシアティブ社長 森辺一樹

敏腕コンサルタントが斬る! vol.7 81
自責社員は、奇跡を起こす part3
APIコンサルタンツ社長 松本洋

教育への挑戦 ~新しい日本人を求めて~ vol.11 82
明治維新で教育を近代化
日本経済新聞社参与 吉村久夫

モチベーションカンパニーへの道 vol.29 84
ユーザーに寄り添うデジタルマーケティング企業
キュービック代表 世一英仁

トップの発信力 vol.43 86
佐藤綾子のパフォーマンス心理学
男の「友情」の活かし方

緑の地平 vol.40 88
COP23 、温暖化対策に消極的な日本の姿際立つ
千葉商科大学名誉教授 三橋規宏

日の丸キャピタリスト風雲録 vol.59 90
日本の投信的VC1.0欠陥論 中国に追いつけない理由
日本テクノロジーベンチャーパートナーズ投資事業組合代表 村口和孝

編集後記  93
プロダクトNo 5802
出版社 企業家ネットワーク
発売日 毎偶月27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。